So-net無料ブログ作成
検索選択
地鎮祭~基礎工事 ブログトップ

着工26日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月26日(土)

シルバーウィークの間中は、ちょうど基礎の立ちあがりにコンクリートが入り養生していたので、この日は1週間ぶりの現地見学。週末なので相棒殿と一緒に行きました。[わーい(嬉しい顔)]

前もって生産のIさんに「土曜は配管の作業をしているかも・・・??」と聞いていたのですが、確かに現場入り口にはこんなものが鎮座ましまし↓

IMG_2585.jpg

写真なので大きく見えますが、実際は小さめのユンボです。
でも思いっきり土を掘ってる[目]!!まるで外構やってるみたいだなぁ(笑)。
ちなみに掘った先はこうなってました↓

IMG_2589.jpg

誰がどう見ても配水管工事です。
そうですよね??って確認したいのに、私たちが到着したのはちょうど12時過ぎのお昼休憩中。
業者さんたちは現場を離れて食事に行ってしまったようで、残念ながら会えずじまいでした[もうやだ~(悲しい顔)]
仕方がないのでいろいろ施主チェック

先週入れていた立ちあがりのコンクリートは無事固まり、型枠も外されて基礎ができていました[黒ハート]

IMG_2592.jpg

ほぉぉぉう!キレイに出来てるな~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
相変わらず小さなおうちにしか見えませんが(実際小さいけど 笑)、なんだか第一段階完了という感じでとてもうれしいです。
でも念のため、立ちあがりがきちんと平らかどうかチェック。

IMG_2604.jpg

いつも遊びに来てくださるYuさんが施主チェックの際にこの“水平器”を使っていらっしゃるのを拝見して、探してみたら近所の100均で発見!しかもメジャー一体型という便利仕様(笑)!!
即購入してこの日初めて使ってみました。
写真を見てもわかるとおり、真ん中の2本の線の間に気泡がきているので、きちんと水平に造られているのがわかります[手(チョキ)]

他にも次の工程の材料が到着していたようでした。

   IMG_2600.jpg  IMG_2590.jpg

左の写真は基礎と外壁の間に挟む基礎パッキン。
ダンボールやらビニールやらに包まれていますが、どうやら全て同じ物のようです。
右は配水管のフタ。こんなにたくさん必要なんですか?というくらい数を揃えていましたが、おそらく使うのは半分くらいなのかなと予想。
住林の名前がしっかり入っている代物でした。

気が付けば9月ももうすぐ終わり。
10月に入ったら、足場設置や大工さんの登場が予定されているので、そろそろ次の段階に進みそうです。
上棟式は特に予定していませんが、棟梁を始め大工さんへはお礼を用意したいので、そろそろ準備を始めなくては!
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工19日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月19日(土)

着工してから半月が過ぎましたが、半月とは思えない工事の早さに戸惑っているくっしーです(笑)。
なんだかちょっとずつ早まってる気がするけど・・・まぁいいか(^^;;;。

この日は“生コンが入るかも~??”ということを生産のIさんに聞いていたので、朝早く相棒殿と出かけました。
そして現場に到着してみると・・・

IMG_2566.jpg

ガッツリ型枠が組んである~[目][ぴかぴか(新しい)]
ようやくいろんな建築blog等で拝見する基礎の形になってきたなぁ。
しかも、シルバーウィークと呼ばれるこの大型連休初日の朝だというのに・・・

IMG_2573.jpg

めっちゃめちゃ[るんるん]大音響[るんるん]でコンクリート注入!!!
うわぁ、私が近所の人だったら泣いちゃうかも(笑)。
こんな大掛かりな作業が見られてうれしい反面、複雑な心境です・・・[ふらふら]

この日はタンクローリーとコンクリート注入用の巨大トラックの計2台がやってきて、作業の方は4名。
うち2人はタンクローリーの運転手さんとトラックの作業員さんだったのですが、残りの2人がいつものEXILE職人さんではありませんでした。
確かに前回お会いした時、「そろそろ担当部分が終わり」的なことをおっしゃっていたのですが、もう1回くらいは会えると思っていたんですよねぇ・・・。やっと慣れてきて話しやすくなっていただけに、かなりショック[もうやだ~(悲しい顔)]

