So-net無料ブログ作成
検索選択
引渡し~引越し ブログトップ

お近づきのしるし [引渡し~引越し]

引越しするにあたり、一番頭を悩ませたのは“ご近所さんへの挨拶まわり”です。
何に悩んだかというと

予算をいくらぐらいにするか
②あいさつの品は何にするか
③何軒回るか(どこまでをご近所さんとするか)

という3点。
あまたある先輩blogを拝見していると、タオル類であったりキッチン用品であったりお菓子であったりと、内容・予算ともに多種多様。
うーむ、私たちもしっかり考えなくては[ふらふら]!!と、早い段階で相棒殿と相談を始めました。

まず①について。
品物を決める前に、まず予算を考えました。
今まで引越しを繰り返してきた相棒殿は、悲しいかなご近所さんへのあいさつをしたことがないとのこと。男の一人暮らしとなれば、それもよくある話です[たらーっ(汗)]
私もまともな引越しはこれが初めてだし、逆にあいさつをされたこともないので見当がつきません。

なので、とりあえずキリの良い数字ということで『1軒につき1000円程度[有料]とすることにしました。
これなら計算がしやすいし、ものすごく高価な品にもならないと思って。

次に②について。
予算が決まったのでネットで検索。
いろいろあって迷うものの、予算をふまえて探すこと数日。

コチラ↓に決めました!!

kireikirei.jpg

私も愛用している[ぴかぴか(新しい)]キレイキレイセット[ぴかぴか(新しい)]です。
正直、せっけんは使わない人も多いと思うのでいらないなぁと思ったのですが(^^;;、他に手ごろなセットがなかったので決定。

実は土地を探している段階で、今の土地の近所にはほぼ100%小学生前後のお子さんがいらっしゃるとわかっていたんですよね。
しかも北海道全域は、日本の中でも比較的早く新型インフルエンザが猛威を[台風]振るった地域。
そんなタイミングもあって、この泡タイプのハンドソープなら使ってもらえるかも・・・[黒ハート]と思ったのです。

実用的といえばタオルでもよかったんですけどねー・・・。
いかんせん、着工前の近所へのあいさつ回りで住林タオルを配ってしまっていたので(笑)、同じものになるのはよくないと思ってやめました。

そして③について。
中でも一番頭を痛めたのはこの項目。
いったいどこまでをご近所さんとみなすのか。それによってトータルの費用も大きく変わるので、大きなポイントになります。

ちなみに上にも書いたとおり着工前にもあいさつに回りましたが、そのときは『向かい3軒両隣+α』で7軒回りました。
となると、今回もその7軒は必ず回らなければなりません。
でも果たしてその7軒だけでいいのか・・・。まだ周囲に空き地がある我が家の工事の音は、意外に遠くまで響いていたのを知っているだけに決めかねます。

と思っていた時、どこのサイトだったか忘れてしまったのですが、

“あいさつ回りをしないで後で「あいさつに来なかった[ちっ(怒った顔)]」と言われるより、時間やお金がかかっても回れるだけ回って「きちんとあいさつに来てくれた[わーい(嬉しい顔)]」と思ってもらえた方がいい”

と書いてあるのを発見して、まさに目からウロコ[目]!!本当にそのとおりだと思ったんですよね。

それでなくても誰も知り合いのいない街へ引越す私と相棒殿。
同世代の方が多そうとはいえ、ご近所さんとのトラブルはなるべく避けたいものです。
だったら最初のあいさつはできるだけしっかりとしておきたい・・・。
というわけで、結局私たちの家が建った区画にある家全てと、目の前の通りを挟んだ向かい側の並び全てを回ることにしました。

合計=18軒[家]!!

シカヲさんよりは少ないですが(笑)、私たちとしては精一杯の軒数です。
そしてそれらを準備して、引っ越した日の午後から数日かけて全軒回りました。

感想としては、「やっぱりたくさん回ってよかった[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]」の一言に尽きます。
思いのほか工事の音等で御迷惑をかけたお宅は少なかったようですが(どこに家を建てたかご存じない方もいたので 笑)、距離が離れれば離れるほど「こんな遠くまであいさつに来てくださって・・・」と喜んでいただけたようでした。
私たちとしても、どんな方が住んでいらっしゃるのか把握することができたという意味で、すごく有意義な機会だったと思います[るんるん]

あ、参考までに書いておきますが、のしをつけてもらうなら絶対『外のし』オススメします!
私たちは外のしにして配ったので、「これ(苗字)は何て読むんですか?」などと話題の一つになりました。
きちんと「〇〇です」と自己紹介していても、内のしにしていると後で見た時に「あれ?なんて読むんだったっけ・・・」とわからなくなることがあるので。

