So-net無料ブログ作成
検索選択

お風呂編 [内覧会]

今日はお風呂[いい気分(温泉)]のご紹介です。
とはいっても、お風呂はユニットバスなので、完全に出来合いのもの(笑)。
何かオプションでつけたり・・・ということがほとんどないので、我が家が採用した“日立ハウステック(現・ハウステック)”さんのバスが気になる方にしか参考にならないかもしれません(^^;;。

まずは私の下手な腕で撮った全景(のつもり)の写真をどうぞ↓

IMG_3500.jpg

・・・えぇー??という不満の声が聞こえてきそうだなぁ(笑)。
我が家は、バスの向きに対してドアが平行に設置されるような間取りになっています。
だから中へ入って写真を撮ると近すぎて入りきらないし、ドアから外へ出たらドア枠がジャマして全部入らないし、うまく撮れません・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

バスの形は完全長方形。
今は楕円やひょうたん型もありますが、相棒殿がガンとして「長方形じゃないとヤダ[パンチ]と譲らなかったので、住林標準の中で唯一の長方形である日立をチョイス。

浴槽の中は半身浴がしやすいように段がついていて、私はとっても気に入っています[黒ハート]
ちなみに縦の長さは、身長約160cmの私には余りまくり。気を抜くと滑っておぼれそうです(笑)。
でも約180cmの相棒殿にはちょうどよいくらいで、以前住んでいたマンションの狭い浴槽から考えると、とっても快適。

中を撮ったのがコチラ↓

IMG_3503.jpg

洗い場正面のつくりはこうなっています。
鏡は縦を選びました(というか横にもできると知らなかった 汗)。
あれほど「イヤだ~[がく~(落胆した顔)]!!」と思っていた緑の2段棚ですが、棚を支える枠(?)が白く、正面から見るとグリーン×ホワイトに見えて思ったほどイヤではありません。いやー、ホントよかった(笑)。

ちなみに壁は、この鏡やシャワーがついている一面がピンクで、後は全てホワイトをチョイス。
展示場で見かけたピンクがとても優しい色合いで、夏でもうっとおしくなさそうだったので決めました。冬の今は、暖かみが増してなお良しです[わーい(嬉しい顔)]

細かい部分へズームイン↓

 IMG_3508.jpg  IMG_3505.jpg

このユニットバスの中で唯一のオプション、“風呂フタフック”です。
まだおうちづくりを始めてまもない頃、たくさんおじゃました先輩blogの中で、つけていらっしゃる方がいたんですよね。確かその方は(日立ではなかったので)オプションではなく標準でついていたと思うのですが、見た時「便利そう~[ハートたち(複数ハート)]」と感心したのです。

で、設計士のAさんに相談したところ、オプションで・・・と言われ渋々(笑)採用。
札幌には日立のショールームがないので実物が見られなかったのですが、結果としてはつけてもらって正解!
掃除をするにも邪魔にならないし、倒れてくる心配もないので安心です。

写真左はフタを置いていないときの状態。
写真右は、フタを置いたときの状態(写真では置いていませんが)です。
手前にパカッと引き出せば良いのですが、ちょっとチャッチイ造りで(笑)、乱暴にすると外れてしまわないかとヤキモキ[がく~(落胆した顔)]させるのが唯一の難点(^^;。

他にもズームイン↓

 IMG_3509.jpg  IMG_3510.jpg

写真左は洗い場の蛇口です。
私は基本的に顔を洗う時も体を洗う時もシャワーを使うので、入居してしばらく経つまで通常の蛇口がついていることに気がつきませんでした(笑)。
この写真でもすごくわかりづらいのですが、長いバーの中央左側に、チラリと出ている部分が見えますよね??これがバーの真下についている普通の蛇口です。

正直、真下ということもあって低すぎて[バッド(下向き矢印)]ほとんど使っていません(笑)。
今はまだ椅子も使っていないのでよいですが、椅子を使い始めたらもっと使わなくなるだろうなぁ・・・。

写真右はお風呂の中と外についている、専用モニター
ボタン一つでお湯を溜めてくれるのはすごく便利ですが、最初は数字だけでは判断できず、失敗を繰り返しました(笑)。
今は42℃170mlで落ち着いています[るんるん]

床にもズームイン↓

 IMG_3514.jpg  IMG_3513.jpg

写真左は洗い場の床です。
できればカラリ床にしたい・・・[るんるん]と思ったこともありますが、今の家は乾燥しがちなので、ドアを少し開けていたらすぐ乾いてしまいます。
よーくみると滑り止めもかねた細い格子が入っているし、比較的はっきりした格子も線が少なくてカビにくそうだし、掃除しやすくて助かってます。

写真右は排水溝のフタを取った状態。
これまたくるりんポイにしたい・・・[るんるん]と思ったこともありますが、くるりんポイ並にゴミや髪の毛を取ってくれるので全然不満はありません。
とにかくどちらも、前のマンションに比べたら雲泥の差!!これ以上望んだらバチが当たると言うものです(笑)。

というわけでお風呂編は終了。
前は狭いし掃除はしづらいし・・・ということでシャワーばかり使っていた私と相棒殿。
新しいおうちに来てからは、水道代を気にしつつも(笑)、この快適なお風呂にお湯を張って入っています。寒い季節には極楽[ぴかぴか(新しい)][いい気分(温泉)][ぴかぴか(新しい)]
nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

U.T編 [内覧会]

結局ちっとも積もらなかった私の住んでいる地域。
なので朝から室内をバリバリ掃除して、ちょっぴり運動不足を解消したくっしーです(ニヤリ[ぴかぴか(新しい)])。

さて、今日はUTをご紹介。要するに洗面所ですね。
なるべく使い勝手が良いように・・・と思って設計したのですが、意外に広々としてしまい、ちょっともったいなかったかなぁ[ふらふら]と思っている場所。
でも狭いよりは全然OK!動きやすい空間になりました。

まずはUTと言えばコレ!の洗面台からどうぞ↓

IMG_3494.jpg

どうしても標準の90cmではガマンができず、幅広さを求めてINAXの120cmをチョイス。
でも結果としては大正解!120cmでも「もうちょっと長かったらいいなぁ」なんて贅沢なことを考えてしまうくらいなので(^^;;、これを選んで良かったです。
ちなみに鏡は三面鏡、引き出しは4つで上段2つはやたら浅いです(笑)。

細かい部分にズームイン↓

 IMG_3495.jpg  IMG_3498.jpg

写真左は、以前記事にも書いた“鏡と干渉しそうなタオル掛け&そのタオル掛けと干渉しそうなスイッチプレート”です。
上の洗面台の写真にも写っているので様子はわかると思いますが、スイッチはやはり結構な高さ[グッド(上向き矢印)]となりました。
でもタオル掛けも位置調整をしっかりしたのでギリギリ大丈夫!結果オーライです。

