So-net無料ブログ作成
検索選択
内部仕上工事~竣工 ブログトップ

テレビアンテナの設置 [内部仕上工事~竣工]

以前ほぼ1日かかって取った、テレビアンテナ工事の見積り[メモ]
実際の工事も家の鍵が開いているタイミングでないとダメだったので、竣工立会いの時間帯でお願いしていました。

別々の家電量販店を通して2つの業者さんから取った見積りですが、結局お願いしていた時間ほぼピッタリに来てくれたビッ〇カメラさんの方に決定。
やっぱりねー、何時間も待たせて外からチラッと見ただけの見積りは納得いかないもんね(笑)。
それに価格でも少し「ん?」と思うような差が出ていたので(といってもそんなに大きくないけど)、さほど迷うことなく決めました。

実際の工事には、2人の作業員さんが来てくれて設置開始。
相棒殿はいくつか気になる点があったようで、しばらくの間竣工立会いを抜けてアンテナ設置立会いをしておりました。

ちなみに今回の工事で私が気になる点といえば、“アンテナが家の正面にくること”の一点のみ。
着工する直前の打合せだったと思いますが、「屋根に上がるためのタラップにアンテナをつける、ということで良いですか?」と聞かれたんですよね~。
そのときはあまりうまくイメージできなかったのですが、他のことでもバタバタしていたし、軽い気持ちでOKしたわけです。

それを今になって大後悔・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
タラップは、家の形状を踏まえて正面側に設置しました。
デザイン的にはどうかなと思いつつも安全性を考えるとそこしかなく、納得の上での設置でした。
でもアンテナとなると話は別!!にょきっと出たあの魚の骨みたいな(by miyaさん)ものが家の正面から丸見えなんてヤダ~[exclamation×2]と思ったのです。

でも時すでに遅しで、変更しようとするといくつかの不具合が出てしまう、とのことでした。

【理由①】
すでにタラップのところへ配線を出しているので、アンテナを裏手にまわすとなるとそこから配線を伸ばさなければならない。伸ばすことは可能だが、屋根の上を這わせると雨風にさらされて痛むし、屋根の端にある段差の下を這わすとしてもまた足場が必要になるので結構大変。

【理由②】
裏手に設置するということは、壁に器具を直付けしなければならない。そうなるとその部分の外壁の劣化が早まる可能性があり、あまりオススメしない。

【理由③】
見た目としてはイマイチかもしれないが、アンテナのメンテナンスをするのにはタラップ付けが一番便利。壁も痛まないし、場合によってはタラップごと付け替えられるので良い。

とのこと。
中でも相棒殿は②に強く同意していました。
普段であれば私の考えを尊重してくれることが多いのですが(笑)、今回の件については「とにかく外壁が傷つくのは絶対ヤダ[ちっ(怒った顔)]の一点張り。
結局、私も最初に自分が深く考えずOKしたということもあり、変更なしで工事をしてもらいました。

結果がコチラ↓

IMG_3322.jpg

天気が荒れていて逆光のような写真になってしまいましたが(^^;、こうしてタラップに設置されました。
やっぱり正面からこれはちょっと気になる・・・。でももう諦めよっと[失恋]
それ以上に気になったのは安定性
太い首1本でTVアンテナとBSアンテナの両方を支えていますが、写真を見ただけで感じる不安定さ・・・。

業者さん曰く、本来ならあと2本首を支える棒を設置して、安定感を高めるのだそうです。でもその2本は壁に設置せざるを得ません。
私は不安定な方がイヤなので設置してもらったら・・・と思ったのですが、壁に傷をつけたくない相棒殿が頑として首を縦にふりませんでした(笑)。

でも積雪や台風等で万が一動くようなことがあれば一大事[あせあせ(飛び散る汗)]
念のため相棒殿には「少し考えてみよう」と保留案を出しておきました。

保留案と言えばもう1つ。
外のアンテナ工事が終わったあと、今度は室内へ移動して受信電波の強さを測ってくれました。

我が家は引越す段階でTVは1つしか置きません。
しかし将来的にどこでもTVを設置できるよう、TV用コンセントを全部で7ヶ所つけてもらったんですよね。
今思えば多すぎた?という気もしますが(笑)、これが問題。

たとえ実際コンセントにささっているTVが1台だけだったとしても、外のアンテナから受信された電波は7ヶ所全てに分散されるのです。
ということは、自動的に各ヶ所の電波は7分割されて弱まります。
弱まるとTV画像が乱れたり、見づらくなってしまう・・・。

見積りに来てくれた人は「この近辺は電波が非常に強く届くので、大丈夫でしょう[わーい(嬉しい顔)]」と言ってくれていたんですよね。だから分割した電波を増幅するための機械ブースターは購入しないことにしていたのです。
でも実際に工事に来てくれた人が測ってみると「ん~、結構ギリギリな数字ですね」とのこと。
ムムム、言ってることが違ぁぁーーーう[むかっ(怒り)]!!!