そんなこんなで、引越しのあいさつ回りはつつがなく完了したのでした。



さぁ、大変お待たせいたしました[exclamation×2]

“内覧会”を楽しみにしてくださっていた皆さま、次回からようやく順を追ってご紹介できそうです。
といっても、本当に引渡しを受けた直後の、何も家具類が入っていない状態ですが(笑)。
購入した家具等が設置されたバージョンの内覧会は、その後追々行いたいと思います。
お楽しみに~[ハートたち(複数ハート)]
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越し その2 [引渡し~引越し]

私と相棒殿が新婚生活を過ごした(ってまだまだ新婚気分だけどねっ!テヘ[黒ハート])、愛着あるマンションに別れを告げて、新居へ移動です。
相変わらず移動に時間をくうものの、引越しトラックも昼食を挟んだようで双方約束した時間にほぼピッタリ到着。

今回の引越しにより札幌市民でなくなった私たち(笑)。
アートのスタッフさんにも担当区域があるそうで、リーダー以外の2名は交代していました。
今度はかなり元気のある芸人風な男性と、まだ業務勉強中といった感じの男性の3人体制。搬入には搬出以上に気を使うので、男性ばかりでちょっと安心[わーい(嬉しい顔)]

スタッフ紹介(アートさんは必ずやるそうです)を済ませると、早速作業開始!!
あっという間にこんな状態になりました↓

IMG_3635.jpg

右端にソファがちらりと写っていますが、その奥に見えるのが玄関です。
写真中央は2階へのリビング階段で、左端は言わずもがなの住林の格子。
床も含めてかなり細かく養生してくれましたが、特に階段の壁は驚きました。どうしても物がぶつかりやすい場所ということで、壁の上の方までカバーしてくれたのです。

搬入作業そのものは、思っていたより時間がかかりました。
やっぱり解体していた家具を組み立てるのが大変だったみたい。
同じスタッフさんがやるのなら前の形を思い出しながらできますが、新しいスタッフさんで再組み立てなので、所々不具合が生じるんですよね(笑)。
1階については私が要チェック、2階については相棒殿が要チェックしておきました。

結果、時間としては少しかかって1時間半強だったような気がします。
でも養生もしっかりしてくれたし、ご近所さんへの挨拶(旧居・新居ともに)もしてくれたし、玄関ドアが開けっぱなしで寒いでしょうと言ってカイロもくれたし、支払った代金以上の出来だと思います[ハートたち(複数ハート)]
うん、アートさんに頼んでよかったなぁ。

と、思っていたのですが・・・(笑)。

その翌日、注文していた家具を持ってきてくれた業者さんが、運び込む前に家に傷ができていないかどうかチェックしてくれたんですよね。もし傷があった場合、自分たちがつけた傷ではないと指摘しなくてはいけないので。
すると・・・ありましたよ、[ぴかぴか(新しい)]3ヶ所[ぴかぴか(新しい)]

玄関ドアの枠の部分に2ヶ所と、キッチン横のクロスに1ヶ所。
どれも擦過傷のような感じで、養生の上から強く当たってしまったのかなぁという感じ。
ただ、キッチンのクロスは位置も低いし、正直一見しただけでは全然わかりません。
その代わり玄関ドアの枠は、1回気がつくと毎回目が行くというそこそこの傷。濃い色が少しえぐれて明るい木の地が見えているので、これは放ってはおけません。

こういうとき、引越し作業に問題があったなら即行クレームの嵐[台風]ですが(笑)、今回の作業そのものには(価格も含めて)大満足していた私と相棒殿。
ちょっと残念には思うものの、タイミング良く生産のIさんが家を訪ねてきてくれたので、ついでに直してもらっちゃいました[手(チョキ)]
Iさん(と一緒に来てくれた業者さん)ありがとう~[るんるん]

後日、頼まれていたアンケートハガキに事の次第を書いて返送すると、アートさんから詫びの電話が。
一瞬、何かもらえるかも・・・??と浅ましいことを考えた私ですが、特にありませんでした(笑)。

おそらくこれが最後の引越しになると思いますが、トータルで見ると満足です。
まだ我が家にはいくつか未開封のダンボールが転がっているので、それを早く片付けてダンボールを取りに来てもらいたいと思います!!
nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越し その1 [引渡し~引越し]

12月22日(火)

話は多少過去に遡りますが、昨年のクリスマス直前に引越し[車(RV)][ダッシュ(走り出すさま)]を行いました。
幸いにも雪は降っていなかったのですが、朝から結構な寒さ。ホコリ対策として窓を開けていると、暖房を焚いている室内でも余裕で白い息が見えました[ふらふら]