写真右は配電盤
入り口の真上にあるのですが、フタのデザイン等が本州で建てられた住林のおうちとはちょっと違います。
なんでだろう??ニューデザインなのかな?
でもこの写真はフタが開いているのでわからないですよね(笑)。機会があればいずれご紹介したいと思います。

次はコチラ↓

IMG_3489.jpg

洗面台の真後ろに造作してもらった稼動棚です。
これが・・・めちゃくちゃ便利(笑)。
奥行きは約25cmと浅めですが、高さや棚数があるし、圧迫感がなくて気に入っています[黒ハート]
しいて言えば全開なので、一時期検討しかけたロールスクリーンがあったらなお良し。今後の問題になりそうです。

そして今度はコチラ↓

IMG_3492.jpg

設置中に一度ご紹介した、温水器と洗濯機スペースです。
温水器についてはまた別記事にUPしようかと思っていますが、現時点で我が家の[ぴかぴか(新しい)]一番の問題児(笑)[ぴかぴか(新しい)]
もうちょっとおとなしくなってくれることを切に願います・・・(--;;。

洗濯機スペースは、充分な広さが確保できました。
今は全自動を使っていますが、遠い将来もしドラム式に買い替えても大丈夫、とのこと。
最後の最後で「どこにつけますか?」と相談してもらえたホースの排水口(笑)も、指定した場所にきちんとつけてくれていました。

ちなみに洗濯機の横にあるのがコチラ↓

 IMG_3490.jpg  IMG_3491.jpg

写真右が全景ですが、これもパネルヒーター
リビングやダイニングについているものとは、デザインがまったく違います。
そして私はこのデザインが一番好き[ハートたち(複数ハート)]

以前、いつも遊びに来てくださるらぴまっくさんが、ご自身のblogで似たようなアイテムを紹介していらっしゃいました。
らぴまっくさんが希望していたのは“タオルウォーマー”で、壁補強が必要な品とのこと。
その記事を拝見した時、「ウチのUT用のパネルヒーターに似てるなぁ[目]」と思ったんですよね。それが上の写真の品です。

でもこれは壁補強は必要ないし、直接タオルをかけることもできます。
設置方法は似てると思うのですが、壁補強の有無はいったい何が違うんでしょうね~??>らぴまっくさん
ちなみに写真右が、オプションでつけてもらった専用のタオル掛け
使いたい時だけ垂直に起こして掛けることができ、複数枚掛けていてもしっかり乾く優れものです。

最後にUTからの眺めをご紹介。
使い勝手向上を考えて、UTには2ヶ所ドアをつけました。キッチントイレと回遊性を持たせるためです。
そんなドアからはこんな風に見えます↓

 IMG_3512.jpg  IMG_3499.jpg

写真右はキッチンへ抜けるドア。
写真左は2階へのリビング階段を含む通路へと抜けるドアです。
UTの床はサニタリーフロアですが、色はメジロカバに一番近いものをチョイス。そのことにより、違和感なく部屋をつなぐことができ、統一感を生み出すことができました。ホコリも目立たないし一石二丁です(笑)。

あ、もう1つおまけの写真。

    IMG_3515.jpg   IMG_3518.jpg
IMG_3516.jpg

UTに設置されたスイッチの数々
上段左は、無落雪の屋根用のスイッチで、屋根から溶けた雪が流れ落ちるダクトを24時間暖めてくれています。初冬の頃、このスイッチ(とブレーカー)を入れ忘れると無落雪が機能せず、相当痛い目にあうこと間違いなし(笑)!!今年は大丈夫ですが、次の冬は気をつけなくっちゃ[パンチ]

上段右は温水器に設置されている暖房(パネルヒーター)用スイッチ
まだ取扱い説明書を読んでいないので何とも言えませんが(汗)今「60」と出ている数字を下げる[バッド(下向き矢印)]と電気代も安くなるようです。
うまく付きあっていきたいなぁ・・・しみじみ。

下段は24時間換気のスイッチ
写真のように引渡されたときは「通常」運転をしていたのですが、乾燥がニガテな私たちは現在「弱」運転させています。
弱でも結露はほとんどないし、そう寒さも感じないし全然OK。おかげで空気清浄機や加湿器は使わないですんでいます[わーい(嬉しい顔)]

毎度のごとく長くなりましたが、以上でUT編は終了。
次回はお風呂をご紹介します。
nice!(7)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

キッチン編 [内覧会]

今朝から天気が荒れている北海道
明日の朝は除雪かな~??わくわく(笑)[黒ハート]

というのはさておき、今日はキッチンをご紹介。
キッチンと言えば主婦の城といわれますが、今のご時世、ダンナ様がキッチンに立つこともあるでしょうし、いろいろなパターンが考えられますよね。
我が家の場合は“基本的には私が標準。でも相棒殿にも使い勝手が良く、なおかつ来客者にも自由に立ち入ってもらえる場所”をコンセプトにしました。

ここって、なんとなくあまり見せたくない場所というイメージがありますよね??
でも私は、「家族や友だちに自由に使ってもらって、勝手に扉を開けたり冷蔵庫の中のものを取り出したり、まるで自宅のようにくつろいでもらいたい」と常々思っていました。
もちろんそのためには掃除も不可欠ですが、まぁそれはそれで・・・(笑)。

そんな希望を叶えてくれたキッチンがコチラ↓

IMG_3560.jpg

正面から見たらこうなっています。
ちょっと引きで撮りすぎてしまいましたが(笑)、手持ちの家具家電を持ち込むとわかっていたので、それをふまえての設計。
吊戸棚代わりの背面2段カウンターも、明かり取り用のFIX窓も、コンセントの位置も全てきっちり家具等にあわせてもらいました。

横から見たらこんな感じ↓

IMG_3528.jpg

写真左奥がIHとレンジフード、窓をはさんで右奥がパントリー。
手前左がシステムキッチンで、向かい手前右が食器棚等を置くために空けてもらったスペースです。

真ん中の窓はかなり悩んだ場所[ふらふら]
まず透明にするか型ガラスにするかで悩み、次にロールスクリーンをつけるかどうかで悩みましたね~・・・。結局、火に近い場所なのでスクリーンはなし&夏の陽射しを考えて型ガラスで落ち着きました。
ちなみに窓のある壁一面とシステムキッチンの前の壁&カウンターは、すべてキッチンパネルになっています。

システムキッチンはこんな感じ↓

IMG_3522.jpg

ほぼ一目惚れで決めたと言っても過言ではない、EIDAIのキッチン[ハートたち(複数ハート)]
人気の人造大理石を横目に、昔ながらのステンレスをこよなく愛する私(笑)。そうなると自然にEIDAIに絞られました。
色は浮造りのsencha。“浮造り”の質感や触り心地に惹かれて決めました!ただ汚れやすそうという点から、色は目立たないsenchaをチョイス。もともと好きな色だったので気に入っています[わーい(嬉しい顔)]