今回からの職人さんは、やっぱり先輩&後輩の2人組なのですが、“職人気質”な雰囲気はグレードアップ[グッド(上向き矢印)]
質問には答えてくれますが、必要なこと以外は言わないタイプらしく、人見知りな私としてはかなりハードルが高い感じです。
でも基礎の工程自体がもうすぐ終わりなので、お会いする回数はすごく少ないかな・・・というのが正直な気持ち。

そんな職人さんたちが少しづつ丁寧に入れてくれたコンクリートがコチラ↓

IMG_2567.jpg

均しにくい幅なので表面はそんなにきれいではありませんが、配筋が中間地点でまっすぐ並んでいるのが目で見てわかるようになったので、満足です[黒ハート]
いやー、これだけ見てもやっぱり我が家は小さいなぁ(笑)。

ひとまず生コン入れが完了し、職人さんが休憩に入ったところを見計らっていつもの質問コーナー。
《Q1》この白いのは何ですか?

IMG_2510.jpg

この写真は着工12日目にUPしたものですが、この配筋の下にびっしり敷かれている白い物が何かわからなかったんですよね。いつも拝見している“おきらくごくらく きのすみか”のりりどりさんから質問されて、私も不思議に思ったので聞いてみました。

《A1》断熱材です。
ちなみにベタコンのさらに下の枠全面に緑の断熱材で囲っていますが、あれは[ぴかぴか(新しい)]北海道のみ[ぴかぴか(新しい)]。やっぱり寒い地域なので・・・。
今回造った型枠の中で、風呂場や玄関土間の部分を同じく断熱材で囲うのは全国同じだと思います。

とのこと。
やっぱり白いのは断熱材だったのか~!!
私はてっきり防湿シートだと思っていて、コメントレスにもそのように書いてしまいました。訂正してお詫びします(笑)。
これだけ断熱材ぐるぐるだと、床からの寒さはかなり防げるかなぁ。無垢の床は寒いと聞いているけど、期待できます。
ベタコンの下の部分の断熱材囲いというのはコレ↓

IMG_2490.jpg

着工9日目でUPした写真ですが、この緑の囲いは北海道のみの工程だそうです。
うーん勉強になるわ~。

《Q2》庭に火山灰をまくのは良いことなのですか?
実はこの質問は、職人さんでは答えられず(前回のEXILE職人さんではなかったので・・・)、日をあらためて生産さんに確認しました。

《A2》特に良いということはありません。
メリットを上げれば①水はけが良い②安価という2点。同時にデメリットを挙げれば①軽いので風で飛びやすい②崩れやすいということが言えます。
基本的に住林ではメリットを重視して火山灰を採用していますが、庭にまくかどうかに関しては施主の希望になるべく添うようにしています。
家庭菜園や花壇を考えている場合は、それ用の土としては向かないので、その部分以外にまくことをオススメします。

とのことでした。
いやー・・・聞いてみないとわからないものですねー・・・。
最初に職人さんに言われたままで納得していたら、きっとずーっと「火山灰は庭に良い土」と思い込んでいたと思います。

少なくとも、家の土台には良い土なんですよね。
やはりこれだけの雪が積もる地域の場合、地上と家の接地部分が一番傷みやすい[バッド(下向き矢印)]のだそうです。そこに火山灰があれば、水はけが良いので痛みにくくなり家が長持ちします。
ところが一般的に家庭菜園や花壇に向いていると言われる“黒土”等に比べると、火山灰の効力は皆無に等しい。だから庭にまくとしてもその部分を除いた場所にまいたほうがもったいなくないですよ、というのが説明でした。

庭の水はけ自体は良い状態であってほしいんですよね。だから火山灰はまいてもらいたい。
でも相棒殿は将来的に家庭菜園をやりたがっているし、私も花を育ててみたいので、その部分には火山灰をまきたくない。
というわけで、すぐに2人で相談してまく場所を指定しておきました。
まだ庭をどうするかなんて全然考えていなかっただけに、ちょっとしたケンカまでしちゃったり(笑)。でも生産さんからはせっつかれていたので、とりあえずザックリと菜園等の場所を決めて、それ以外の場所に満遍なくまいてくださいと伝えたのでした。

以上が火山灰に関する報告ですっ(笑)!!
興味のない方にはつまらない話でゴメンナサイ~(><)。

最後に和みの写真を1枚。

IMG_2571.jpg

どこが和み?と言われそうですが、超巨大ゴミ箱です・・・(笑)。
見た瞬間、思わず「でかっ[がく~(落胆した顔)]!」と言って吹きだしてしまったので、思わず写真に残してしまいました。
比較対照するものが写っていないのでわかりづらいですが、間違いなく私一人がすっぽり入れるサイズ。まるでサンタさんの袋のようだなぁ・・・。癒されるわぁ[ハートたち(複数ハート)](←癒しポイントが普通と違う?笑)

《メモ》500mlのペットボトルのポカリと缶コーヒー各2本づつ差し入れ
nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工16日目 [地鎮祭~基礎工事]

今日の記事長いです(><)!毎度のことながら読みづらくてごめんなさい~!!