朝9時ごろやってきたのは、以前からお願いしていたアート引越しセンターのスタッフさん。
リーダー(見積りに来てくれた私ご指名[黒ハート]の人)1人、女性スタッフ1人、社員かアルバイトか微妙なスタッフさん(笑)が1人の計3人。
頼んでいたわけではありませんが、女性がいてくれたのはなんとなくうれしかったです[わーい(嬉しい顔)]

前もってもらっていたダンボールは大小合わせて40箱分
使いきらないよね~なんて高を括っていたのに、前日の段階ですでに足らず(笑)!!
予備を持ってきてくれていなかったので、箱物はそのまま運んでもらい、小物はビニール袋へ入れて運んでもらいました。

タイミング悪く札幌市のゴミ収集に間に合わなかったので、結構な数の不用品を新居に運んじゃったんですよね[もうやだ~(悲しい顔)]。それらを詰め込むための箱が足りなかったのでした。

大きなダブルベッドも見事解体、ドアすれすれの冷蔵庫もなんとかスルーさせて、約1時間弱で詰め込み完了。
女性スタッフさんも平気な顔で2個積みダンボールを運んだり、電化製品を毛布で養生してくれたり、長年に渡りたまったホコリもしっかり拭ってくれたりと、[ぴかぴか(新しい)]見事な詰め込み作業[ぴかぴか(新しい)]でした。
ここまでの段階では大満足です!

ひとまず詰め込みが終わったので代金の精算を行い、荷物を積んだトラックは新居へ出発。
私たちは電車で移動です。

でもその前に、何もなくなった部屋で写真を撮りました[カメラ]
今まで住んでいたマンションは、結婚するにあたり相棒殿が一人で決めた(もちろん写真等で私もチェックしましたが)場所。
遠距離だったので一緒に部屋探しをすることもできませんでしたが、初めて足を踏み入れた時に「あ、私この部屋好きかも」と直感で思ったくらい、大好きな場所でした。

最寄の地下鉄駅から徒歩約10分の2LDK。
4階建ての4階角部屋。
南向きではなかったけど、大切な新婚生活を過ごした部屋。
2年半、私たちを見守ってくれて本当にありがとう!!

IMG_3634.jpg

玄関前でもお互いに写真を撮りあい、名残を惜しみつつ新居へと向かったのでした。
nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

大慌てでごあいさつ [引渡し~引越し]

いきなりなんですが、昨日今日で猛烈に[雪]が積もった札幌から、明日脱出します(笑)!!
えぇ、明日引越しなんですよ。
こんなに雪が積もっちゃって、荷物の搬出入、大丈夫なのかしら・・・[がく~(落胆した顔)]
でもアートさんならきちんとやってくれるでしょう!

で、さらに突然なのですが、今年のblog更新は今日が最後です(号泣)!!!

本当は、新しい家の写真とか感想とか次々UP[グッド(上向き矢印)]したいと思っていたんですよ。
つい先日も内覧会用の写真を撮るためだけに(笑)新居へも行ったのに・・・。

なのに、今回の引越しまでに新居でのPC環境が整いませんでしたっ(大号泣[もうやだ~(悲しい顔)])!!!!

今までたくさんの建築blogや先輩blogを拝見してきて、PC環境を整えるには、いろんな関係機関があるので早目に動くと良いとわかっていたんですよね。
だから11月に入るか入らないかの頃から、相棒殿がNTTプロバイダーに電話して、きちんと手続きをしていたのです。

ハッキリ書きますが、相棒殿に手落ちはありません。
ぜーんぜんナッスィング!!
予定通り進めば、明日から新居ではネットが無事開通していたはずなのです。

悪いのは全部プロバイダー[パンチ][ちっ(怒った顔)]

とにかく最初からひどかったです。
今年最後のblogでこんなグチ書きたくないですが、ひどすぎました。

頼んでもいないことをガンガン機械処理した挙句、まだ住んでもいない新居の電話番号に変更されて(だから我が家の現在の電話は勝手に切られています)、さらには何度も訂正や修正を頼んでいたことをすっかり失念して、先週末になって「手続きを忘れていたので今年中に開通できません」なんて連絡してきて・・・。

もう、最悪[ふらふら]
超大手で世界を相手にしているプロバイダーとは思えない所業です。
次々電話をたらいまわしにされたあげく、電話に出た人が名乗りはしても責任は持たないという(次にその人を指名しても「つなげません」の一点張り)、信じられないことのオンパレードでした。