私も相棒殿も、見積りで提示された代金だけで済むと思っていたので、思わず声を荒げてしまいました[ふらふら]
結局、業者さん曰く「実際にTVをつないで見てみないことには何とも言えない」という見解だったので、私たちもTVを見て決めることにしました。

TVの配達は引越しと同日の予定。
デジタルTVは問題ないけど、BSの写りが悪いかもしれないんだよね~。
保留の2点、頭が痛いなぁ・・・。

祝☆竣工 [内部仕上工事~竣工]

11月28日(土)

blog記事が遅れているのでリアルタイム報告できなかったのですが、11月28日に[ぴかぴか(新しい)]無事竣工[ぴかぴか(新しい)]いたしました!!

9月1日に着工してから89日間での竣工。
予定では12月上旬が竣工だったので、1週間強早くなったことになります。
住林の家としては工事期間が少ない方だと思いますが、規模が規模なだけに妥当な長さだったな~という感じ。

ただ、竣工と言ってもまだ完成していない部分がいくつかあって、全然実感がわきません[ふらふら]
しかもサラッと書いちゃうけど、あのリビングダイニングに設置されている巨大な防犯窓、また傷が入って交換となりました・・・(笑)。
1回目は連絡がないとブーブー言ったけど、2回目ともなるとあのサイズを再送する業者さんの方がかわいそうになってくるわ・・・フフ(^^;

細かい部屋の内覧会は、まだ引渡しも引越しも終わってないので、追々ゆっくりやりたいと思います。
ひとまず竣工段階でご紹介できるところからUP[グッド(上向き矢印)]

1つ目は住林と言えばコレ!の【無垢床】

IMG_3301.jpg

1階玄関・LDKの床は、過去の記事で何度も書きましたが、私と相棒殿が一目で惚れ込んだ北海道産材“メジロカバ”です。
メイプルのように色味が優しく節がないのが特徴ですが、板によって色の差が結構出ていて、メイプルほどの甘さはあまり感じさせません。

見ているだけでぬくもりが伝わってくるような、暖かみのあるこの色にやられたんですよねぇ・・・(笑)。
展示場で見た時はもう少し白が強かった記憶がありますが、無垢板の表情が1枚1枚違うので、我が家はこんなふうになりました。
将来的には少しづつ黄色味を帯びていきます。

次は2階の無垢床。

IMG_3299.jpg

2階ホール・寝室・洋室は全て住林との契約キャンペーンでサービスしていただいた“クリア栗”です。
メジロカバとの違いは一目瞭然で、栗の方が節が多いし色味も白が強くシャープな印象です。
これまた以前にも書きましたが、2階はプライベート空間ばかりなので、静謐な雰囲気にしたくてこの床を選びました。シャープさがたまらなく魅力的[黒ハート]

2つ目は【手直し完了部分】

IMG_3238-2.jpg → IMG_3319.jpg

左の写真を覚えていらっしゃるでしょうか??
以前キッチン横のスイッチが異常に低く、生産さんに指摘して一緒に再移動・再確認したときの写真です。
これが無事に右のように設置されました。

思っていた以上にかなり良いです[わーい(嬉しい顔)]!!
高さも使い勝手がよさそうだし、すっきりキレイに並んでいて落ち着く眺め。
よくこういう機器類をニッチの中に入れ込んでいらっしゃる写真を拝見しますが、我が家は予算的にも余裕がなく普通に並べてもらいました。
ああいうのは羨ましいけど(笑)、我が家はこれでよかったと思っています。

3つ目は【洗濯機置き場】

IMG_3316.jpg

まだ未完成部分です。
何かと場所についてあーだこーだと文句を言う私を見越してか(笑)、生産のIさんにしては珍しく洗濯機のホースの場所を再確認させてくれました。
この日は相棒殿のご両親も見に来ていたので、みんなで相談。
結局、右隅奥の位置に設置となりました(引渡しまでに工事するとのこと)。

4つ目は【水道メーター】

     IMG_3307.jpg    IMG_3308.jpg

以前TVアンテナの見積りの際に登場した住林の偉い人:Hさんが、ちゃちゃっと場所移動を指定してくれた水道メーターが設置されていました。

右の写真は電気メーターと並んだ状態のもの。どれも白なのですごくすっきり並んでくれています。
左は引きで撮った写真。
本州では地面に埋まっているメーターも、北海道ではこんなふうに地上から線を引いて外から確認できるようになっています。
便利だなぁ[るんるん]

