So-net無料ブログ作成
検索選択

着工79日目 [内部仕上工事~竣工]

11月18日(水)

いつの間にやら、現場とblogの進捗状況がまた半月ほどずれてしまっていますが(^^;;、気にせず順を追ってUP[グッド(上向き矢印)]していきたいと思います。

前回木工事の立会いを行った段階で、クロスもほぼ完了していた私たちのおうち。
それまでは連日何かしらの工事が行われていましたが、最近は週のうち1,2日くらいしか工事をしなくなりました。なので現場見学するにしても、前もって必ず生産のIさんに工事の有無を電話[電話]で確認。
この日は電気関係の工事が入るとのことで、いそいそと見学に向かいました。

ちなみにこの日は、まだ引き渡されていないにも関わらず(笑)、初めてお客様を案内しました。
北海道に引越してきて最初にできた友達であり大親友のCちゃん。
彼女はすでにマイホーム(マンション)を持っているので、おうちづくりでいえば大先輩。設備に関しては今までいろいろ相談にのってもらっていたんですよね。
そんな彼女が「見たーい[わーい(嬉しい顔)]!」と言ってくれたので、喜んで一緒に見学に行きました。

まずは【玄関ポーチ

IMG_3285.jpg

玄関内部にパイピング暖房が設置され、その上にタイルを貼っているのは前に見ていたのですが、ついに外も全部貼り終わっていました!
ちょっとまだ養生している上に雪解け水で汚れていますが(^^;;;、明るすぎず暗すぎずちょうど良い色合い[黒ハート]と自画自賛です。

このタイルの色も散々迷ったんだよね~。
珍しく最初から相棒殿と意見が合わなかったし(でも結局私の意見を通した 笑)、自分で決めた後も「それで本当によかったのか[ふらふら]」と思い悩んだりしたし。
でも、こうして出来上がりを見て「やっぱりこれでよかった~[わーい(嬉しい顔)]」と満足です。

次は【細かい設備いろいろ】

IMG_3254.jpg IMG_3270.jpg

写真左は“LED足元灯”です。
万が一という出来事を必要以上に怖がる傾向のある私が(笑)、停電を恐れて採用した設備。
でもただ単に取り付けたのではなくて、設置した4つをたどれば夜中でも各部屋からトイレに行けるようになっています。
もちろん取り外しもできるので、夜中に外へ出なければならないときは懐中電灯代わりにもなる優れもの。

写真右はこのblogでも散々取り上げた“火災報知器”
いつも遊びに来て下さるmiyaさん邸とおそろいの一品です。
まだ試しも何もしていませんが、真っ白だし思ったより小さく感じるし、天井にあっても全然違和感を感じません。
電池式なのに全報知器が連動という商品はこれだけなので、採用してよかったです[手(チョキ)]

IMG_3265.jpg IMG_3266.jpg

写真左はまだ設置真っ最中の“リビング用スイッチ
リビングの照明にこだわりを見せた相棒殿が、いろいろ悩んで決めたものです。
私としては電気が点けられて消せたらそれでよいという考えなので(笑)、調光等の採用は相棒殿に一任しました。

写真右は“TV用コンセント(小)”です。
(小)というのは私が勝手に付けたのですが、住林標準のマルチメディアコンセントとは別物です。
これはいつか私がキッチンからTVを見たい(今でも見られるけど、もっと近くで)と思う日がくるかもしれないから・・・と、キッチンのすぐ近くに設計士のAさんが[ぴかぴか(新しい)]サービス[ぴかぴか(新しい)]してくれた壁掛けTV用のコンセント(笑)。
今のところ予定はありませんが、そんな日が来るといいなぁ[るんるん]

IMG_3276.jpg IMG_3274.jpg

写真左は“電気メーター各種”です。
これは住林さんが用意するものではないので、いつのまにやらほくでんさんが来て置いて行ったようでした。
写真右はUTに設置された“床下点検口”
点検範囲はあくまでもお風呂とUTだけのためのものですが、こういうのは実家にもなかったので興味津々。でも中はチラリとしか見えなかったので、また今後チェックしてみたいと思います。