先月の終わりから今日までのblogで、時々「私も相棒殿もイライラして・・・」なんてことを書いたりしていましたが、全ての原因はコレでした。
ずーっとこちらから連絡を取っていたにもかかわらず、手続きを忘れるってどういうこと?!と思わずにはいられません。
さすがの相棒殿も、仕事中にかかってきたプロバイダーからの電話に、本気でマジギレしたということです(そりゃそうだ)。

引越しの後片付けでネットなんてできないと、今は自分をなぐさめてます。
でもいろんな住所変更の手続きをネットでしようと思っていたのに・・・。通販で買いたいものもあったのに・・・。
何よりもblogに遊びに来てくださる方と年末年始の挨拶をしたり、いつもおじゃましているblogをしばらく拝見できないのが痛すぎます[もうやだ~(悲しい顔)]

みなさーーん、私(と相棒殿)を忘れないでくださいねぇぇぇ!!!
ネットが繋がったら、速攻更新しますので[ぴかぴか(新しい)]

今年最後のblogがこんなに暗い内容でごめんなさい。
でも明日からの新居での生活は本当に楽しみにしています[ハートたち(複数ハート)]
また来年早々には内覧会をスタートさせますので、ぜひ遊びにきてくださいませ[るんるん]

それでは、メリークリスマス[クリスマス]&ハッピーニューイヤー!![晴れ]
みなさま良いお年をお迎えください[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
nice!(8)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

“自分たちの木の家”になりました! [引渡し~引越し]

12月13日(日)

竣工してから今日までまだいろいろ書いていないことがあるのですが、とりあえず、UPします。

昨日無事に・・・
引渡しされましたーーーーーーっ!!!!

キャーo(≧∇≦o)(o≧∇≦)oキャー

引越しではありません。引渡しです(何人かの友だちが間違えてたので・・・笑)。
細かく説明すると、今までは全ての管理をHMである住友林業が行ってくれていたのですが、昨日を境にその権限が私たちに移ったということです。

引渡しそのものは朝10時からスタート。
時間に間に合うように最寄駅に到着した私と相棒殿は、思いがけず営業Sさんのお迎え[車(RV)]に遭遇しました。
今までも何度も駅まで迎えにきていただいたことがあったのですが(車持ってないから)、前もって約束していないのに迎えに来てくれてビックリ!!
今日が区切りの日だからかなぁと思いつつ、ありがたく乗せていただきました。

Sさんの車で家に向かいながら、初めてこの街に来た時のことを思い出しました。
あのときもSさんの車だったのですが、2年も前のことなのにまるで昨日のことのよう。
本当にあっという間でした。

そして完成したおうち[家]に到着。
生産のIさんが出迎えてくれて一緒に家に入ると、なんと!!
[ぴかぴか(新しい)]チーム住林のメンバーが勢ぞろい[ぴかぴか(新しい)]しているではありませんかーーーっ!!!

営業のSさん
設計士のAさん
インテリアコーディネーターのT女史
生産のIさん
そして私と相棒殿

当たり前ですが、全員が揃うのは今日が最初で最後(笑)。
SさんとAさんは来てくれるという話を聞いていたのですが、T女史は本当に予想外でした。
みなさん年末が近づいて忙しいというのに、時間を合わせて来てくださって本当に胸がいっぱい(><)!!大感激です[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]

ひとまず挨拶を済ませてから、竣工後に設置された各部屋のカーテンの説明を受けました(T女史はそれもあって来てくれた様子)。

1階の窓に付いたレースカーテンロールスクリーンというコンビ、初めて見ましたがすごくいいです!
いずれ写真でご紹介したいと思っていますが、窓の左右に厚地カーテンの束がないのがすごく軽やか[るんるん]
2階和室のプリーツスクリーンもバッチリでした(ウフフフ)。

生産のIさんからは大量の説明書をもらい、片っ端から説明を受けました。
もう途中で何が何やら(←ごめん、Iさん 笑)。
でもIHや食洗機を使ってみたり、お風呂にお湯をためてみたりしたのが新鮮で楽しかったです[わーい(嬉しい顔)]

途中でSさんやAさん、T女史は他の仕事があるということで、一緒に写真を撮ってからお別れしました。
残念ながら私がblogを書いているということは話していないので、写真掲載のOKをもらうことができず(笑)。
でもとてもよい写真が撮れたので、一生物の大切な記念[プレゼント]にしたいと思います。

その後もIさんから説明を受けて、約2時間で全て終了。
先輩住林blogでよく拝見していた“玄関カギ[パスワード]の交換”の儀式(?)もしっかり見ました!!
今まで使っていた工事用のカギを、今後私たちが使うカギへ変更するというもの。
相棒殿が新しいカギでカチリと回した後は、もう工事用のカギは入りません。どうしてそうなるのか教えてはもらったけど、カギの技術ってすごい(笑)!!!