9月16日(水)

1人で現場見学に行くようになって2回目。
天気もすごくよくて、朝からやる気全開[手(グー)]で出かけました。

本当は前日に行く予定にしていたのですが、「あと5分で出かける!」という時になって生産のIさんから「今日は雨が降るかもしれないので現場はお休みです~[あせあせ(飛び散る汗)]という電話が・・・。
それでなくても1人で行くことにブルーになっていたのに、出鼻をくじかれて余計凹む私(--;;;。
でも考えてみれば、家を出てから“休み”の電話がかかってきたらキレてたかもしれないし(笑)、タイミングとしては5分前にわかってよかったのかも!!と思い直しました。

それにその日のblogで「職人さんと話すのが難しい」的なことを書いたところ、読んでくださっている皆さんから「大丈夫[わーい(嬉しい顔)]!」と励ましていただけたのが本当に大きかったです。
何だかすごく背中を押してもらえた気がして、一晩寝て起きたら「今日は職人さんといっぱい話す!」と朝から心に誓っている自分がいました(笑)。

そんなわけで足取りも軽く現場へ向かうと、な、なんと!!

IMG_2546.jpg

ベタコンが入ってる~[ぴかぴか(新しい)]!!
と建築用語(?)で知ったかぶってしまいましたが(笑)、要するに基礎のコンクリートです。
この日はかなり朝早く現場に着いたつもりだったのですが、すっかり入れ終わって職人さんは休憩中[喫茶店]
私が歩いてやってくるのに気がついた先輩職人さんが、すぐに車から降りてきて相手をしてくれました。

職人さん曰く、流し込んでからすでに1時間ほど経過していて、もうそろそろ表面を均そうと思ってます、とのこと。素人目で見ると充分平らでキレイにできているのに、これをさらに均すのか~と驚きました。
しかもいくら時間が経過してコンクリートが固まってきているとはいえ、表面はまだ均せる程度に柔らかいということですよね??一体どうやって足跡をつけないように上を歩くんだろう・・・。

と思っていたら、こうして歩いてました↓

IMG_2542.jpg

うわー、まるでカンジキを履いて水の上を歩くハットリくんのよう!!!(←そんな世代 笑)
先輩職人さんが照れたように「これが(コンクリートに乗る時に)すごくいいんスよ~(*^^*)」と言って取り出したのは、数日前まで見えていた基礎を囲んでいる断熱材の残り。
長方形のそれを2つに切り分け、固まりかけたコンクリートに乗せます。
1つには自分が乗り、もう一つは移動する時の足場として使うんですよね~。賢いっ!!

上の写真の手前から後ろへ向けて均して行きます。
均す前でも充分きれいだと思っていたコンクリートが、やっぱり均すと全然違う[目]
写真に写る職人さんの手前は均し済みで背後はこれからの部分。この画像だけでもその違いがはっきりわかると思います。
うーん、職人さんってスゲー・・・。

ところで、この作業に入る前にいくつか質問したのでここでまとめてUP。
《Q1》これ↓って何ですか??

IMG_2530.jpg

ベタコンのところどころに埋め込まれている断熱材の切れ端です。

《A1》排水用の溝
ベタコンが入ったのでこれから基礎の立ち上がりを造っていくわけですが、立ち上がりができた後にもし雨が降ったら基礎の中に水溜りができてしまいます。その水を外へ排出するために、あえて溝を作成。基礎が傾斜しているわけではないので、実際に溜まったらホウキなどでこの溝へ水を流せばOKとのこと。
もちろん基礎が完成したあかつきにはこの溝は埋め直します。

ほぉぉぉぉ~!もう口から出てくるのは「賢いですねぇ[ぴかぴか(新しい)]」の言葉ばかり(笑)。

《Q2》これ↓ってもしかして土の中から出てきたんですか?