 IMG_3260.jpg IMG_3273.jpg

写真左は“電気温水器”です。
これは北海道(というか寒冷地?)ならではの光景だと思うのですが、電気温水器が室内に設置されました。
よく建築blogを拝見していると「エコキュートが設置されました~」などという文章とともに、裏庭や勝手口の横にどーんと機械が設置してあるのを見かけます。
でも北海道では外に置くと低温のあまり故障してしまうので、室内に入れるしかないんですよね~[もうやだ~(悲しい顔)]

ちなみに今住んでいるオール電化のマンションも同じ。
最初に引越して来た時、それほど広くない洗面所になんでこんなに大きな機械が置いてあるんだ!!と軽く立腹したくらいです(笑)。
それでなくても新しい我が家は小さいというのに、こういう機械を外に出せないのはツライところ。その点では、本州でおうちづくりをされる方がちょっとうらやましい気がします。

右の写真は設置途中の温水器の下に開けられた無数の穴。
サニタリーフロアとはいえ、なんだかもったいない・・・って、まぁ全部機械で隠れてしまうのでいいのですが(笑)。

次は【トイレ】

IMG_3259.jpg

おおっ!ようやくトイレ本体が設置されていましたよ~[ハートたち(複数ハート)]
最初はタンクレスを望んでいた私たちですが、圧の関係でこのノーマルなタイプに落ち着きました。
写真の左下にはKAWAJUNの箱が2つ。
タオル掛けもキター!!!ということで、写真には撮っていませんが私は勝手に中を開けてチェックしてきました(笑)。

今日は写真や文章ががやたらと多いので(っていつも?)読んでくださっている方もお疲れと思いますが・・・(ゴメンなさい!)、ついにウワサのアレが登場いたしましたっ!!!

IMG_3278.jpg

じゃじゃーーーん!!
住林恒例アイテム[ぴかぴか(新しい)]“格子スクリーン”[ぴかぴか(新しい)]です!

うーん、一気に部屋のランクがUP[グッド(上向き矢印)]したような気がするのはどうしてでしょう(笑)。
ちょっと引きで撮ったので部屋の雰囲気も伝わるかなぁと思うのですが、格子が入ったことで今まで以上に柔らかい空気感の部屋になった気がします。
この場所に設置することを提案してくれたのは営業のSさん。
提案されたときカチッ[どんっ(衝撃)]とハマッた感じがしたので即採用となったのですが、本当にここにしてよかったです。

Sさ~ん、ありがとーーーう!!

今回一緒に同行してくれたCちゃんも「くっしーらしい家ですごくいいと思うよ[わーい(嬉しい顔)]」と言ってくれたので一安心。
自分たちらしさがある家にしたかったので、細かい点でこだわった分、うまくまとまってくれたように思います。
次の見学が楽しみ[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

《おまけ》
見学を終えて帰ろうとした時、ふと玄関ポーチの軒天に眼をやるとこんな光景が広がっていました↓

IMG_3287.jpg

・・・クモです(笑)。
施主である私たちより先に住みつくとは何事か~[ちっ(怒った顔)]!と思いましたが、考えてみれば彼(彼女?)らの住みかだったところにこちらが家を建てさせてもらったようなもの。
Cちゃんも「新築の家にクモがくるのっていいことだって言われてるよ」と教えてくれたので、これからもよろしくね~[わーい(嬉しい顔)]と挨拶をしておきました。
nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

少しずつ手続き開始《備忘録》 [もろもろのできごと]

札幌は朝からあいにくの曇り[曇り]
今くらいの時期からは雪も増えてくるので、こういう曇天な日が多くなってきます。例年ならば、その見事なまでの連日曇りっぷりに辟易して、気持ちも落ち込みやすくなるのですが・・・今日は朝から俄然張り切って引越し作業[わーい(嬉しい顔)]!!
テンションもぐーーんと上昇中[グッド(上向き矢印)]!!!