ところで左端に見える化粧版
実はここ、設計上では前のカウンターがそのまま繋がってくるようになっていました。
前のマンションがそうなっていて、水はねを防いでくれて使い勝手が良かったんですよね。
でも生産のIさんが図面を読み間違えて、カウンターではなくキッチンに合わせて化粧版をつけちゃって・・・(笑)。

最初に間違いに気付いた時は「また勝手に変更?!Iさんのバカぁぁぁ[ちっ(怒った顔)]!!」と内心ご立腹だったのですが、よくよく見てみると意外にこれも悪くない。
高さがカウンターより低いので、圧迫感や仕切った感がなくてそれはそれでいいかも・・・?と思い直し、「今なら変えられます[がく~(落胆した顔)]」というIさんの言葉を却下して、間違ったものを採用ということになりました。
災い転じてナントヤラで、今はすっかり気に入っています(笑)。

細かい部分にズームイン↓

 IMG_3542.jpg IMG_3543.jpg

写真左はシンクです。
特に何もオプションはつけなかったので、標準仕様そのまま。当然蛇口も標準品。
でも・・・賃貸マンションの小さなキッチンを使っていた身としては、充分すぎるほどの広さと設備(笑)!!
広さに関しては、本当に感動的[ぴかぴか(新しい)]です。食器の洗いかごが丸々入ってなおかつ余るなんて、以前だったら考えられないもんね(^^;。

写真右は生まれて初めての食洗機
なかなか使う勇気がわかなかったのですが、普段使っているという親友のCちゃんが遊びに来てくれた時、すかさず教わりました(笑)。
普段は2人分の食器しか使わないので手洗いで充分ですが、人が集まった時にはとっても重宝しています。

次はコチラ↓

 IMG_3534.jpg IMG_3524.jpg

写真左はサービスでつけてもらったIH
賃貸マンションにいた頃はグリルがついていなかったんですよね。だからこちらも食洗機同様使う勇気がわかず・・・(^^;;。
追々ゆっくり慣れていくつもりです。

ちなみにそのマンション時代には、2口IHを使っていました(オール電化だったから)。
ある日住林のショールームでキッチン仕様の説明を受けていた時、IHは手で触っても熱くないと聞いたんですよね。
でも我が家のは普通に熱くなる・・・なんで??と不思議に思っていたら、なんと2口ラジエントでした(笑)。

その事実に衝撃を受けつつも、ある意味ラジエントについてはプロ並の実力を手に入れた私(ニヤリ[ぴかぴか(新しい)])。今回採用したIHには1口ラジエントが付いているので、今後愛用していきたいと思っています。

写真右は以前から何度か記事にも書いてきた、造作してもらった調味料入れ
最初はEIDAIのステンレス製を勧められましたが、周囲との一体感が欲しかったのでキッチンパネルで作ってもらったのです。
これが・・・すごくイイ!!高さを1cm上げてもらって13cmにしてもらった(EIDAIは12cm)のですが、調味料BOXの高さや醤油差しの高さにぴったりで本当によかったです[ハートたち(複数ハート)]

次は気合を入れた箇所の紹介↓

 IMG_3533.jpg IMG_3529.jpg

写真左は、これこそ何度も記事に書いた2段の造作棚
養生も外れて、私の理想が見事に形になりました!!
最初は安い薄めの板でちょっと棚を2ヶ所つけてくれたらいい・・・と思っていたのですが、生産のIさんが「よく見える場所なのできちんとしたものを![パンチ]」と熱心に勧めてくれて、メイプルの1枚板を採用となりました。

実はここも、結果的に[ぴかぴか(新しい)]サービス[ぴかぴか(新しい)]となりました。
Iさんにはご内密に・・・と言われていたけど書いちゃった(笑)。
メイプル板なので、1枚が結構なお値段だったんですよね。2ヶ所だと完全に予算オーバーで困っていたら、最終的にはそういうことになりました(うふふふ[手(チョキ)])。Iさん、ありがとう!!

写真右はこれまた私がこだわった、キッチン背面のFIX窓です。
以前完成見学会でおじゃましたお宅にも同じような窓があって、それがとってもステキだったんですよね。
この木の枠をつけるだけでオプション扱いという事実に凹みつつも(笑)、なんとかイメージどおりになりました。
実際、とっても光が差してきて明るいのなんの!西に面しているのですが、型ガラスだから光がキツくないし、とても気に入っています。

最後にご紹介するのがパントリー

  IMG_3539.jpg   IMG_3536.jpg

写真左が普段はこういうふうに見えます、バージョン。
パントリーはおうちづくりを考え始めた頃から絶対欲しくて、早い段階で設計士さんにお願いしていたアイテム。
中には換気扇がついているのですが、回していなくても非常に低温な状態が保たれています。
正直、扉を開けると寒い・・・(笑)。Iさん曰く、「ここは外だと思ってください[ふらふら]とのことだったので、第二の冷蔵庫と呼んでいます。

写真右が扉をあけたら、バージョン。
ここにも稼動棚を設置してもらったので、とにかく収納力はバツグン[グッド(上向き矢印)]
先にも書きましたがとにかく中が低温なので、お酒や水の缶やペットボトルを置いておくと、そのまま飲んでも充分冷たいくらい。
だから冷やさなくて良い物も含めて、手当たり次第入れています(笑)。

以上でキッチン編は終了。
今日は写真よりも文章の方が断然多いです・・・。
重ね重ね読みづらくてごめんなさい[あせあせ(飛び散る汗)]。書きたいことが後から後から出てきて、つい全部書いちゃいました(><)。
もし何かご質問等あればお待ちしています。
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

リビングダイニング編 [内覧会]

B’zのライブですっかりストレス発散&楽しすぎて(踊りすぎて)上半身筋肉痛のくっしーです(←年齢を感じる・・・笑)。

さて、今日は予告どおりダイニングを紹介・・・と思ったのですが、我が家は間取り上リビングとダイニングの一体型になっているので、リビングダイニング編としてご紹介したいと思います。

まずはダイニングからリビングを見たらこんな感じ↓

IMG_3564.jpg

天井は相棒殿がこだわった折り上げ天井
正面奥にある窓の下にある横長の白いものは、寒冷地にかかせないパネルヒーター。あの前にはもうチェスト等置くことはできないので、必要なものとはいえ部屋の壁が埋まってしまって残念・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

 IMG_3574.jpg IMG_3567.jpg

細かいですが左右に振ってみました(笑)。

写真左に写っているのは、先日ご紹介した玄関ホールへのドア
ハイドア(一般的なドアより背の高いドア)を選んだことで真ん中の型ガラス面が広くなり、北面にある玄関ホールへたくさんの光を取り入れることができるようになりました。
明るい玄関が理想だったので、よい選択だったと思います[わーい(嬉しい顔)]