説明が終わったIさんとも挨拶をしてお別れ。
ただIさんにはこれからまだしばらくお付き合いいただく予定です。表札とポストの設置が残っているし、入居後の点検があるし。
表札なんて、Iさんが傷を見つけてくれて(到着時に確認していたけど気付かなかった)急遽再発注になったので、年明けまでずれ込みそうです・・・トホホ[もうやだ~(悲しい顔)]

みんなが帰って行った家の中に残された、私と相棒殿。
朝昼兼用のサンドイッチを食べながら、しみじみと感慨にふけっちゃいました(笑)。

本当に長かったけど、ついにここまで来たんだなぁ。
トラブルもあったけど、今日のこの日を笑顔で迎えられてよかったなぁ。
チーム住林のメンバーと出会えて幸せだなぁ。
結局(木製の)きこりんは来てくれなかったけど、間違いなくどこかにきこりんが来てくれてるだろうなぁ。

だ・か・ら!!
住林の家を建てた人なら一目でピーンとくるアレ、やっちゃいました!!!


IMG_3366.jpg

「きこりんの家だぁ~」


です(笑)。
昨年のCMで放送されていたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私も家が出来たら絶対これをやろうと思ってました(エヘ[黒ハート])。
ちなみにCMはコチラ(企業広告>2008年の“自分たちの木の家編”をクリック)。

ちょうど午後から親友のCちゃんご夫妻が遊びに来てくれたので、そのとき撮ってもらいました。
わざわざごめんよ、Cちゃん・・・(笑)。
でもこれもすごく良い記念[ぴかぴか(新しい)]になりました!!

というわけで、長かった“ふたりのおうちづくり”は無事完成です[家]
でも、まだ書いていないことがたくさんあるし、生活を始めてからもおうちづくりであることには違いがないので、これからもずっとblogを続けていこうと思っています。

[ぴかぴか(新しい)]おうちの完成は終わりではなくはじまりなのだ![ぴかぴか(新しい)]

明日以降も気負わず書いていきますので、今後ともよろしくお願いいたします[わーい(嬉しい顔)]
あー、引越し準備の追い込みしなきゃ~(笑)
nice!(7)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越し見積り③ [引渡し~引越し]

なんだか最近バタバタしていて、なかなかblogが書けません(><)。
書きたいことはたくさんあるのにな~!!ピッチを上げなくては!

ところでいつものblogに入る前に1つ。
先日の11月23日は私と相棒殿の[ぴかぴか(新しい)]2回目の結婚記念日[ぴかぴか(新しい)]でした。
俗に言う“藁(綿)婚式”。

当日は1日家でまったりしていたのですが、前日は住林のショールームへ行かなければならないこともあり、ついでに私たちの超お気に入りモツ鍋屋さんへ出かけました。
おいしいモツ鍋に舌鼓を打ちつつ、これまでの2年間を回顧(笑)。お互いに「あっという間だったね~[わーい(嬉しい顔)]」という一言に尽きたのでした。

結婚2年でマイホーム。
それが早いのかどうかは人それぞれだと思いますが、私たちにとっては考えに考えた良いタイミングだったと思っています。
さぁ、3年目に突入だ[手(グー)]!!

------いつものおうちづくりblog------

長々と引っ張ってきた引越し業者さんの選定。
ただ単に書くタイミングを逃していたとも言えますが(笑)、相棒殿と話しあった結果コチラ↓にお願いすることに決めました!!

IMG_3247.jpg

リフォーム番組に必ず登場する“アート引越しセンター”さんです!!!
もう決めたから名前出してもいいかなと思って(エヘ)。

今回の決め手はいくつかありましたが、まずは価格
大手と呼ばれる2つの業者さんの一騎打ちとなった段階で、正直、金額の差が倍になるとは思ってもいませんでした。だいたい同じくらいか、もしくは多少高くても交渉次第で似たような金額になると思っていたんですよね。
でも結局パンダさんは値下がりせず、それならばアートさんで・・・となりました。

次が営業さんとの相性
完全に営業オンリーしかやっていないパンダの社員さんと、現場も兼ねているアートの営業さん。
実際の現場をよく知っているという点で、「責任をもってしっかりやる自信があります!」の言葉にリアリティを感じました。
雰囲気も頼りがいのありそうな人(←TOKIOの山口くんみたいな体格 笑)だったので、結局引越し当日の作業指名もしちゃいました[黒ハート]。言葉にウソがないと信じたいと思います!