なぜなら、買うだけ買って観ていないB’zのDVDが発見されたから(笑)

B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~ [DVD]

B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~ [DVD]


つい見つけた雑誌を読みふけったり、写真のアルバムを開いてしまったりと、こういう整理整頓中は誘惑[キスマーク]が多いものです。
でもDVDなら流しっぱなしでも大丈夫だし、踊れるナンバーの時は自然に踊ってしまうので(笑)問題ナッスィング!
そんなわけで予想以上に作業が進んだのでした。うふ[黒ハート]

ひとまず今日は、11月中旬から少しづつ手続きしている事柄について、備忘録も兼ねて書いていこうと思います。

◎新聞の配達中止と引越し先での配布開始手続き

我が家は、結婚した当初から愛すべき地元紙である北海道新聞(略して道新)をとっています。
もともと新聞を読む習慣がなかった相棒殿には多少の反対を受けたのですが(お金がかかるから 笑)、新聞大好きっ子な私としてはどうしても譲れない!!ということで契約。
今回引越すにあたり、現住所での配達中止と引越し先での再配布を依頼しました。

依頼の時、深く考えずに引越し日前日に中止して引越し日から新居への配達を頼んだのですが、これが結構落とし穴(^^;;;。
今住んでいるマンションには、新聞等を専門に引き取ってくれる業者さんが月に1回来てくれるのですが(粗品もくれるのでありがたい[手(チョキ)])、その業者さんが来る時期とちょっとズレるんですよねぇ・・・。

要するに業者さんが12月の上旬頃に来るので、その後から引越すまでの数週間分の新聞を、不要なのに新居に持って行かなければならないのです。
多少は引越しで使うので良いのですが、荷物を極力減らしたいと思っている身としては、ちょっと気になります。

まぁそんなことを言っていたら、燃えないゴミももう回収が終わっちゃったから(12月の回収には間に合わない)、これから先出たゴミは新居に持って行くしかないんだけど(笑)。

◎今住んでいるマンションの退去手続き

これは相棒殿に一任しました。
なぜなら最初にこのマンションに入居したのは相棒殿1人だったから。
いろんな説明も相棒殿が受けていたので、退去手続きも全てお願いしたんですよね。
すると、予想外の出来事が発覚!!

なんと退去する時に、“敷金・礼金が一切返却されない”というのです[がく~(落胆した顔)]!!!
一瞬「悪徳仲介業者だったかーーーっ(><)!」と頭に血が昇ったのですが、よくよく聞いてみるとここでも北海道仕様が適用されている様子。

“冬期に退去の場合は、敷金・礼金を返却しません”

というのが入居時に提示された契約事項のうちの1つ。

北海道の冬は1日暖房が切れただけで水道は凍り、使い物にならなくなります。
場合によっては水道管を総入れ替えしなくてはならなくなり、その費用たるや結構な金額[有料]

だからこそこちらの人はみんな“水を落とす”という作業を行うわけですが(水を落とすについての説明は割愛 汗)、やはり冬場に退去されるとそういう点も含めて何かと面倒なので、上記のような条件がついているのだろう・・・というのが相棒殿の見解でした。雪のない地域にはない条件だよね~。

そこで気になるのが追加の出費[有料]
よくマンション等の退去時にもめると言う話を聞きますが、我が家の場合は敷金・礼金がないということで部屋のクリーニング代が別途必要になるのでは・・・[ふらふら]??と思ったんですよね。
で、相棒殿に確認してもらうと、そんなに大きな金額ではありませんがやっぱり必要でした(TT)。
この物入りの時期に予想外の出費は厳しいのねん・・・。

でも、私たちが初めて一緒に暮らした家。
いろんな思い出がつまっているし、この部屋そのものがすごく落ち着ける作りで、私は心底大好き[ハートたち(複数ハート)]でした。
マイホームを考えなければ多分ずーっとここに住んでいたと思います(笑)。
なので、最後は気持ちよく退去するために、一肌脱いでがんばります[わーい(嬉しい顔)][パンチ]

◎郵便物の配達先の変更手続き

これは以前岡山から引越してきた時にも行ったので、余裕な手続き[手(チョキ)]
と思っていたら、今はもうインターネットで手続きができちゃうんですね~!知らなかったわぁ(笑)。
じゃあせっかくだし・・・ということでネットでやってみようと思ったのですが、クレジットカードが必要とのこと。

クレジットカードを出してきて番号を打ち込むより、今までどおりのハガキでの申請の方が楽かも・・・[ふらふら]