写真右はあの2度もの入れ替えが発生した、相棒殿自慢の大型窓が写っています。
玄関ホールからドアを開けて入ってきた時、窓の外まで見えた方が広がりが出るだろう・・・ということで、リビングハイドアの正面にこの窓を設置しました。
ちなみに窓そのものはこんな感じ↓

 IMG_3587.jpg IMG_3554.jpg

以前も一度私たちのゴロゴロ転がった写真をUPしましたが(笑)、普段は写真左のように差し込んできた光が床を美しく照らし出します。
この前に座りこんでいると、まるで日本家屋の縁に座っているかのようにぽかぽかと暖かいんですよね~[黒ハート]。たまらない空間です。

写真右はその窓に設置されたロールスクリーンを下ろした時の様子。
とにかく大きなスクリーンで、縦は私の身長より長いし、横は両手をまっすぐ左右に広げても端から端まで届きません。
でも上げ下げが重いかといったら全然そんなことはなく、ロールスクリーンってすごいなぁと毎朝感動中(笑)。

そんなロールスクリーンにズームインしてみたのがコチラ↓

IMG_3558.jpg

巻き上げた状態で、(当たり前ですが)レースのカーテンと見事に干渉せず!!
最初にICのT女史に提案されたときは驚きましたが、すごく満足です[ハートたち(複数ハート)]
とにかく日中はレースのカーテンのみで光を遮るものがないし、夜はヒダがないまっすぐな面が現れてすっきりした空間になるし、私の好みにドンピシャリ。

ところで、取り付けられるまで知らなかったのですが、今のロールスクリーンってロールの芯の部分もチェーンも色付きなんですね・・・(笑)。
私はてっきり昔ながらの白い芯と白いチェーンになるのだとばかり思い込んでいて、うれしい誤算でした。T女史に聞いてみると、今はスクリーンの色に合わせられるとのこと。

次はリビングからダイニングを見た風景↓

IMG_3569.jpg

本来ならばもうちょっと左側を入れて撮るべきなのですが、キッチンの正面が写ってしまうので、次回へのお楽しみとしてやや右寄りで1枚(笑)。

個人的にこの眺めはすごく好きですね~!!
やっぱりこれぞ住林という格子の存在が際立つし、木質感と白い引き戸&クロスの割合が良い感じで現れていると思うので。
床も、大型窓から光を受けて一番明るく見える位置です。メジロカバという床材がすごく美しく優しく見えて、全然飽きません[ぴかぴか(新しい)]

そして照明にズームイン↓

  IMG_3572.jpg  IMG_3573.jpg

写真左が相棒殿渾身の折り上げ天井です。
リビングの天井なのですが、折り上げたのは10cm[グッド(上向き矢印)]。大工さんが作っている最中は「浅かったかな~」と思いましたが、出来上がってみたらちょうど良い感じでホッとしました。
ダウンライトが8ヶ所というのも正直多いかなと思いますが(笑)、一応左右の4ヶ所は別スイッチ&調光付きなので、中4ヶ所を消して映画館風にTVを観たりできます。

写真右が、ダイニング用のペンダントライト
ヘンな位置から写真を撮ったので歪んで見えますが(^^;;、リビングのダウンライトからキッチンのダウンライトまで、全て部屋の中心に左右対称に並ぶように設計してもらいました。
私の几帳面な性格がここで発揮されたといえます(笑)。

ペンダントライトそのものについてはまた別記事をUPしたいと思っていますが、とにかく迷いに迷った挙句、T女史が勧めてくれたものを採用しました。
設置された当初は部屋の広さに対して異常に大きく(長く)見えて、「どうにかならないか[ちっ(怒った顔)]」的なクレームも言ったのですが、家具が入った今はまったく不満がありません(><)!!
Tさん、ワガママ言ってごめんなさい~(笑)!今は大満足です~[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

ちなみにチラッと写真右にも写っていますが、大型窓の前には1階唯一のホスクリーンが設置されました。
雪が溶けたら使うことが増えるんじゃないかな~??
今は洗濯物は全て2階の空き部屋に干しているので、このホスクリーンを使うことはないんですよね。だから棒は外してしまっています。

というわけでリビングダイニング編は終了。
毎回こんなに写真てんこ盛り、文章はダラダラと長くなって、果たして読んでくださっている方々に楽しんでいただけているのでしょうか・・・(汗)。
先輩方の内覧会って、もっとステキな写真や読みやすい説明があったと記憶しているんだけどなぁ・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
読みづらくてごめんなさい。

でももう1枚写真追加(笑)↓

IMG_3651.jpg

とある大雪が降った日の翌日、リビングダイニングの大型窓から見えた風景です。
心底、「これが見たかった[ぴかぴか(新しい)][目][ぴかぴか(新しい)]と感動した、自宅の庭から広がる雪原(というほどの広さはないけど 笑)。
我が家の裏はまだ空き地なので、ずーっと奥まで見渡せるんですよね。太陽に照らされてキラキラと輝く雪が見られるシアワセ。
この大型窓を採用した相棒殿に、今は感謝しています。
nice!(6)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

玄関編 [内覧会]

昨日の外観編、お待たせしていたにもかかわらずご好評をいただき、調子に乗っている(笑)くっしーです。
引き続き、今日ご紹介するのは玄関編
最初に書いておきますが、今日は写真がてんこ盛りな上に長いです(笑)。もしかしたらblogが重いかもしれませんが、ご容赦くださいませ!!

まず、玄関はこんな感じになりました↓

IMG_3653.jpg

手前に柱があって正面から写真を撮れず、ちょっとわかりづらくてゴメンなさい。
トステムのディクシードM13型:片開きタイプ柿渋調という扉をチョイスした私たち。
明るい外観の中で玄関周辺にシックな色を集め、甘さが漂う雰囲気をキリッ[ぴかぴか(新しい)]としめてみました。

この扉、断熱仕様になっているからだと思いますが、とにかく重い(^^;;;。今でこそ慣れてきましたが、引渡し時の注意として、「キッチンの換気扇をまわしている時はもっと重くなるので、気をつけてください」と言われたほど。
気密性が高いが故の注意点と言えます。

細かい部分にズームインするとこんな感じ↓

 IMG_3313.jpg  IMG_3654.jpg

写真左は以前記事にも書きましたが、探しに探したお気に入りポーチ“ムーミンハウス”です(←勝手に名づけた 笑)。
もう・・・もうもうもう、めちゃめちゃカワイイィィィ!!!
カタログで見るよりもはるかにカワイイ出来に、心底惚れなおしました[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
ガラスがでこぼこしていて、光った時の影も魅力的なのです。

写真右はこれまた探しに探して決めた表札&ポスト。間にある黒いBOXはインターホンです。
表札は取りつけ直前に傷を発見して再発注となりましたが、業者さんが猛スピードで作りなおしてくれて、無事年末までに取り付けることが出来ました。
これも一目惚れした品でしたが、自分たちの苗字が入るとなおさら愛着がわきまくり[ハートたち(複数ハート)]。本当に気に入っています。

ポストもこだわって探したものですが、思っていた以上に大きかったかも(笑)。
でもたっぷり入るので、万が一急に数日家を空けても、その間の新聞が外へ飛び出すことはないでしょう。
唯一難点といえば、取り出し口のバネがしっかりし過ぎて、パッと手を離すと思い切り大きな音で「バタン[どんっ(衝撃)]」と閉まることくらい??