IMG_2531.jpg

手前の大きな石はそうかもしれませんが、積み上げられたミニ土管のようなものもそうだとしたら、この土地に産廃でも埋まっているのかと戦々恐々と聞いてみました[がく~(落胆した顔)]

《A2》手前の石は掘り出したもの。
   ミニ土管に見えるのは、地盤改良時に杭打ちした杭の余り部分。
杭打ち用の杭はそれ相応の長さのものを用意します。
それを順に打っていくとどうしても地中の固い部分に当たる地点が違うので、地上に杭の余った部分が飛び出ます。その余った部分を1本1本切り取っていったものがこの山。これらは今度は本当の産廃として処分されるとのこと。

石についてはやっぱりね、と納得。しかしデカイなぁ(^^;;;。
ミニ土管のようなものは、心底ビックリしました!我が家は時間の関係で杭打ちを見ることができなかったのですが、よもやこんな太いのが杭だなんて!!
なんとなく言葉のイメージで、鉄の柱みたいなものを想像していたんですよね~。でも鉄なら錆びる可能性もあるし、コンクリ製とわかってこれまた納得です。まぁ何トンという重さの家を支えるのですから、これくらい太くないとね[パンチ]

ちなみに相棒殿はこの画像を見て「ドラえもんに出てくる公園に置いてあるやつみたい」と言っていました。
それを言うなら[ぴかぴか(新しい)]鈴木義司先生の住まい[ぴかぴか(新しい)]だと思うけど(←わかる人いる?これまたそんな世代 笑)。

《Q3》これだけしっかりした基礎って、職人さんの会社だからですか?
《A3》いいえ、住友林業だからです。

この質問は結構軽い気持ちで聞いたのですが、答えを聞いてすごく感激しちゃいました[黒ハート]
職人さん曰く、基礎の厚みも配筋の数も住友林業は他の業者と段違いなのだそうです。
特に基礎のしっかりさというか丈夫さというか、とにかく住友林業側から指定される造りが良いとのこと。
しかもこっそり(?)教えてくれたのですが、「もしこれから家を造り始めている現場を見る機会があったら、基礎をよく見てみてください。配筋の数とか全然違うってすぐわかりますよ」とのことでした。

前回見に来たときに感動した芸術品のような配筋[ぴかぴか(新しい)]
確かにあれを見れば納得です。住林ってすごいわ。

いろいろ教えてくれた職人さんが仕事を始めたので、私もお暇しました。
帰る直前フェンスに見慣れないものを発見。それがコチラ↓

IMG_2554.jpg

おおっ!きこりん第2弾です!!
衛生週間が終わったらはがされるのかもしれませんが、今だけでもきこりん増殖うれし~[ハートたち(複数ハート)]
ゴメン、それだけ(笑)。

《メモ》280mlのペットボトルのお茶と缶コーヒー各2本づつ差し入れ

------ ♪ ここからはリアルタイム ♪ ------

と、いうわけで。
ずっとこの『ふたりのおうちづくり』を読んでくださっているみなさん、大変お待たせいたしました。
この記事をもちまして、ついに

現実の進捗状況に追いつきましたーーー!!!
       ♪\(*T▽T*)/ワーイ♪

思い起こせば昨年の10月から書き始めたこのblog。
約1年が経過し記事数も100を越え、最初は訪問者やコメントも少なかったのに、今では毎日たくさんの方が遊びに来てくださるようになりました。

住林でおうちづくりをする・した人も他の会社でつくる・つくった人も、一生に一度の気持ちは同じ。
いろんな方からいつもアドバイスや励ましをもらえて、相棒殿とケンカはしましたが(笑)このblogを始めてよかったと心底感謝しています。

でもまだおうちづくりは道半ば。
これから形が見えてきて、竣工、引越し、新生活・・・と終わりは見えません。
今までのように毎日絶対更新!(土日祝を除く)ができるほどネタがあるかわかりませんが(笑)、書きそびれていることもたくさんあるし、変わることなくUP[グッド(上向き矢印)]していけたらいいなと思っています。
プライベートblogを放置しているのでそっちも更新したいし(^^;;。

どうぞこれからもよろしくお願いします!!
nice!(5)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工12日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月12日(土)