と思った私はアッサリ旧来の方法で申し込みました(笑)。
今は他人が本人になりすまして住所変更する事件も起きる世の中なだけに、クレジットカードの必要性はわかりますが、そこまでして・・・という気持ちの方が強くて。
手書きも好きだから苦にならないもんね[るんるん]

引越しに関する手続きとしてはまだまだ序の口。
追々追加して書いていこうと思います!
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工75日目 [内部仕上工事~竣工]

11月14日(土)

今日のカテゴリーは内部仕上工事になっていますが、実際この日は木工事完了にともなう現場立会いでした。
現場の進捗が早過ぎて、木工事の立会いなのにもうほとんど内部仕上げも終わっている状態(笑)。
正直もう住めるかも・・・[あせあせ(飛び散る汗)]というくらい進んでいました。

生産のIさんと合流して、まずは1階からチェック
すでにどの部屋もクロスが完了していて、新築の家!という感じがしてきました。
1階で気になっていたコチラ↓も無事完成。

IMG_3245.jpg

私が散々Iさんと話し合って決めた、キッチン背面に設置された棚】です。
まだ板が養生されているので雰囲気だけですが、なかなかいいんじゃな~い[黒ハート]?!
上の段に結構な重さのインターホンが箱ごと置いてあるけど、余裕を持って支えています。

前回見に来た時はクロスより先に棚が付けてあって驚いたのですが、Iさん曰く「クロスを張ってから付けても、いつか外した時に汚れや日焼け、ビスの跡がわかってしまうので、先に付けて周囲をコーキングしておきました[わーい(嬉しい顔)]とのこと。

確かによく見ると、メイプル板の周りなどはすでにコーキング済み。
もう外すことができないとなると外したくなる天邪鬼な私ですが(笑)、基本的にはずーっとこのままで使っていきたいと思います[ぴかぴか(新しい)]

次は【階段】

IMG_3230.jpg

これは2階から撮った写真なのですが、クロスはもとより手摺と幕板も設置されていました。
幕板というのは写真中段に手摺に添うような感じで走っている、真っ白い横板のことです。
クロスを張った時の切れ目を隠す役割を果たしていて、基本的にはどこのおうちの階段にも設置されているもの。でも展示場などではナシの場合もあります。

本当は幕板ナシでいきたかったんだけどな~(^^;。
そういう展示場を見かけたので採用したかったのですが、結構難しいみたいなんですよね。
幕板をしないでクロスの切れ目を隠そうとすると、切れ目にコーキングをするしかありません。そうすると逆に目立つと言われて泣く泣く幕板採用。
でもこうやってクロスと同色にすると思ったほど違和感はなくてホッ[ダッシュ(走り出すさま)]としました。

次に2階に上がってまず気になったのは各部屋のドアに設置された【マグネットドアストッパー】

IMG_3231.jpg

これもかなり早い段階からお願いしていた設備の1つです。
1階は全て引き戸なのでソフトクローズを採用していますが、2階は逆に全て開き戸なのでストッパーを採用。先輩blogで何度か拝見していましたが、イマイチどんな感じなのかつかめていなかったんですよね(ショールームに見本がないから)。

うーん、ウワサには聞いていましたが・・・本当にマグネット感がない(笑)
もう少しガチッとはまる感じがあるかと思っていたのに、ほとんどわからないですね。ストッパーそのものは結局自分の手で下げたり上げたりしないといけないので、面倒と言えば面倒。
ただ、床とほぼ平行に設置されているので、掃除は楽かな~??

そして何より今回の立会いで心待ちにしていたのはコチラ↓!!!

IMG_3227.jpg

いつもこのblogを読んでくださっている方ならば、すぐにピーンッ[ひらめき]とくるこの画像。
そうです。あの問題だった【2階の和室】です。

キャーキャーキャー(>▽<)!!すごく良い出来~[ハートたち(複数ハート)]と自画自賛(笑)。
でも本当に冗談抜きで、一目見て「お見事!」と言ってしまったほど、素晴らしい出来です。
写真だとかなり濃いピンクに写っていますが、実際はもう少し柔らかいエンジみたいな色なんですよね。その中にスッキリ納まっている同色の給気口。
いや~まさに職人技[ぴかぴか(新しい)]。感服です。

この部屋については、生産のIさんに本当によくしていただきました。
無理をお願いしたにもかかわらず、こんなにステキに仕上げてくれて、感謝感謝です[わーい(嬉しい顔)]