さらに細かい部分はコチラ↓

 IMG_3596.jpg  IMG_3610.jpg

写真左はドアのカギ部分をズームにしたものですが、わかる方には一目ですぐわかると思います。
以前、記事の中で『小さい我が家には身分不相応なアイテムをサービスしてもらって・・・云々』と書いたのがコチラ。
俳優の堤真一さんがCMをしていた[ぴかぴか(新しい)]“CAZAS”[ぴかぴか(新しい)]です!!!

“CAZAS”というのは、その名のとおりカードキーをかざしてドアを施開錠できるというシステム
上下2ヶ所についているサムターンキーが、カードをかざすことで自動的に動いてくれるんですよね。
詳しくは専用サイトをご覧いただくとして(笑)、これは相棒殿がCMを観て一目惚れしての採用となりました。
営業のSさん、無理を聞いてくれてありがとう(笑)。

写真右は本当に細かい部分で、紹介の必要性があるかわかりませんが(^^;;、玄関ドアのストッパーです。
てっきりポーチのタイル部分(要するに床)にきのこ型みたいなストッパーが設置されるのかと思いきや、横の壁からこんな形で設置されました。
でもこれだとポーチを掃除する時もジャマにならないし、とっても便利です[わーい(嬉しい顔)]

さて、ようやく室内へGO!(って長すぎるよねー・・・笑)
玄関ドアを中から見たらこうなっています↓

IMG_3593.jpg

中央が内側から見た玄関ドア、その左隣がシューズボックス、右隣が土間収納。
まずはシューズボックスからどうぞ↓

   IMG_3579.jpg  IMG_3580.jpg

写真左は普段はこういうふうに見えます、バージョン。
住林標準のシューズボックスですが、ショールームで見た時よりはるかに大きく感じますね。やっぱりショールームが広いからかな??
ちなみに最近知ったのですが、この扉の取っ手はあのKAWAJUN製でした。標準とはいえ、こういうところでさりげなくお金がかかっているのねん・・・(笑)。

写真右は全ての扉を開けてみました、バージョン。
私たちはふたりぐらしなので、まだこのほとんどがスッカラカンです。
なので来客用スリッパやニッチに飾るアイテムなども入れていて、意外に収納力が高いのがうれしい[黒ハート]
右端の扉裏には長方形の鏡がついているので、急な来客でちょっと身だしなみを整えるのに便利です。

次は土間収納をどうぞ↓

   IMG_3576.jpg  IMG_3582.jpg

こちらも写真左は普段はこういうふうに見えます、バージョン。
玄関から入ってきたお客さんには死角になるので、扉も特にこだわらず、狭い空間でも開け閉めしやすい折り戸にしました。
チラッと写っている手摺にも干渉しないし、軽いドアなので気に入っています。

写真右は扉を開けてみました、バージョン。
狭い玄関で引きの写真が撮れないのですが、奥に稼動棚が4つある収納棚をつけてもらいました。ここは除雪道具や工具を置いたり、収集日までのゴミの仮置き場として使っています。

さらに細かくズームインするとこんな感じ↓

 IMG_3584.jpg  IMG_3585.jpg

写真左は、稼動棚の手前上部につけてもらったコート掛け
基本的には自分たちのコートや除雪用のジャージなどをかけていますが、来客者のコートをかけたりもします。
照明はダウンライトを1つつけましたが、まだ使ったことがありません。必要なかったかなぁ??

写真右は床暖房システムのスイッチ
我が家の玄関は土間に床暖房が入っています。そのスイッチを土間収納の中に設置したのですが、土間収納の床には床暖房は入っていません。そんなとこに入れても仕方がないもんね。

床暖房・・・すっごーーーーーく良いです!!!採用して本当によかった~[ハートたち(複数ハート)]
とにかく、除雪でビショビショに濡れた靴も、早ければ半日できれいに乾いてなおかつぬくぬくに温まっています。まさに我が家には足軽時代の豊臣秀吉がいるといっても過言ではありません(笑)。
私と相棒殿は、床暖で手袋も乾かしています・・・エヘ[るんるん]

ちなみにそんな床暖が入っているのがコチラ↓

IMG_3581.jpg

まだ入居前の写真なので、養生シートが残っていてわかりづらいですね(--;。
でもシートがあっても充分あたたまります。真ん中にチラリと写っている私の靴も、すっかり温まっている様子。

そして玄関の正面にはコチラ↓

IMG_3578.jpg

すでに写真をUPしたことがありますが、相棒殿が私の気持ちをくんで設計士のAさんに交渉してくれた“二段ニッチ”です。
ニッチの奥壁にはエコカラットを採用。新聞紙でイメージづくりはしたものの(笑)、出来上がってみればその良さに大満足。相棒殿に感謝感謝です!!

ふー・・・。
毎度毎度、我ながら非常に長い記事となってしまいました・・・。
ここまでお付き合いいただいた方、本当にありがとうございますm(_)m
以上で玄関編は終わりです。

次回はリビング編になると思いますが、更新は来週になりそう。
なぜなら明日はB’zのLIVE in 旭川だから(笑)。
イナバさん、松本さん、待っててね~[わーい(嬉しい顔)][手(グー)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(6)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

外観編 [内覧会]

長らくお待たせをいたしました~[わーい(嬉しい顔)]!!
新しいおうちに引越してきて早約1ヶ月。
ようやく片付けも一段落し、blogもゆっくりながら更新できるようになりました。
そ・こ・で・・・

内覧会を始めたいと思いまーーすO(≧▽≦)O!!!