5つ目は【住林からのプレゼント

プレゼントと言うかサービスは今まで数え切れないくらいしてもらっているのですが(笑)、この竣工に対してのプレゼント[プレゼント]が設置してありました。
それがコチラ↓

 IMG_3298.jpg IMG_3296.jpg

左の写真は引きで撮ったもので、北海道ならではのパネルヒーターがどーんと鎮座しています。
そのヒーターの左端のほうにぶらさがった四角いものがプレゼント、とのこと。
ズームで撮り直したのが右の写真。私も相棒殿も、説明を受けるまでこれが何かわかりませんでした。

なんと、これは“簡易加湿器です!!
パネルヒーターに引っ掛けて使えるようになっていて、左下の黄色い四角の部分から水を入れておけば加湿されるとのこと。
簡易的なものなのでどれくらい効果があるかわかりませんが、少なくとも展示場では愛用しているそうです。お金も一切かからないし、エコでもあるしうれしい限り[ハートたち(複数ハート)]
これを3ついただきました。

あとは相棒殿が細かくスイッチ類を全チェック。
私とご両親は舞い上がっちゃって(笑)、相棒殿任せで見学三昧。
結局1ヶ所だけ指定していないスイッチが採用されている場所があったので(なぜか足下灯用のスイッチがついてた 笑)、それの訂正足下灯の不具合チェックとリビングダイニングの大型窓の直しを確認して終了しました。

他にも和室に畳が入っていたり、まとめてネットが設置されていたり、いかに住林の家が高気密かの実験をして見せてくれたりと(まさにMAGIC!)、あっというまの2時間でした。
あれだけ気力体力を尽くしてきた家が、実際に出来上がったなんて不思議。
あと1ヶ月もしないうちにここに住んでいるなんて信じられません(笑)。

引渡しは12月13日。
まだカーテンや表札、ポストがついていないので、全てがそろう引渡しの日がいっそう楽しみになりました[ムード]

アンテナ工事の見積り [内部仕上工事~竣工]

ついに12月になりましたね~。
今年のお正月岡山の実家へ帰省していて、おうちづくりについていかにうまく両親にプレゼンするか、ヒヤヒヤしていたような気がします(笑)。
さぁ、師走の1ヶ月、私も師並にバタバタすると思いますががんばるぞー[わーい(嬉しい顔)][手(グー)]!!

さて、今日の話は私にとっては超ニガテ分野です(^^;;;。
ものすごく素人目線でザックリ書きますがご了承ください(テヘ[るんるん]

先日このblogにも書きましたが、新築に引越すにあたり新しいTVを買いました。
せっかくなら引越したその日から見たい・・・ということで、TVアンテナ工事の見積りをとることにしたんですよね。
TVを買ったビッ〇カメラの店員さんが、しきりに「相見積りをとったほうがいいですよ!!」と勧めてくれるので、内心面倒だなぁと思いつつ(笑)2社に依頼。

といっても申込み窓口は家電量販店さんなので、
★ビッ〇カメラ
★ヨド〇シカメラ
でそれぞれお願いしてみました。

住林のオーナーの方ならご存知だと思いますが、住林は引渡しが終わるまで工事用の鍵の暗証番号等を教えてくれません。中には生産さんや大工さんから聞いている方もいるようですが、基本的には×。

私たちも当然のごとく番号を知らないので、好き勝手に現場に入ることはできません。
でも工事見積りをするためには、室内に入らないといけない・・・かといって最近工事の日数が減っていて、毎日鍵が開いているとは限らない・・・。

悩んだ末、申し訳ないとは思いつつも生産のIさんに電話して、見積り当日に鍵を開けに来てくれるようお願いしてみました。
結果、Iさんは見積り日に出張が入っているので無理ですが、代わりに我が家の電気工事の担当者を向かわせるので、その人が鍵開け&見積りに立ち会うよう話をつけてくれました。
電気のプロが立ち会ってくれるとなると勇気100倍!!Iさんありがとう~[黒ハート]

そんなわけで、11月21日(土)に見積りをしてもらいました。

最初にやってきたのはビッ〇カメラから委託を受けた業者さん。
私は詳しくないので、相棒殿と電気工事の担当者さん(以下Dさん)にお任せ。
20分ほどやり取りをした後、見積り書を置いて帰って行きました。「価格としては妥当じゃないですかね~[わーい(嬉しい顔)]とDさん談。

そこまではよかったんですよね。
1件目の見積りも無事済んで、価格が妥当だから2件目はキャンセルしてもいいんじゃない?なんて冗談言いつつみんなで笑っていたのですが・・・。
2件目の業者さんが本当に笑えなくなるほど来ない!!

