So-net無料ブログ作成
検索選択

和室での楽しみ [内覧会]

おうちづくりを進める中で“和室を作る”と決めたとき、出来た暁にはどうしてもやりたいことがありました。
それは何かと言うと・・・[ぴかぴか(新しい)]壁を飾る[ぴかぴか(新しい)]ということ。

我が家の和室の使用目的は、基本的に来客用寝室です。
普段は私も相棒殿もあまり入ることはないし(もちろん窓の開け閉めはするけど 笑)、使用頻度も低いのですが、せっかく作った和室に何もしないのはもったいない!!と思っていたんですよね。

まだ住林と話を始めたばかりの頃、たくさんの先輩blogで勉強させてもらっていました。
そのとき、どなたかのblogで、玄関正面の壁に大きなタペストリーがを飾られているのを拝見。見た瞬間「コレだ[目]!!」と直感しました。
自分たちの家のどこかをこんなふうに飾りたい[ハートたち(複数ハート)]、と私の中の情熱の鳥が目を覚ましたわけです(ってこのフレーズでピンとくる人いるかなぁ 笑)。

そしておうちが完成して引越し、お正月・・・とバタバタしていましたが、春になってようやく和室に手をつけることができました。
早くUPしたいよ~[ふらふら]と思っていたのに庭にばかり夢中になって遅くなってしまいましたが、せっかくなので順々にUP[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

まずは《春Ver.》

IMG_3757.jpg

わかりますか?
和室の中でこだわった色壁の一角に、縦型の手ぬぐいをIN[るんるん]
我が家では予算的にもサイズ的にもタペストリーより手ぬぐいだな、ということで採用。
本当は縦横兼用の専用額が欲しかったのですが、お値段がちっともかわいくないので(笑)、とってもリーズナブルなこちらの額をチョイス

手ぬぐいにズームイン↓

IMG_3758.jpg

お店で見かけて一目惚れした一品。
手ぬぐいの超老舗かまわぬさんのものです。
色使いといい、お内裏さまとお雛さまの優しくて落ち着いた表情といい、見ていてとても心安らぐなぁ[わーい(嬉しい顔)]と思って即決しました。
和室の色壁ともピッタリはまっていたので、4月ごろまで飾っちゃいました(笑)。

次は《夏Ver.》

IMG_4170.jpg

なぜか引きの写真を撮っていなかったので、手ぬぐいの写真のみ。
夏と言えばモチーフもいろいろあって、花火だったりスイカだったり朝顔だったりが多いのですが、私としては長く使える柄を探していました。
しかも暑苦しくない色使いを希望。
そんなとおき見つけたのがコチラ↑のへちま柄でした。

正直、色壁との組み合わせとしては難しいかな~??と思いつつ買ったのですが、飾ってみたら意外にも違和感なし!
へちまの色が淡かったので、あまり自己主張することなく納まってくれて良かったです。

そしてコチラ↓が現在の和室。
《秋Ver.》

IMG_4191.jpg

今までにない色合いでチャレンジしてみました[手(チョキ)]
エンジの壁に濃紺の手ぬぐい。
ズームインするとこんな感じ↓

IMG_4193.jpg

これは先日母が来道したとき、うまく誘導して(笑)お気に入りの手ぬぐい店へ出かけ、おねだりしてしまいました(イヒ)。
他にも秋柄があったのですが、なんとなく秋の手ぬぐいは甘さよりもしっとりした柄のほうがピッタリくる気がして、大きな満月とススキの穂が揺れるこちらをチョイス。
自分でも大満足しています[黒ハート]

飾り始めてから、和室の扉はずっと開けっぱなしにするようになりました。
朝起きて和室の前を通り過ぎる度、手ぬぐいに目をやりホッとする自分がいたので。

数少ないお客さまにも好評をいただいてます。
特に相棒殿の母上様には、女の子がいると、こんなふうにしてくれていいわぁ[わーい(嬉しい顔)]と男ばかり育てた経験からか、非常に新鮮に受け止めてもらえました(笑)。

私の性格上、そんなにしょっちゅう変更したりできないので(ズボラだから[あせあせ(飛び散る汗)])、1枚の手ぬぐいを長く楽しんでいきたいと思っています。
でも季節を感じる柄は積極的に取り入れて、また新しいものを飾ったらその都度UPしていきますね[ぴかぴか(新しい)]
nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。