生活が落ち着いたら絶対やろうと思っていた内覧会。
私も今まで多くの諸先輩方の内覧会を拝見してきました。みなさんそれぞれにこだわりがあって、とにかく写真を見ているだけでテンションUP[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]
せっかくなので、我が家もご紹介させていただきます[ぴかぴか(新しい)][家][ぴかぴか(新しい)]

まずは“外観”から。
blogを書いている途中で、内覧会用に・・・とUPすることをやめていたので、久々の登場です。
正面はコチラ!↓

IMG_3605.jpg

本州の住林とはまったくタイプの違う、CUBEのおうち。
実際には引越す直前に撮ったものなので、まだ雪もありませんね~。表札とポストもついていませんが、こちらは次回“玄関編”でお伝えする予定です。

特徴と言えば、窓が整然と並んでいるところでしょうか。
これは我が家を担当してくれた設計士のAさんの特長とも言えます(笑)。Aさんが設計した家って、縦長の窓が多用される傾向があるんだもん(ウフフ[キスマーク])。

色はホワイトベージュ×ライトブラウンにしました。
これはAさんが最初に提示してくれた北向きプランの図がそうだったから。
私と相棒殿もとても気に入った組み合わせの色だったので、サイディングを決めるときに図に忠実に選んだつもりです。

裏から見るとこんな感じ↓

IMG_3599.jpg

裏から見た方が完全にCUBEですね。
本当は、エアコンの室外機がついているあたりにもう1つ窓を作る予定だったのですが、せっかくの大型掃き出し窓が印象薄になりそうで却下。
外側からだと一見窓が少なく見えますが、私たちは大満足しています[ハートたち(複数ハート)]

ちなみにAさんが書いてくれた図はコチラ↓

 IMG_2432.jpg IMG_2431.jpg

おおおー!
こうやって比べて見たら、かなり忠実(笑)!!!
サイディングを決めた私の目も、あながち節穴ではないようです(ニヤリ[ぴかぴか(新しい)])。

ついでなので左右も写しておきました↓

 IMG_3609.jpg IMG_3607.jpg

写真左が家を東から見た1枚。
比較するものが写っていないのでわかりづらいかもしれませんが、我が家は横から見ると“薄い”です(笑)。

どういうことかと言うと、奥行きがないんですよねぇ・・・。
正面からだとご近所さんのおうちとさほどかわらないサイズなのですが、横から見たら明らかに小さい。こういうとき、横一列に並ぶ区画というのは考えものですね・・・ふふっ・・・(遠い目)。

写真右は西から見た1枚。
こちらはお隣さんとの距離も近いし、お互いの家の位置関係もあって窓は少なめ。
奥の方に生産のIさんと大モメしたレンジフードの排気口が見えますね。小心者の私はいまだに“強”のボタンを押したことがありません・・・(笑)。

次はコチラ↓

 IMG_3602.jpg  IMG_3597.jpg

写真左は大型掃き出し窓の上につけてもらった外灯です。
今はまだ防犯を意識しての利用のみ。暗くなってから人(や動物)が近づくと、自動点灯するようになっています。
いずれは掃き出し窓の下にウッドデッキかタイルデッキを作って、日が暮れてからはこのライトをつけて楽しめたらいいなぁ[るんるん]と思案中。

写真右は家の周囲に住林が撒いてくれた砂利の様子。
こんな感じで家をぐるりと囲ってくれているのですが、正面となる北側は少し範囲を広げて撒いてもらいました。
雪国の玄関周辺は、何度も人が行き来すると雪が溶けて土がはねやすくなるし、寒さで土が凍ってしまうと滑りやすくなります。

それでなくても車がない私たちは、基本的にどこに行くにも徒歩(笑)!冬場の足の安全は確保したいということで、Iさんと相談して玄関周囲は少し広めに(前の道路近くまで)撒いてもらったのでした。
結果これは大正解[ひらめき]で、玄関前で滑ることはまずありません。
ただ、除雪初心者の私は、うっかり雪と砂利を一緒にすくってしまうのが唯一の難点・・・(砂利をすくう度に相棒殿から怒られます 笑)。

最後にぜひご紹介したいのがコチラ↓

IMG_3656.jpg

以前チラッと書きましたが、エアコンの室外機カバーを相棒殿の父上が作ってくれました!!
わーいわーい、すっごくステキ~[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]
実際にこの家を見に来てくれた父上が、「こんなに良い家なら、それに似合うカバーを作らないとダメだな[わーい(嬉しい顔)]」と言って手づくりしてくれたんですよね。

数日前にドカ雪が降った翌日に撮ったので雪がジャマしていますが(^^;、地面と接する部分にはコンクリート台を置き、その上にアルミの天板がついたカバーを設置。カバーが風や雪で倒れたりしないように、コンクリート台とはフックで繋がれています(取り外し可能)。
材料となった木材にはしっかりと防腐処理が施され、アルミの天板は多少の落雪にはビクともしない頑丈な作り[パンチ]

写真でも見えますが、カバー内の室外機には市販の室外機カバーをかけています(これも相棒殿の実家にあったものをもらってきたもの 汗)。
室外機カバーと外壁の境目はどうしても隙間が開くので(というかわざと多少開けてある)、そこには今も雪が積もっています。でも南に面しているので、晴れた日にはあっという間に融けだして問題なし[晴れ]
本当にステキなカバーを作っていただきました。父上様、ありがとうございます(このblogご存知ないけど 笑)!!

以上で外観編は終了。
次回からはいよいよ中へ突入です[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

お近づきのしるし [引渡し~引越し]

引越しするにあたり、一番頭を悩ませたのは“ご近所さんへの挨拶まわり”です。
何に悩んだかというと

予算をいくらぐらいにするか
②あいさつの品は何にするか
③何軒回るか(どこまでをご近所さんとするか)

という3点。
あまたある先輩blogを拝見していると、タオル類であったりキッチン用品であったりお菓子であったりと、内容・予算ともに多種多様。
うーむ、私たちもしっかり考えなくては[ふらふら]!!と、早い段階で相棒殿と相談を始めました。

まず①について。
品物を決める前に、まず予算を考えました。
今まで引越しを繰り返してきた相棒殿は、悲しいかなご近所さんへのあいさつをしたことがないとのこと。男の一人暮らしとなれば、それもよくある話です[たらーっ(汗)]
私もまともな引越しはこれが初めてだし、逆にあいさつをされたこともないので見当がつきません。

なので、とりあえずキリの良い数字ということで『1軒につき1000円程度[有料]とすることにしました。
これなら計算がしやすいし、ものすごく高価な品にもならないと思って。

次に②について。
予算が決まったのでネットで検索。
いろいろあって迷うものの、予算をふまえて探すこと数日。

コチラ↓に決めました!!

kireikirei.jpg

私も愛用している[ぴかぴか(新しい)]キレイキレイセット[ぴかぴか(新しい)]です。
正直、せっけんは使わない人も多いと思うのでいらないなぁと思ったのですが(^^;;、他に手ごろなセットがなかったので決定。

実は土地を探している段階で、今の土地の近所にはほぼ100%小学生前後のお子さんがいらっしゃるとわかっていたんですよね。
しかも北海道全域は、日本の中でも比較的早く新型インフルエンザが猛威を[台風]振るった地域。
そんなタイミングもあって、この泡タイプのハンドソープなら使ってもらえるかも・・・[黒ハート]と思ったのです。