もちろん時間は幅を持って指定していますが、「なるべく早めに行きます」と聞いていたので期待していたわけです(ビッ〇さんが早かったから)。
ところが待てど暮らせど来ない・・・。

途中でIさんから依頼を受けた住林の社員さんが交代要員としてやって来て、午後から予定が入っているというDさんは帰ってしまわれました[もうやだ~(悲しい顔)]

交代要員としてやってきたHさんは、腰の低いとても丁寧な印象の人。
しかもすごく気配りができて、対応もスピーディ。家について話しているときも、水道メーターの位置について私たちが「場所を変えたいな・・・」と思っていることをすぐに見抜いて「変えさせましょうか?」と言ってピッポッパとどこかへ電話。「OKです。(生産担当の)Iに伝えておきます[わーい(嬉しい顔)]と脅威のスピード変更をしてくれたのです。

この人、ただ者じゃないわ・・・っ[目]!!と思った私と相棒殿。
肩書きを聞いて漠然とIさんの上司さんなんだろうな~ということはわかったのですが、後から営業のSさんに聞いてみると、何と支店長の1つ下のポストについていらっしゃる方ということが判明(笑)!!
どうりでやることが的確で頼りがいがあると思った~[ハートたち(複数ハート)]と大納得したのでした。

そんなこんなでDさん及びHさんと車内で待つこと(家の中は美装中で入れなかった)6時間
ようやく2件目の業者さんがやってきて見積り開始です。
この業者さんはなぜか中に入りもせずに見積り終了。
外から設置場所を見上げてしばらく考えたり、相棒殿やHさんと少し会話しただけで見積書を書き上げ、10分そこらで帰ってしまいました。

何か感じ悪いなぁ[ちっ(怒った顔)]、というのが私の第一印象。
価格としては取り立てて高いというわけではありませんでしたが、必要かどうかがまだわからないブースター等を最初から見積りに入れている点が気に入りませんでした。

それでもようやく見積りが終わったので、現場待機も終了です。
6時間長かったなぁ~(笑)。お昼ごはんも食べ損ねちゃった[ふらふら]
その後は札幌中心部の支店へ帰ると言うHさんに、札幌駅前まで送ってもらいました。本当にやることなすこと出来た人で、感謝感激です。

でも長い時間待ったことで、得た事もありました。
待ち時間中、社用車の中に簡易ストーブを焚いてくれて、いろんな住林電気工事あるあるとか(笑)おもしろおかしく話してくれたDさんとの出会い。
別れ際には、住林の家を専門に扱っているということで、メンテナンスの時はいつでも呼んでくださいと言ってくれました。

Hさんとも札幌へ戻る道すがらでもいろいろ話をさせてもらい、特に[ぴかぴか(新しい)]きこりん欲しいですオーラ[ぴかぴか(新しい)]は全面に押し出しておきました(笑)。
その時はまだ偉い役職の人だなんて思ってもいなかったのですが、私たちの熱意を感じたHさんがポツリとつぶやいた「・・・心に留めておきます」という言葉を私は忘れません(ニヤリ☆)。
期待していますよ、Hさーん(笑)!!!

本当に長い1日でした。あー・・・ぐったり。

着工79日目 [内部仕上工事~竣工]

11月18日(水)

いつの間にやら、現場とblogの進捗状況がまた半月ほどずれてしまっていますが(^^;;、気にせず順を追ってUP[グッド(上向き矢印)]していきたいと思います。

前回木工事の立会いを行った段階で、クロスもほぼ完了していた私たちのおうち。
それまでは連日何かしらの工事が行われていましたが、最近は週のうち1,2日くらいしか工事をしなくなりました。なので現場見学するにしても、前もって必ず生産のIさんに工事の有無を電話[電話]で確認。
この日は電気関係の工事が入るとのことで、いそいそと見学に向かいました。

ちなみにこの日は、まだ引き渡されていないにも関わらず(笑)、初めてお客様を案内しました。
北海道に引越してきて最初にできた友達であり大親友のCちゃん。
彼女はすでにマイホーム(マンション)を持っているので、おうちづくりでいえば大先輩。設備に関しては今までいろいろ相談にのってもらっていたんですよね。
そんな彼女が「見たーい[わーい(嬉しい顔)]!」と言ってくれたので、喜んで一緒に見学に行きました。