着工してから12日目、相棒殿と一緒の現場見学は2回目です。
この日は午後から設計士のAさんと打合せが入っていたので(この期に及んでまだ迷い中 笑)、早めに家を出て現場へ向かいました。

現場に到着すると・・・

IMG_2506.jpg

おおおーーーーー!!
鉄筋が入っています!!!しかも超キレイ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
なんかもうちょっとした芸術品という感じで(笑)、私も相棒殿も職人さんへの挨拶もそこそこに写真を撮りまくってしまいました(^^;;;。
急に作業が進んだような気がします。

というか実際に進んでました(笑)。
よく見ると、前回までは見えていた捨てコン及び基礎の外周に掘られていた溝(雨で水溜りができていました)が、きれいに埋め立てられています。
そして真ん中に積み上げてあった土が見えなくなってる[目]!!ということはやっぱりあそこにあった土を埋め戻しに使ったのかなぁ?それにしては土の色が妙に白いけど・・・と不思議に思っていると、先輩職人さんが説明してくれました。

外周を埋め戻す際に、確かに真ん中にあった土をいくらかは使ったとのこと。
でも、実際はその土にコレ↓を大量に混ぜて入れてます、と彼が指差した先にあったのはコチラ!

IMG_2507.jpg

これ、何かわかりますか??
答えは“火山灰”です。
思わず私も相棒殿も「えーっ[がく~(落胆した顔)]!!」と声を上げてしまうほどビックリ。まさか火山灰を使うなんて!

先輩職人さん曰く、本州では基本的には砕石を混ぜて土台や外周を造ることが多いのだとか。でも北海道の場合は冬に土が凍りついてしまうので、それに耐えられる土を造るため主に火山灰を使うのだそうです。

自宅に帰ってネットで調べて見ると、火山灰は水を含むと粘土質に変わるので、土をより強固なものに締め固めてくれるという記載を発見。
なるほどねー、火山灰が入っている方が雪に埋もれる北海道の土にはピッタリなんだ~[ぴかぴか(新しい)]
写真を見る限りでは、外周がまるで砂浜のように見えます(笑)。

しかもこの火山灰、外周を埋めてもまだ写真のように結構大きな山が残っています。
これはどうするんだろうと思っていると、先輩職人さんが「この山の分は、庭の草を取り除いてその部分の土に混ぜようと思って多めに持ってきてもらいました[わーい(嬉しい顔)]とのこと。
え?それって庭土が火山灰入りになるってことだよね??
しかも草も取り除いてくれるってマジ?!

あ、ありがとう~~~(感涙)!!!

本当に心底うれしいです[ハートたち(複数ハート)]
私も相棒殿も、例え竣工が12月とはいえ、この庭の草がこのまま伸び続けたらどうなるのか不安でいっぱいだったんですよね(笑)。
本格的に雪が降り積もってしまう前にはこの土も庭の土に混ぜてくれるみたい。
楽しみです[るんるん]

それから、見に来られなかった数日間のうちに配管工事も行われていました↓

IMG_2510.jpg

間取り図どおり、水回りのあたりからニョキニョキと配管が顔を出しています。
その上に写真のように場所の名前が書いてあって、ちょっと笑えました(笑)。

しかしいろんな先輩blogにも書いてありましたが、地縄や基礎工事の段階では本当に狭く見える~[ふらふら]!!
むしろこうして工事が進むにつれて、どんどん小ささが強調されているような気がします(^^;;;。まぁもともと本当に小さい家なので、上棟して建ち上がっていったら気にならなくなるかな??
たとえ小さくても楽しい我が家にしたいものです[黒ハート]

《メモ》280mlのペットボトルのお茶と缶コーヒー各2本づつ差し入れ
nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工9日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月9日(水)

着工後、2度目の現場訪問です。
この日は平日ということで私一人。初めて一人で行く上に作業されている職人さんと会うのも初めてで、かなり緊張しました[ふらふら]
正直な話、前の日までちょっとブルーになっていたくらい(笑)。

私はどちらかというと人見知りタイプなんですよね~。
その辺を歩いている人に声をかけるのは何とも思わないのですが、一生懸命仕事をしている人に声をかけて、作業を中断してまで相手をしてもらうのはとても気が引けます。
そう思うと一人で行くのは結構ツライかも・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、おそらく私より何倍も見たいと思っている相棒殿がガマンしているのだから、相棒殿の代わりに私がきちんと見て報告しなくては!!
と勇気を振り絞って(笑)出かけてきました。