あと、相棒殿がとても心惹かれていたのは経験年数
パンダさんは札幌に進出してまだ6年・・・だったかな??
アートさんは20年になるそうです。
今回は真冬の引越しで、おそらく当日も雪が降るのではないかと思いますが、それに対応できるスキルの高さ[グッド(上向き矢印)]を考えるとアートさんに軍配が上がりました。

最後は細かい点でのサービスかなぁ。
梱包用のガムテープは白・赤・黄色の3色に分かれていて、どれも1つづつ(白だけ2つ)もらえます。
赤は「われもの用」黄色は「新居ですぐに使いたいもの用」、白は「その他」となり、それをもとに新居での箱の積み上げを考慮してくれるんですよね。
特に黄色はすごくいいなぁ~[目]と感心しました。別に手荷物になると大変なんだもん(^^;。

そんなわけで見積りの翌日には正式に依頼をして、パンダさんにはお断りの電話を入れておきました。
ウワサどおりその後パンダさんから電話がかかってきましたが、タイミング良く相棒殿が出たので即終了となったようです(笑)。

後日アートさんが、上の写真のようにダンボールを山のように持ってきてくれました。
ダンボール大20枚小20枚の計40枚とハンガーにかかった服を丸ごと入れられるハンガーボックスが2つ。引越し日が近づけば16足入るシューズボックスと、食器を梱包不要で入れられる食器ボックスを持って来てくれる予定です。

ちょっと気になったのは、このダンボールを持ってきてくれたときのこと。
持ってきてくれた作業員の人の態度があまりいただけませんでした・・・(--;;。
我が家は今エレベーターのないマンションの4階に住んでいるのですが、そりゃ確かに大変だと思うんですよ。階段幅もそんなに広くないし(むしろ狭い)、大きな平たいダンボールの束を持って上がるのは大変です。

でも途中で大音響をたてて箱を階段に置いたり(階下の人は驚いたに違いない)、束を玄関に立てかけてそのまま帰ってしまったのにはちょっと不安を覚えました・・・[がく~(落胆した顔)]
そこで部屋に持って入ってほしかったと思うのは私のワガママ??
規定か何かで室内に入ってはダメとか決まっているのかなぁ???
「運んでください」と言わなかった私が悪いのかもしれませんが、一人で玄関から室内に運びこむのは大変でした・・・。

相棒殿にもその夜報告しましたが、価格で決めただけにちょっと不安です(笑)。

でも、とにもかくにも引越しまであと1ヶ月!!
こちらもピッチを上げなくてがんばらなくては!!!
nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越しの見積り② [引渡し~引越し]

引渡し日が決まったことにより、引越し日も決めなくては!!と思った私と相棒殿。
ネットでいくつか業者を選び出し、それぞれ個別にコンタクトをとりました。
選んだ業者は以下のとおり。

《第1候補》見積りをするとお米をくれるパンダマークの引越し屋さん
《第2候補》某リフォームTV番組で毎回登場するアー〇引越し屋さん
《第3候補》ハートマークの引越し屋さん

ちなみに私は正式な引越しはこれが初めて。
結婚して北海道に引越してきた時は“クロネ〇ヤマト”さんを使ったのですが、あくまでも宅急便扱いだったんですよね。そんなに荷物もないし(とかいいつつダンボール12箱くらい 笑)、単身パックだとお金がかかるので宅急便にしました。

逆に相棒殿は今回で7回目。ある意味引越しには慣れっこです[手(チョキ)]
でも今までの引越しは独身時代だったこともあり、使った業者はどれも地元の小さな引越し屋さんばかり。大手と呼ばれる業者さんから見積りを取るのは初めてのようでした。

ネットで見積り依頼をした翌日、早速電話[電話]が!!かけてきたのは素早さで噂のパンダマークさん。

担当と思われる営業マンさんの電話での対応はとっても感じが良くて、ちょっと意外(笑)。ただ、見積り希望日を翌日(ネットで依頼した日の2日後)でお願いしていたのですが、すでに満杯なので今日はダメですか?とのこと。
思わず「え?今日ですか[がく~(落胆した顔)]??」と言ってしまったものの、こういうのは早い方が面倒くさくなくていいかな~と思いOKしちゃいました[るんるん]

そうなると、他の2社も今日見にきてくれたら何度も掃除をしなくてすむんだけどな・・・(笑)。

と思った私は、早速他の2社にも電話。
アー〇さんは前もって電話でなくメールをくれていたので、それを確認してから電話しました。
最初は戸惑っていたような営業所のお姉さんも、理由を話すと営業マンの都合を確認して折り返します、とのこと。
30分ほどした後、改めて「今日伺います[わーい(嬉しい顔)]」と連絡してきてくれました。