まずは【玄関ポーチ

IMG_3285.jpg

玄関内部にパイピング暖房が設置され、その上にタイルを貼っているのは前に見ていたのですが、ついに外も全部貼り終わっていました!
ちょっとまだ養生している上に雪解け水で汚れていますが(^^;;;、明るすぎず暗すぎずちょうど良い色合い[黒ハート]と自画自賛です。

このタイルの色も散々迷ったんだよね~。
珍しく最初から相棒殿と意見が合わなかったし(でも結局私の意見を通した 笑)、自分で決めた後も「それで本当によかったのか[ふらふら]」と思い悩んだりしたし。
でも、こうして出来上がりを見て「やっぱりこれでよかった~[わーい(嬉しい顔)]」と満足です。

次は【細かい設備いろいろ】

IMG_3254.jpg IMG_3270.jpg

写真左は“LED足元灯”です。
万が一という出来事を必要以上に怖がる傾向のある私が(笑)、停電を恐れて採用した設備。
でもただ単に取り付けたのではなくて、設置した4つをたどれば夜中でも各部屋からトイレに行けるようになっています。
もちろん取り外しもできるので、夜中に外へ出なければならないときは懐中電灯代わりにもなる優れもの。

写真右はこのblogでも散々取り上げた“火災報知器”
いつも遊びに来て下さるmiyaさん邸とおそろいの一品です。
まだ試しも何もしていませんが、真っ白だし思ったより小さく感じるし、天井にあっても全然違和感を感じません。
電池式なのに全報知器が連動という商品はこれだけなので、採用してよかったです[手(チョキ)]

IMG_3265.jpg IMG_3266.jpg

写真左はまだ設置真っ最中の“リビング用スイッチ
リビングの照明にこだわりを見せた相棒殿が、いろいろ悩んで決めたものです。
私としては電気が点けられて消せたらそれでよいという考えなので(笑)、調光等の採用は相棒殿に一任しました。

写真右は“TV用コンセント(小)”です。
(小)というのは私が勝手に付けたのですが、住林標準のマルチメディアコンセントとは別物です。
これはいつか私がキッチンからTVを見たい(今でも見られるけど、もっと近くで)と思う日がくるかもしれないから・・・と、キッチンのすぐ近くに設計士のAさんが[ぴかぴか(新しい)]サービス[ぴかぴか(新しい)]してくれた壁掛けTV用のコンセント(笑)。
今のところ予定はありませんが、そんな日が来るといいなぁ[るんるん]

IMG_3276.jpg IMG_3274.jpg

写真左は“電気メーター各種”です。
これは住林さんが用意するものではないので、いつのまにやらほくでんさんが来て置いて行ったようでした。
写真右はUTに設置された“床下点検口”
点検範囲はあくまでもお風呂とUTだけのためのものですが、こういうのは実家にもなかったので興味津々。でも中はチラリとしか見えなかったので、また今後チェックしてみたいと思います。

 IMG_3260.jpg IMG_3273.jpg

写真左は“電気温水器”です。
これは北海道(というか寒冷地?)ならではの光景だと思うのですが、電気温水器が室内に設置されました。
よく建築blogを拝見していると「エコキュートが設置されました~」などという文章とともに、裏庭や勝手口の横にどーんと機械が設置してあるのを見かけます。
でも北海道では外に置くと低温のあまり故障してしまうので、室内に入れるしかないんですよね~[もうやだ~(悲しい顔)]

ちなみに今住んでいるオール電化のマンションも同じ。
最初に引越して来た時、それほど広くない洗面所になんでこんなに大きな機械が置いてあるんだ!!と軽く立腹したくらいです(笑)。
それでなくても新しい我が家は小さいというのに、こういう機械を外に出せないのはツライところ。その点では、本州でおうちづくりをされる方がちょっとうらやましい気がします。

右の写真は設置途中の温水器の下に開けられた無数の穴。
サニタリーフロアとはいえ、なんだかもったいない・・・って、まぁ全部機械で隠れてしまうのでいいのですが(笑)。

次は【トイレ】

IMG_3259.jpg

おおっ!ようやくトイレ本体が設置されていましたよ~[ハートたち(複数ハート)]
最初はタンクレスを望んでいた私たちですが、圧の関係でこのノーマルなタイプに落ち着きました。
写真の左下にはKAWAJUNの箱が2つ。
タオル掛けもキター!!!ということで、写真には撮っていませんが私は勝手に中を開けてチェックしてきました(笑)。

今日は写真や文章ががやたらと多いので(っていつも?)読んでくださっている方もお疲れと思いますが・・・(ゴメンなさい!)、ついにウワサのアレが登場いたしましたっ!!!