前回の訪問から4日後、現場はこうなっていました↓

IMG_2490.jpg

おっ!ブルーシートで覆われていた部分が見えるようになり、さらに外枠が造られ始めていますね~[ぴかぴか(新しい)]
でも相変わらず真ん中に土が盛られていて、そこは特に変化なし。

初めてお目にかかった基礎工事担当の職人さんは2人。
どう見てもどちらも私より若い・・・[がく~(落胆した顔)]。しかも雰囲気は“ガテン系イケメン”という感じで、私にはEXILEのメンバーにしか見えません(笑)。
そんな頼りがいのありそうな先輩職人と寡黙な後輩職人さんは、私が挨拶すると元気に挨拶を返してくれて、ちょっとホッとしました。

作業を中断させたくなかったので、写真のOKだけもらってから一人で撮影[カメラ]
すると、1ヶ所気になる点を発見。
それがコチラ↓

IMG_2483.jpg

前回訪問時に養生していた捨てコンです。
表面はすごくきれいに出来ているように見えるのですが、サイドの黄色い円の部分がよく見ると凹んでいるんですよね。

んー・・・これは職人さんに聞いてみるべきなのか・・・。
人見知りな性格が発揮されて(泣)モジモジしていると、先輩職人さんがズバリのタイミングで「きれいにできてると思いますよ![わーい(嬉しい顔)]」と笑顔で声をかけてくれました。
う・・・っ!!そう先手を打たれてしまっては「あそこ歪んでますよね?」とは聞けない・・・。
仕方がないので写真だけ撮って持ち帰り、相棒殿に相談することにしました。

この日の夜、相棒殿と話したときは「そんなに問題視することはない」という結論に達したのですが、やっぱり気になる私。
数日後に設計のAさんに会った時に思い切って聞いてみると、“捨てコンは表面を正確に平らに造るのが目的なので、サイドは多少歪んでいても大丈夫です”とのこと。ネットで調べてみてももっとひどい状態の画像などもUPされていて(それでも問題なし)、すごく安心しました。

『捨てコンはあくまでも表面の平らさが重要』

ハイ、勉強になりました(^^;;;。
それがわかると、先輩職人さんが「きれいにできている」と言ったのは表面のことだったんですね。
あの場ですぐに聞いていたら悩むこともなかったな~(笑)。でもそれが私の性格なので仕方ありません。テヘ[黒ハート]

ちなみに上の写真で捨てコンの横に思いっきり水が溜まっていますが、前日にこの地域にかなり雨が降った模様です。
職人さん曰く、「今日の最後にポンプで全て水を汲み上げてしまうので安心してください」とのことでした。
捨てコンの歪みにばかり気を取られて、水のことは全然気にしていませんでしたが(←オイオイ)、言われてみれば結構な量。お願いしますと答えて現場を後にしました。

昨日まで「一人で行くのヤダな~」と思っていたのがウソのように楽しかった現場見学[ハートたち(複数ハート)]
来週一人で行くときもやっぱり同じようにブルーになるかもしれないけど、がんばらなくては!

《メモ》280mlのペットボトルのお茶2本差し入れ
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工5日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月5日(土)

地鎮祭の記事をようやくUPできた~[わーい(嬉しい顔)]と思ったのもつかの間、次はもう5日目です(笑)。
本当なら事前着工(杭打ち)初日や本体着工初日もカメラに収めたいと思ってはいたのですが、時間が合わずに断念。

いかんせん現場が遠いんですよねぇ・・・[ふらふら]
今私が住んでいるところから現場までは、最低限の交通手段で行き、30分見学して一切寄り道をせずに帰ってきても“4時間”かかります。
しかも背中リュックには、何人いるかわからない作業員さんたちのドリンクを背負っているわけで(笑)、今ほど「車がないってツライ[もうやだ~(悲しい顔)]」と思ったことはありません(^^;;;。

先輩blogをいろいろ拝見していると、“毎日見に行ってます”とか“朝夕寄っています”と書かれている方も多くて、うらやましい限り。
今しか見られない作業の様子を細かくチェックできるに越したことはないけど・・・でも私たちは私たちのできる範囲でやればいいんだもんね!ねっ、相棒殿(笑)!!