最後に電話をかけたのはハートマークさん。
ハートマークさんもアー〇さんと同じで先にメールをくれていたのですが、唯一メールで仮見積り額を出してくれていました。その額は驚くほど安いけど、なぜか実際に見積り日については電話してください、と書いてあります。

こっちの希望日は伝えてあるのに・・・??と思いつつ電話すると、営業所のお姉さん曰く「今日はもう予約でいっぱいなので、早くても明後日です」とのこと。
残念ながら、この時点で候補脱落[バッド(下向き矢印)]となりました。

《ここからは多少辛口なことも書いています[あせあせ(飛び散る汗)]

この日は平日ということもあり、各社の営業マンさんの相手をするのは私一人。
心配そうに仕事へ出かけた相棒殿に良い報告をするべく、価格内容ともに良い条件を引き出すぞ~!!と気合入れまくり(笑)。
そんな中、まずやってきたのはパンダマークさん。

きちんとスーツを着た礼儀正しい、若そうな営業マンさんで、「まずはこちらを・・・」と見積り依頼特典のお米をプレゼント[プレゼント]してくれました。
そしてそのまま荷物量の確認開始。

相棒殿曰く「クローゼットの中までは見ないと思うよ~」と聞いていたので気を抜いていたのに、いきなり「じゃあクローゼットの中から見せていただけますか?」の一言。
笑顔で「整理できてないんですけどどうぞ~」と答えつつ、内心「相棒殿覚えてろよ[むかっ(怒り)]」と思う私(笑)。
ただ、確かにじっくりというよりは片っ端からささーっと中を見ただけ、という感じでチェックは完了しました。

あとは処分したい品の有無や運びたい大型家具を確認して、見積り書の作成開始。
ここからが長かった・・・(^^;;;。
パンダマークさんはノートパソコンで見積書を作成するのが決まりで、なおかつそれが売りの1つなのだそうですが、とにかく作成に時間がかかるのなんの。
しかもこの時間で猛烈な自社アピール&他社非難の嵐!!

冗談抜きで覚悟はしていたんですよ。
実際に見積りをした方々から自社アピールや他社非難が多いよと聞いていたのです。
自社アピールはいいんです。自分たちを選んでもらいたくて、良いところを売り込むのが営業の仕事ですから。
でも他社非難のためにわざわざ資料を作ったり、それを見せながら「こんなの見たことありますか?」と聞くのはちょっと・・・ねぇ?(見たことあるわけないのに 怒)

散々待たされて提示された見積り額は、正直ちょっと高め[グッド(上向き矢印)]
「いかがですか?」と聞かれて素直に高いと思いますと答えると、上司に電話をかけて何かを確認。その後いくつか条件をつけると安くできますが、本来の内容ではこれ以上値引きできませんとのこと。とりあえず他社と相見積りをとったうえでお返事しますと答えました。

この時点で最初にメールで見積り依頼をしたときの重要条件

①他社と相見積りを取っています。
②見積り時間は30分程度でお願いします。
③その日その場で即決は決していたしません。

の②を軽くオーバー。むしろその希望がまったく耳に入っていないんじゃないかと思えるほど。
さらには③についてもお願いできませんか?と言い出す始末だったので、「相棒殿と相談してからお返事します」とお断りして丁寧にお見送りさせていただきました。

やれやれ・・・[ふらふら]と一息つくまもなく、すぐにアー〇さんが到着。
こちらの営業さんは、どこかで業務をこなしてきたんですか??と思えるような作業着姿で登場。
最初こそ驚きましたが、あとで聞いた「僕自身、現場で作業もしてますので」という一言に納得。

アー〇さんもパンダさん同様すぐに荷物量の確認を開始。クローゼットの中も当然チェックして、それから見積書の作成に入りました。
こちらも作成中は自社アピール&若干の他社非難。ただし、見積書が手書きなのでその時間はかなり短くて済みました(笑)。

見積り額を提示する前に、他にどこの会社と相見積りをとっているのか聞かれました。
それについてはパンダさんの時同様、「公平に比較検討したいので内緒[黒ハート]」と返答すると、やはりアー〇さんも上司へ電話をかけて何かしらのOKをもらったようでした。

結果提示された金額は・・・パンダさんの2分の1!!!