IMG_3278.jpg

じゃじゃーーーん!!
住林恒例アイテム[ぴかぴか(新しい)]“格子スクリーン”[ぴかぴか(新しい)]です!

うーん、一気に部屋のランクがUP[グッド(上向き矢印)]したような気がするのはどうしてでしょう(笑)。
ちょっと引きで撮ったので部屋の雰囲気も伝わるかなぁと思うのですが、格子が入ったことで今まで以上に柔らかい空気感の部屋になった気がします。
この場所に設置することを提案してくれたのは営業のSさん。
提案されたときカチッ[どんっ(衝撃)]とハマッた感じがしたので即採用となったのですが、本当にここにしてよかったです。

Sさ~ん、ありがとーーーう!!

今回一緒に同行してくれたCちゃんも「くっしーらしい家ですごくいいと思うよ[わーい(嬉しい顔)]」と言ってくれたので一安心。
自分たちらしさがある家にしたかったので、細かい点でこだわった分、うまくまとまってくれたように思います。
次の見学が楽しみ[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

《おまけ》
見学を終えて帰ろうとした時、ふと玄関ポーチの軒天に眼をやるとこんな光景が広がっていました↓

IMG_3287.jpg

・・・クモです(笑)。
施主である私たちより先に住みつくとは何事か~[ちっ(怒った顔)]!と思いましたが、考えてみれば彼(彼女?)らの住みかだったところにこちらが家を建てさせてもらったようなもの。
Cちゃんも「新築の家にクモがくるのっていいことだって言われてるよ」と教えてくれたので、これからもよろしくね~[わーい(嬉しい顔)]と挨拶をしておきました。

着工75日目 [内部仕上工事~竣工]

11月14日(土)

今日のカテゴリーは内部仕上工事になっていますが、実際この日は木工事完了にともなう現場立会いでした。
現場の進捗が早過ぎて、木工事の立会いなのにもうほとんど内部仕上げも終わっている状態(笑)。
正直もう住めるかも・・・[あせあせ(飛び散る汗)]というくらい進んでいました。

生産のIさんと合流して、まずは1階からチェック
すでにどの部屋もクロスが完了していて、新築の家!という感じがしてきました。
1階で気になっていたコチラ↓も無事完成。

IMG_3245.jpg

私が散々Iさんと話し合って決めた、キッチン背面に設置された棚】です。
まだ板が養生されているので雰囲気だけですが、なかなかいいんじゃな~い[黒ハート]?!
上の段に結構な重さのインターホンが箱ごと置いてあるけど、余裕を持って支えています。

前回見に来た時はクロスより先に棚が付けてあって驚いたのですが、Iさん曰く「クロスを張ってから付けても、いつか外した時に汚れや日焼け、ビスの跡がわかってしまうので、先に付けて周囲をコーキングしておきました[わーい(嬉しい顔)]とのこと。

確かによく見ると、メイプル板の周りなどはすでにコーキング済み。
もう外すことができないとなると外したくなる天邪鬼な私ですが(笑)、基本的にはずーっとこのままで使っていきたいと思います[ぴかぴか(新しい)]

次は【階段】

IMG_3230.jpg

これは2階から撮った写真なのですが、クロスはもとより手摺と幕板も設置されていました。
幕板というのは写真中段に手摺に添うような感じで走っている、真っ白い横板のことです。
クロスを張った時の切れ目を隠す役割を果たしていて、基本的にはどこのおうちの階段にも設置されているもの。でも展示場などではナシの場合もあります。

本当は幕板ナシでいきたかったんだけどな~(^^;。
そういう展示場を見かけたので採用したかったのですが、結構難しいみたいなんですよね。
幕板をしないでクロスの切れ目を隠そうとすると、切れ目にコーキングをするしかありません。そうすると逆に目立つと言われて泣く泣く幕板採用。
でもこうやってクロスと同色にすると思ったほど違和感はなくてホッ[ダッシュ(走り出すさま)]としました。

次に2階に上がってまず気になったのは各部屋のドアに設置された【マグネットドアストッパー】

IMG_3231.jpg

これもかなり早い段階からお願いしていた設備の1つです。
1階は全て引き戸なのでソフトクローズを採用していますが、2階は逆に全て開き戸なのでストッパーを採用。先輩blogで何度か拝見していましたが、イマイチどんな感じなのかつかめていなかったんですよね(ショールームに見本がないから)。

うーん、ウワサには聞いていましたが・・・本当にマグネット感がない(笑)
もう少しガチッとはまる感じがあるかと思っていたのに、ほとんどわからないですね。ストッパーそのものは結局自分の手で下げたり上げたりしないといけないので、面倒と言えば面倒。
ただ、床とほぼ平行に設置されているので、掃除は楽かな~??