実用的といえばタオルでもよかったんですけどねー・・・。
いかんせん、着工前の近所へのあいさつ回りで住林タオルを配ってしまっていたので(笑)、同じものになるのはよくないと思ってやめました。

そして③について。
中でも一番頭を痛めたのはこの項目。
いったいどこまでをご近所さんとみなすのか。それによってトータルの費用も大きく変わるので、大きなポイントになります。

ちなみに上にも書いたとおり着工前にもあいさつに回りましたが、そのときは『向かい3軒両隣+α』で7軒回りました。
となると、今回もその7軒は必ず回らなければなりません。
でも果たしてその7軒だけでいいのか・・・。まだ周囲に空き地がある我が家の工事の音は、意外に遠くまで響いていたのを知っているだけに決めかねます。

と思っていた時、どこのサイトだったか忘れてしまったのですが、

“あいさつ回りをしないで後で「あいさつに来なかった[ちっ(怒った顔)]」と言われるより、時間やお金がかかっても回れるだけ回って「きちんとあいさつに来てくれた[わーい(嬉しい顔)]」と思ってもらえた方がいい”

と書いてあるのを発見して、まさに目からウロコ[目]!!本当にそのとおりだと思ったんですよね。

それでなくても誰も知り合いのいない街へ引越す私と相棒殿。
同世代の方が多そうとはいえ、ご近所さんとのトラブルはなるべく避けたいものです。
だったら最初のあいさつはできるだけしっかりとしておきたい・・・。
というわけで、結局私たちの家が建った区画にある家全てと、目の前の通りを挟んだ向かい側の並び全てを回ることにしました。

合計=18軒[家]!!

シカヲさんよりは少ないですが(笑)、私たちとしては精一杯の軒数です。
そしてそれらを準備して、引っ越した日の午後から数日かけて全軒回りました。

感想としては、「やっぱりたくさん回ってよかった[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]」の一言に尽きます。
思いのほか工事の音等で御迷惑をかけたお宅は少なかったようですが(どこに家を建てたかご存じない方もいたので 笑)、距離が離れれば離れるほど「こんな遠くまであいさつに来てくださって・・・」と喜んでいただけたようでした。
私たちとしても、どんな方が住んでいらっしゃるのか把握することができたという意味で、すごく有意義な機会だったと思います[るんるん]

あ、参考までに書いておきますが、のしをつけてもらうなら絶対『外のし』オススメします!
私たちは外のしにして配ったので、「これ(苗字)は何て読むんですか?」などと話題の一つになりました。
きちんと「〇〇です」と自己紹介していても、内のしにしていると後で見た時に「あれ?なんて読むんだったっけ・・・」とわからなくなることがあるので。

そんなこんなで、引越しのあいさつ回りはつつがなく完了したのでした。



さぁ、大変お待たせいたしました[exclamation×2]

“内覧会”を楽しみにしてくださっていた皆さま、次回からようやく順を追ってご紹介できそうです。
といっても、本当に引渡しを受けた直後の、何も家具類が入っていない状態ですが(笑)。
購入した家具等が設置されたバージョンの内覧会は、その後追々行いたいと思います。
お楽しみに~[ハートたち(複数ハート)]
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越し その2 [引渡し~引越し]

私と相棒殿が新婚生活を過ごした(ってまだまだ新婚気分だけどねっ!テヘ[黒ハート])、愛着あるマンションに別れを告げて、新居へ移動です。
相変わらず移動に時間をくうものの、引越しトラックも昼食を挟んだようで双方約束した時間にほぼピッタリ到着。

今回の引越しにより札幌市民でなくなった私たち(笑)。
アートのスタッフさんにも担当区域があるそうで、リーダー以外の2名は交代していました。
今度はかなり元気のある芸人風な男性と、まだ業務勉強中といった感じの男性の3人体制。搬入には搬出以上に気を使うので、男性ばかりでちょっと安心[わーい(嬉しい顔)]

スタッフ紹介(アートさんは必ずやるそうです)を済ませると、早速作業開始!!
あっという間にこんな状態になりました↓

IMG_3635.jpg

右端にソファがちらりと写っていますが、その奥に見えるのが玄関です。
写真中央は2階へのリビング階段で、左端は言わずもがなの住林の格子。
床も含めてかなり細かく養生してくれましたが、特に階段の壁は驚きました。どうしても物がぶつかりやすい場所ということで、壁の上の方までカバーしてくれたのです。

搬入作業そのものは、思っていたより時間がかかりました。
やっぱり解体していた家具を組み立てるのが大変だったみたい。
同じスタッフさんがやるのなら前の形を思い出しながらできますが、新しいスタッフさんで再組み立てなので、所々不具合が生じるんですよね(笑)。
1階については私が要チェック、2階については相棒殿が要チェックしておきました。

結果、時間としては少しかかって1時間半強だったような気がします。
でも養生もしっかりしてくれたし、ご近所さんへの挨拶(旧居・新居ともに)もしてくれたし、玄関ドアが開けっぱなしで寒いでしょうと言ってカイロもくれたし、支払った代金以上の出来だと思います[ハートたち(複数ハート)]
うん、アートさんに頼んでよかったなぁ。

と、思っていたのですが・・・(笑)。

その翌日、注文していた家具を持ってきてくれた業者さんが、運び込む前に家に傷ができていないかどうかチェックしてくれたんですよね。もし傷があった場合、自分たちがつけた傷ではないと指摘しなくてはいけないので。
すると・・・ありましたよ、[ぴかぴか(新しい)]3ヶ所[ぴかぴか(新しい)]

玄関ドアの枠の部分に2ヶ所と、キッチン横のクロスに1ヶ所。
どれも擦過傷のような感じで、養生の上から強く当たってしまったのかなぁという感じ。
ただ、キッチンのクロスは位置も低いし、正直一見しただけでは全然わかりません。
その代わり玄関ドアの枠は、1回気がつくと毎回目が行くというそこそこの傷。濃い色が少しえぐれて明るい木の地が見えているので、これは放ってはおけません。

こういうとき、引越し作業に問題があったなら即行クレームの嵐[台風]ですが(笑)、今回の作業そのものには(価格も含めて)大満足していた私と相棒殿。
ちょっと残念には思うものの、タイミング良く生産のIさんが家を訪ねてきてくれたので、ついでに直してもらっちゃいました[手(チョキ)]
Iさん(と一緒に来てくれた業者さん)ありがとう~[るんるん]

後日、頼まれていたアンケートハガキに事の次第を書いて返送すると、アートさんから詫びの電話が。
一瞬、何かもらえるかも・・・??と浅ましいことを考えた私ですが、特にありませんでした(笑)。

おそらくこれが最後の引越しになると思いますが、トータルで見ると満足です。
まだ我が家にはいくつか未開封のダンボールが転がっているので、それを早く片付けてダンボールを取りに来てもらいたいと思います!!
nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越し その1 [引渡し~引越し]