事前着工は9月1日で、本着工は9月4日でした。
それぞれ生産のIさんから相棒殿へ報告[携帯電話]は入っていましたが、具体的にどんなことをしたのかはよくわからなかったんですよね。
すごくドキドキして向かった現場は、予想以上に進行中!
というわけで、5日目の現場です↓

IMG_2465.jpg

この日はあいにく作業はお休み。
左右と前面はフェンスで囲まれていて(背面は更地なのでフェンスなし)、ひと気はありませんでした。
フェンスにはしっかり鍵もかけられていたので、安心な反面せっかく来たけど入れずじまい・・・。
それでもいっぱい写真を撮りました[カメラ]

5日目までの工程としては、杭打ちをして基礎の捨てコンを入れ、それが落ち着くまで養生するという流れ。
上の写真のようにブルーシートの真ん中に土がたくさん残っていたので、一見作業がどうなっているのかわかりませんでした。
でもよくよく見てみると・・・

IMG_2476.jpg

チラッとではありますが、確かにブルーシートの下にコンクリートを発見[ぴかぴか(新しい)]!!
おうちづくりが進んでいることを実感できたのでした。

ただ、この真ん中の土がどうも気になる・・・。
あんまり他の建築blogでこんな様子を見たことがなかったので、相棒殿が生産のIさんにその場で電話して確認。
Iさん曰く、これらの土は基礎の埋め戻しに使い、あとは掘り出してしまうとのこと。これだけ大量の土が果たして本当にベタ基礎のときにはなくなるのかな~??と疑問に思いつつ、ひとまず進展を見守ることにしたのでした。

現場の中には入れないので、外をウロウロする私と相棒殿。
フェンスにはこんな看板が!

IMG_2458.jpg

おおおー!!
建築blogでよく拝見する[ぴかぴか(新しい)]『○○様邸新築工事』[ぴかぴか(新しい)]の看板です。

実は私たちは、事前にこの看板について住林側にあるお願いをしていました。
それは“名前掲載を伏せて欲しい”ということ。
以前私の実家がリフォームをしたとき、どうやって調べたのか家関係のダイレクトメールやセールスの電話がすごく増えたんですよね。
この看板がその原因だとは言いませんが、そういうわずらわしいものはなるべく避けたくてお願いしたのです。

結論からいうと、今回は苗字だけ載せてもらってます。
住林曰く、昔は不掲載でも良かったのですが、今は建築基準法の関係で完全な伏字はアウトとのこと。どっちにしても下の方にはフルネームを入れなくてはいけないという規則なので、苗字だけにしても意味はないかもしれませんが(笑)、納得しています。
実際着工したとたんに地元のお店からダイレクトメールが・・・(笑)。

他にはこんな看板も。

IMG_2461.jpg IMG_2462.jpg

現場の安全・管理の徹底を図る掲示板(?)です。
うんうん、守って当然なこともしっかり書いてあって安心!
しかも我が家に初きこりん登場~[るんるん]以前、“わんこと一緒にきこりんハウス”のらぴまっくさんから「フェンスのきこりんはシールというトリビア(←古っ)を教えていただいていたので触ってみると、本当にシールでしたーーー(笑)!!!

きこりん、我が家がこれから無事におうちが建つまで守ってね[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あっという間に地鎮祭! [地鎮祭~基礎工事]

8月30日(日) 大安

どうしよう、どうしよう!!ついにこの日が来ちゃいましたよ~!!!

[ぴかぴか(新しい)]地・鎮・祭[ぴかぴか(新しい)] ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ

着工合意からほぼ1ヶ月。
本当にあっという間な感じです。この期に及んで全然実感わかないんですけど大丈夫(笑)??
と一抹の不安を抱きつつ、この日は朝から地鎮祭ということで、少し早めに現地に向かいました。

今日の参加者は施主である私たちと相棒殿のご両親、住友林業からは営業のSさんと我がチーム住林のニューフェイス生産担当のIさん”です。
生産というのは工事管理をする担当のことで、これから先我が家が完成するまでのことを取り仕切ってくれる人。営業のSさんに代わり進捗状況の報告や疑問質問の窓口となるので、どんな人が担当になるのかずっと気になっていました。

「よろしくお願いします」
と現れたIさんは、ほんわか~[かわいい]とした感じの人。
でも説明や物腰はとても丁寧できちんとしていて、頼りがいはとってもありそう!
前もって設計のAさんから話は聞いていたのですが、思っていた以上に憎めない感じで(笑)、私も相棒殿も一目で気に入ってしまいました[黒ハート]
うん、この人が管理してくれるならきっと良いおうちができるに違いない!!