そして何より今回の立会いで心待ちにしていたのはコチラ↓!!!

IMG_3227.jpg

いつもこのblogを読んでくださっている方ならば、すぐにピーンッ[ひらめき]とくるこの画像。
そうです。あの問題だった【2階の和室】です。

キャーキャーキャー(>▽<)!!すごく良い出来~[ハートたち(複数ハート)]と自画自賛(笑)。
でも本当に冗談抜きで、一目見て「お見事!」と言ってしまったほど、素晴らしい出来です。
写真だとかなり濃いピンクに写っていますが、実際はもう少し柔らかいエンジみたいな色なんですよね。その中にスッキリ納まっている同色の給気口。
いや~まさに職人技[ぴかぴか(新しい)]。感服です。

この部屋については、生産のIさんに本当によくしていただきました。
無理をお願いしたにもかかわらず、こんなにステキに仕上げてくれて、感謝感謝です[わーい(嬉しい顔)]

いろいろ変化を楽しんだ後は、先日記事にもUPしたスイッチ等の問題点を要チェックして終了。
これからは照明や住林と言えばコレ!の格子が入ってくるようです。
うわー、ワクワクだなぁ[るんるん]




レンジフードの件の報告☆でも不満ブーブーは変わらないのでスルー可です(笑)


着工72日目 [内部仕上工事~竣工]

なんだか妙に久々の更新な気がする・・・(笑)。
実際はたった中3日空いただけなのにな~。
今週前半は、以前ちょこっと書いた家族との意思疎通の難しさにまだ凹んでいたのですが[もうやだ~(悲しい顔)]、後半は親友のCちゃんがお泊まりに来てくれたりして気分がかなり復活しました!!Cちゃんの存在に大感謝[ぴかぴか(新しい)]

そしてそれに輪をかけて私を元気付けてくれたのは、“B’zのLIVEチケット抽選結果発表”

2009年1月22日旭川市民文化会館 取れたぁぁぁああ[exclamation×2]

FCの先行抽選の発表があったのですが、ドームやアリーナではない久々の地方ホールだったので、席が取れるかどうか不安だったんですよね。
本当はSS席を希望していましたが、結果はS席。でも不満はなし!!!行けるだけで本当に感謝感激です[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]
北海道に引越してよかった・・・(笑)。

そんなわけで、NEW ALBUM[CD]もヘヴィロテ中の私。元気復活で引越し作業もがんばってます!
一応宣伝(笑)。

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: VERMILLION RECORDS
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD


------いつものおうちづくりblog------

11月11日(水)

ぞろ目でなんとなく縁起の良さそうなこの日、日付とは裏腹に、猛烈な風とみぞれの中で現場見学をしました(笑)。
でもおうちの中はそんなに寒くなくてビックリ[目]。気密性の高い家(でもまだ完全ではないけど)の力を体感しつつ見学開始です。

まず一番に目を引いたのは【玄関土間のパイピング暖房】の設置↓

IMG_3215.jpg

ちょうど現場に着いた時に業者さんがやって来て、作業を間近で見ることができました。
このパイピング暖房というのは、要するに土間用の床下暖房のようなもの。
本来ならば、玄関ホール内の壁の一角にパネルヒーターを設置するのが普通なのですが、以前記事にもUPしたように(それはコチラ)見た目でNGを出した私たちに設計士のAさんが提案してくれた設備です。

Aさんからもパネルヒーター並の暖かさは期待できないと聞いていたので覚悟はしていますが、一応業者さんにも聞いてみました。

くっしー 「やっぱりこの手の暖房はあんまりあったかくならないんですか
      ねぇ?」
業者さん「パネルヒーターみたいにはならないねぇ。でもこのホールにもパネ
      ルヒーター付くんだよね?・・・え?付かない??・・・あー、いや、
      だからってホールでコート着なきゃ耐えられないとかはないよ(汗)」

と、ちょっと業者さんに気を使わせてしまいました(笑)。
やはり外気が一番入ってくる空間だし、室内ほどの温もりは期待できないみたいです。
ただ、私が一番心惹かれた[ぴかぴか(新しい)]濡れた靴が一晩でバッチリ乾く[ぴかぴか(新しい)]というのは間違いないそうで、雪国暮らしとしてはとってもシアワセ[黒ハート]