12月22日(火)

話は多少過去に遡りますが、昨年のクリスマス直前に引越し[車(RV)][ダッシュ(走り出すさま)]を行いました。
幸いにも雪は降っていなかったのですが、朝から結構な寒さ。ホコリ対策として窓を開けていると、暖房を焚いている室内でも余裕で白い息が見えました[ふらふら]

朝9時ごろやってきたのは、以前からお願いしていたアート引越しセンターのスタッフさん。
リーダー(見積りに来てくれた私ご指名[黒ハート]の人)1人、女性スタッフ1人、社員かアルバイトか微妙なスタッフさん(笑)が1人の計3人。
頼んでいたわけではありませんが、女性がいてくれたのはなんとなくうれしかったです[わーい(嬉しい顔)]

前もってもらっていたダンボールは大小合わせて40箱分
使いきらないよね~なんて高を括っていたのに、前日の段階ですでに足らず(笑)!!
予備を持ってきてくれていなかったので、箱物はそのまま運んでもらい、小物はビニール袋へ入れて運んでもらいました。

タイミング悪く札幌市のゴミ収集に間に合わなかったので、結構な数の不用品を新居に運んじゃったんですよね[もうやだ~(悲しい顔)]。それらを詰め込むための箱が足りなかったのでした。

大きなダブルベッドも見事解体、ドアすれすれの冷蔵庫もなんとかスルーさせて、約1時間弱で詰め込み完了。
女性スタッフさんも平気な顔で2個積みダンボールを運んだり、電化製品を毛布で養生してくれたり、長年に渡りたまったホコリもしっかり拭ってくれたりと、[ぴかぴか(新しい)]見事な詰め込み作業[ぴかぴか(新しい)]でした。
ここまでの段階では大満足です!

ひとまず詰め込みが終わったので代金の精算を行い、荷物を積んだトラックは新居へ出発。
私たちは電車で移動です。

でもその前に、何もなくなった部屋で写真を撮りました[カメラ]
今まで住んでいたマンションは、結婚するにあたり相棒殿が一人で決めた(もちろん写真等で私もチェックしましたが)場所。
遠距離だったので一緒に部屋探しをすることもできませんでしたが、初めて足を踏み入れた時に「あ、私この部屋好きかも」と直感で思ったくらい、大好きな場所でした。

最寄の地下鉄駅から徒歩約10分の2LDK。
4階建ての4階角部屋。
南向きではなかったけど、大切な新婚生活を過ごした部屋。
2年半、私たちを見守ってくれて本当にありがとう!!

IMG_3634.jpg

玄関前でもお互いに写真を撮りあい、名残を惜しみつつ新居へと向かったのでした。
nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ただいまー!!! [新生活・庭づくり]

[ぴかぴか(新しい)] 新年 あけまして おめでとうございます!!! [ぴかぴか(新しい)]


今このblogをご覧の皆さま、私のことを覚えてくださっているでしょうかーっ(←大げさ 笑)!!??
プロバイダーとモメにモメた結果、新居に引越してから約3週間、ネットとは縁のない日々を送っていた管理人のくっしーでございます!!

ほぼ毎日更新していたblogを離れたことで、確かに引越しの片付けは猛烈に[ダッシュ(走り出すさま)]進みましたが(笑)、心にぽっかり穴が空いたようで淋しいこと限りなし・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
戻ってこられて本当に本当にうれしいです[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]

引越しも含めて今日まで、とにかく慌しくて落ち着かない毎日。
年末年始の来客や片付け、家づくりと戦っていた私たちの前に立ちはだかった新たな敵の出現(これについてはいつかblogに書ける日が来るといいなぁと思っています)。
身も心も少し疲れてきていますが、それを癒してくれるのはやはり[ぴかぴか(新しい)]“新しいおうち”[ぴかぴか(新しい)]です。

まだ以前住んでいたマンションほど馴染んではいないけど、やっぱり“新しいおうち”はサイコー[exclamation×2]
その存在そのものが、私たちを丸ごと包んでくれているようで(って実際包んでいるんだけど 笑)、安心して暮らし始めています[わーい(嬉しい顔)]

これからは年末にblogをSTOPしてからのことを振り返りつつ、内覧会や現状報告もマイペースでUPしていきますので、どうぞ今年もこのblogとくっしーをよろしくお願い申し上げます。


と・こ・ろ・で。


久々のごあいさつ&新年のごあいさつはこのくらいにして、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、なんと私が好き勝手に書いてきたこの“ふたりのおうちづくり”というblogが・・・

家づくり奮闘記コンテスト[ぴかぴか(新しい)]グランプリ[ぴかぴか(新しい)]に選ばれました!!!

家づくり奮闘記コンテストというのは、このblogの左下にリンクを貼らせていただいているのですが、家づくりをしている(た)人のHPやblogを集めて行われる1年に1度のコンテストです。
私が家づくりを始めた当初から、この“家づくり~”のサイトには本当にお世話になりました。
たくさんの先輩たちの悩みや考え、試行錯誤の様子がよくわかり、とにかく勉強させていただいたからです。

このblogを書き始めた時、よもや準グランプリをいただくような日が来るなんて、思ってもいませんでした。
むしろ過去のお歴々を拝見するにつけ、こんなふうに誰が読んでも参考になるようなステキなblogなら、上位に入るのも当然だなぁとまさに他人事(笑)。
引越しでネットが使えない状況になってからの受賞のご連絡に、呆然と[がく~(落胆した顔)]ケータイを握り締めたまま(ケータイで受賞メールを確認)、相棒殿に一番に報告したのでした。

事務局の方にもメールを送ったのですが・・・
ほ、本当に私のこんなblogが準グランプリでいいんでしょうか・・・(←本当にこう書いて送った 笑)
にわかには信じられなかったのですが、引越し後1度だけ親友のCちゃん宅でPCを借りた時、このblogへたくさんの「受賞おめでとうメール」が届いているのを見てやっと実感できました[黒ハート]

内容はさておき文章がおもしろいと評してくださった(笑)奮闘記コンテストの関係者のみなさま、おうちづくりを支えてくれたチーム住林と相棒殿、何よりもいつもこのblogへ遊びにきてくださる皆さま、本当にありがとうございました。
小春さんをはじめ、一票を投じてくださった皆さまありがとうございました!

奮闘記コンテスト2009のページへも受賞コメントを寄せておりますので、よかったら飛んで読んでみてくださいね[るんるん]
「文章がおもしろい」という受賞理由にかなりのプレッシャーを感じつつも(^^;;;、これからも自分らしく書いていきたいと思っています。

いやでもホント、内容より文章のおもしろさで受賞って、すごく私らしい理由でうれしかったです(笑)。
nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。