思わず声を上げそうになりましたが(笑)、公平を・・・と言った手前、表情を変えることなく見積書を受け取りました。
アー〇の営業マンさん曰く、「他にどこと競合しているのかわからないので、一発勝負[パンチ]に出させていただきました」とのこと。
その腹をくくった感じがなんとも好感度UP[グッド(上向き矢印)]です(笑)。

ひとまずこの価格もふまえて相棒殿と比較検討してお返事します、と伝えてお帰りいただきました。
約1時間弱ねばったパンダさんに比べて、30分強で引き上げたアー〇さん。
大台とも言える価格を提示してこれ以上下げられないと言ったパンダさんと、ズバリ一発勝負でその半額を提示してきたアー〇さん。
作業員が全て自社の社員であるパンダさんと、必ずしも作業員全員が社員であるとは限らないアー〇さん。

んー・・・どうしよう[ふらふら]
相棒殿としっくり相談して決めようと思います。
nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越しの見積り① [引渡し~引越し]

いきなりですが、我が家の引渡し日が正式に決定しました!!
工事そのものは予定より1~2週間ほど早く進んでいるものの、引渡し日は着工前の打合せどおり

[ぴかぴか(新しい)]“2009年12月13日”[ぴかぴか(新しい)]

となりました。
本格的な根雪のシーズンがやってくる前に・・・という住林側の思いやりで決定された日です[黒ハート]
ちなみにこの日付けを確認したのが、臨時立会いをした10月31日でした。

そして先日、この引渡し日を聞いた直後に薄型TVを購入した私たち。
配送日についてお店の人と話している時、引渡し日以外はあらゆることが“未定”であり、そのことで今後決めなければならない日付が全て“未定”になる、ということに改めて気付きました。

ひとまずTV等の配送は“未定&後日連絡待ち”で決着。
問題点だった給気口も一段落して、気になっていたTVも無事購入できて、本当ならばちょっと息抜きをしたい気分ではありましたが、そんな気分以上に痛感したのは『早く引越し日を決めなくては!![がく~(落胆した顔)]ということ。
引越し日が決まらないことには、全てが決まらないと言っても過言ではありません。

正式に引渡し日が決まったことを受け、TVを買った日の夜、私と相棒殿は引越し日&引越し業者を決めるために見積り依頼を行いました。

引越し業者については、今はネットのクチコミ[キスマーク]が本当に役立ちます。
もちろんネットに書かれていること全てが事実とは思いませんが、少なくともいつも拝見させていただいている先輩blogから得られる情報は、とっても重要で貴重[ぴかぴか(新しい)]
それらを吟味した結果、見積りを頼む業者を3社に絞りました。

《第1候補》見積りをするとお米をくれるパンダマークの引越し屋さん
  住林blogに限らず、多くの先輩blogで名前が挙がっていた会社。多少強引
  な感じの営業手法とのことですが、実際の作業は高評価されているように
  思います。札幌市内でもトラックが走っているのをよく見かけるので第一候
  補に。

《第2候補》超メジャーリフォームTV番組で毎回登場する引越し屋さん
  今回は新築に引越すということで、作業に安心が持てる大手の業者を条件
  にしている私たち。そうなると自然に名前が挙がってきました。
  以前は国民的キャラクターがCM等に登場していましたが、いつの間にか変
  わっていたんですね。全然知らなかった~(笑)。

《第3候補》ハートマークの引越し屋さん(これはバレバレだなぁ 笑)
  ネットによくある一括見積りのサイトで、“大手業者”として名前が挙がってい
  たので頼むことにした会社。名前は確かに聞いたことがあったし、まず公式
  サイトで詳細な荷物チェックの上で仮見積りを出してくれるのが好印象で依
  頼。でも後日“大手よりはちょっと下”と聞きました(^^;。

この3社へ個別に公式サイトから見積り依頼。
上にも書いたように一括見積りの便利なサイトもありますが、たかだか3社だし、それぞれのサイトもじっくり読んでから申込みたかったので1社づつ申請しました。

申請する際、たいていどの会社でも『通信欄・要望欄』という類の項目があります。
そこに私たちなりの条件を書いて送信。
それがコチラ↓

①他社と相見積りを取っています。
②見積り時間は30分程度でお願いします。
③その日その場で即決は決していたしません。

という3ヶ条。
この3つがどこまで営業マンに伝わるのかということも、業者選択の条件の1つ。
大手だからこそ、客からの要望をきちんと下まで伝える力がないとダメだと思っているので(^^)。
加えて日程の都合上、各営業マンさんの相手を務めるのは私一人!!仕事をしていた頃の自分を思い出して(笑)、厳しくチェックしていきたいと思います[目]

さて、どの業者さんとご縁があるのかな~??
nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
引渡し~引越し ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。