そんな玄関ホールですが、コチラ↓も設置されていました。

IMG_3214.jpg

わーい、エントランスキャビネットがきた~[わーい(嬉しい顔)]
住林の標準仕様ですが、収納力バツグンの大きさです。
本当はカウンタータイプがいいなぁと思っていたのですが(私の身長だと上が届かないから)、長い目で見たら靴も増えるだろうし靴以外も入れられるし、何より高い位置の棚は相棒殿専用にできるので採用となりました。

室内へ入ると、業者さんは不在でしたが【クロス張り】がスタートしていました↓

IMG_3181.jpg

先輩ブロガーさんたちのblogでよく見かけた、ビス埋め後のまだら壁。
正直、UPしてくださっている写真を見かけるたびに「虫とか蛇の模様みたいでちょっと・・・[がく~(落胆した顔)]」と思っていたのですが、ナマで見るとやっぱり凹みました(笑)。
でもそれだけキッチリ埋めてくださっているということ。ありがたいです(^^)。

どこもまだビス埋め中かな~?と思っていたら、一ヶ所完全に張り終わった空間がありました!!
それがコチラ↓

IMG_3191.jpg

写真の撮り方がイマイチなのですが、トイレ内部です。
ここは壁全面張り終えていて、あとはトイレそのものと小物が設置されるのを待つばかりという状態。
クロスに関しては、トイレが私の一番気合を入れた空間です。1面だけ遊びで色を入れたのですが、写真を見る限りなんか薄い・・・(笑)。

左端にチラリと白い壁が写っていますが、それが他3面と天井の白いノーマルなクロス。
カウンター+手洗いの背面が色クロスなのですが、この色を引き立ててくれるカウンターたちが養生中なので、ただ単に薄く見えてしまいました。
まぁ、竣工のときには養生もはずれて、また雰囲気が変わると思う・・・んだけどね(笑)。

設備で言えば、玄関のキャビネット以外にキッチンも様変わりしていました。
まずは私が生産のIさんと喧々囂々話合った【背面の棚2段】がついに完成!

IMG_3206.jpg

クロスがまだなので雰囲気がイマイチですが(^^;;、思っていたとおりの出来に大満足[ハートたち(複数ハート)]
板はどちらも奥行30cm、材木はメイプルです。

下の段は奥行を浅くしてもよかったかなぁと思いましたが、鍋も置きたいという私の言葉を聞いたIさんが熱心に同じ奥行を勧めてくれたので(笑)、採用。
見せる収納でいくと決めた以上、ここは私の腕の見せどころなので、今後はしっかり棚活用の勉強をしたいと思います!

もう1つ設置されていた設備は【キッチン前カウンター下の調味料入れ】

IMG_3198.jpg

キッチンも全部設置されていましたが、養生でほとんど見えず(^^;。
その代わりこの調味料入れの部分がすごく目を惹きました[目]

これは、設備決めの最終段階で急に欲しくなったものの1つ。最初はキッチンに合わせてEIDAIさんのステンレスタイプを勧められましたが、キッチンパネルが一面に張られた中にステンレスは妙に浮くかも・・・と思って同じキッチンパネルで造作してもらいました。

まだ完成ではありませんが、やっぱり造作にしてよかったです!この自然な統一感とか雰囲気がたまらなく私好みに仕上がっていて、ウキウキ(笑)。ここに調味料を並べるのが楽しみです[るんるん]

最後は外観部分。
細かい設備が設置されていました。

 IMG_3217.jpg IMG_3218.jpg

写真左は【電気メーター等のBOX】です。
まだ中のメーターはついていませんが、色が家の外観と同色なのでホッ[ダッシュ(走り出すさま)]
写真右はまだ住林と契約する前にお邪魔したオーナーさんのお宅で見かけた【雨垂れ防止】。そのお宅のオーナーさんに「これは絶対つけたほうがいいよ!」と言われていたので、かなり早い段階からお願いしていました。
最近はほとんどのおうちに付いているみたいです。

前回UPした問題点勢ぞろいでかなりプリプリ[むかっ(怒り)]していた私たちですが(笑)、少しづつ完成が見えてくるとやっぱりうれしいものです。

レンジフードの排気口については営業さんにもちょっと話をしてみますが、今更手直しもできないので、納得できる説明を受けられたらそれで終わりにしようと思います。
たくさんのアドバイスありがとうございました(^^)。でも納得できなかったら記事にするかもしれませんけどね(笑)。

※一部訂正しています【同日内】
らぴまっくさん、ごめんなさい(><)
内部仕上工事~竣工 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。