挨拶もそこそこに、いよいよ地鎮祭。
今回私たちは全てを住林にお願いしていたのですが、実際は神主さんが全てを用意してくれたみたいです。
組み上げられた祭壇には立派な品々がこんなにたくさん!!↓

IMG_1353.jpg

新鮮な野菜に丸ごと一匹の鯛、つきたての鏡餅にてんこ盛りの果物。お酒やスルメ、米もあります。
さながら結納品のよう・・・(笑)。
本来ならばこういうものは施主側が用意して神主さんに持って帰ってもらうそうなのですが、今回は全て私たちがいただいて帰りました(しばらく買い物に行かなくてもよくなったので助かりました・・・エヘ[るんるん])。

私たち2人が祭壇の正面に立ち、後ろに相棒殿のご両親、さらに後ろにチーム住林が並びます。
祝詞やお清め等の儀式のあと、先輩blogでよく拝見していた“鍬入れの儀”を行いました。
どんな儀式かというとこんなの↓

IMG_2447.jpg

TVとかでもたまに見ますよね?「エイエイエーーイ」と言いながら3回鍬を土山に差し込むというものです。
これについては、私はてっきり施主代表(今回でいえば相棒殿)だけが行うのだと思って写真撮影に勤しんでいたのですが、すぐに名前を呼ばれて大慌て[がく~(落胆した顔)]。結局、私も相棒殿のご両親も行いました。
でも、この時ようやく「本当に地鎮祭をやってるんだ~[ハートたち(複数ハート)]」と実感できた気がします。

その後もいくつか儀式を行い、だいたい30分くらいで無事終了。
地鎮祭というのは、その土地の神様に「この土地を使わせてください」とお願いするというもの。私も相棒殿も、これから先、願わくば一生この地で生きていくつもりでいるのでどうぞよろしくお願いします、としっかり神様にご挨拶しました。

地鎮祭が終わったら次は配置確認です。
配置確認というのは、実際の土地の上でどこに家を配置するかをチェックするという工程。
すでに設計のAさんと何度も話し合って決めていますが、それで本当に良いのかどうかを確認するんですよね。

基本的には設計図通りで問題なし。
ただし、すでに建っている左右の家と比較して、土台の高さは少し上げてもらいました。
10年ほど前に区画整理されたこの地域は、ほんの少しだけ階段状に土地が整地されているんですよね。我が家も南側より数センチ下がっています。
万が一雨水がたまるようなことがあっても嫌なので、対応してもらいました。

ちなみに以前心配していた建築中のお隣さんとの位置関係についても、確かにお隣はずいぶん南に家を寄せて建てていますが、ありがたいことに我が家側に面して窓が一切ありません!
日照についても、朝方は東の窓が日陰になるかも知れませんが、リビングの大型窓は西側に寄っているのできちんと日が入りそう。
むしろ我が家の庭が独立した感じになって満足です[わーい(嬉しい顔)]

次は“ご近所への挨拶まわり”
ある意味これが一番緊張しますが、日曜の朝ということもあり在宅率はほぼ7割。周辺の6軒を回って挨拶させていただきました。
雰囲気的に私たちが一番若手・・・かな(笑)??
でも優しそうな方が多くてホッと一安心です[わーい(嬉しい顔)]

トータルでだいたい1時間半ほどの地鎮祭&挨拶回りとなりました。
これでようやく実際形になるおうちづくりがスタートです!!!

あ、最後に一つ。
今回の地鎮祭は全て住林にお願いしましたが、その際神主さんへのお礼として3万5千円[有料]を用意するよう言われていました。
要するにこれが地鎮祭の費用ということです。

IMG_2433.jpg

営業のSさんからは「金封は百均のものでいいですよ~」と言われていましたが、近所の百均では売ってませんでした(笑)。
仕方がないのでたまたま見かけた印鑑・贈答関係のお店で尋ねてみると、「赤白の(水引の)玉串料っていう金封は取り寄せなの~」とのこと。
なので、お店の方が書いてくれました!!

私たちの名前ももちろん入れてくれて、筆耕料は無料[ぴかぴか(新しい)]。金封代の120円だけお支払。本当によかった~!助かりました[黒ハート]
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
地鎮祭~基礎工事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。