いろいろ変化を楽しんだ後は、先日記事にもUPしたスイッチ等の問題点を要チェックして終了。
これからは照明や住林と言えばコレ!の格子が入ってくるようです。
うわー、ワクワクだなぁ[るんるん]




レンジフードの件の報告☆でも不満ブーブーは変わらないのでスルー可です(笑)


nice!(3)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越し見積り③ [引渡し~引越し]

なんだか最近バタバタしていて、なかなかblogが書けません(><)。
書きたいことはたくさんあるのにな~!!ピッチを上げなくては!

ところでいつものblogに入る前に1つ。
先日の11月23日は私と相棒殿の[ぴかぴか(新しい)]2回目の結婚記念日[ぴかぴか(新しい)]でした。
俗に言う“藁(綿)婚式”。

当日は1日家でまったりしていたのですが、前日は住林のショールームへ行かなければならないこともあり、ついでに私たちの超お気に入りモツ鍋屋さんへ出かけました。
おいしいモツ鍋に舌鼓を打ちつつ、これまでの2年間を回顧(笑)。お互いに「あっという間だったね~[わーい(嬉しい顔)]」という一言に尽きたのでした。

結婚2年でマイホーム。
それが早いのかどうかは人それぞれだと思いますが、私たちにとっては考えに考えた良いタイミングだったと思っています。
さぁ、3年目に突入だ[手(グー)]!!

------いつものおうちづくりblog------

長々と引っ張ってきた引越し業者さんの選定。
ただ単に書くタイミングを逃していたとも言えますが(笑)、相棒殿と話しあった結果コチラ↓にお願いすることに決めました!!

IMG_3247.jpg

リフォーム番組に必ず登場する“アート引越しセンター”さんです!!!
もう決めたから名前出してもいいかなと思って(エヘ)。

今回の決め手はいくつかありましたが、まずは価格
大手と呼ばれる2つの業者さんの一騎打ちとなった段階で、正直、金額の差が倍になるとは思ってもいませんでした。だいたい同じくらいか、もしくは多少高くても交渉次第で似たような金額になると思っていたんですよね。
でも結局パンダさんは値下がりせず、それならばアートさんで・・・となりました。

次が営業さんとの相性
完全に営業オンリーしかやっていないパンダの社員さんと、現場も兼ねているアートの営業さん。
実際の現場をよく知っているという点で、「責任をもってしっかりやる自信があります!」の言葉にリアリティを感じました。
雰囲気も頼りがいのありそうな人(←TOKIOの山口くんみたいな体格 笑)だったので、結局引越し当日の作業指名もしちゃいました[黒ハート]。言葉にウソがないと信じたいと思います!

あと、相棒殿がとても心惹かれていたのは経験年数
パンダさんは札幌に進出してまだ6年・・・だったかな??
アートさんは20年になるそうです。
今回は真冬の引越しで、おそらく当日も雪が降るのではないかと思いますが、それに対応できるスキルの高さ[グッド(上向き矢印)]を考えるとアートさんに軍配が上がりました。

最後は細かい点でのサービスかなぁ。
梱包用のガムテープは白・赤・黄色の3色に分かれていて、どれも1つづつ(白だけ2つ)もらえます。
赤は「われもの用」黄色は「新居ですぐに使いたいもの用」、白は「その他」となり、それをもとに新居での箱の積み上げを考慮してくれるんですよね。
特に黄色はすごくいいなぁ~[目]と感心しました。別に手荷物になると大変なんだもん(^^;。

そんなわけで見積りの翌日には正式に依頼をして、パンダさんにはお断りの電話を入れておきました。
ウワサどおりその後パンダさんから電話がかかってきましたが、タイミング良く相棒殿が出たので即終了となったようです(笑)。

後日アートさんが、上の写真のようにダンボールを山のように持ってきてくれました。
ダンボール大20枚小20枚の計40枚とハンガーにかかった服を丸ごと入れられるハンガーボックスが2つ。引越し日が近づけば16足入るシューズボックスと、食器を梱包不要で入れられる食器ボックスを持って来てくれる予定です。

ちょっと気になったのは、このダンボールを持ってきてくれたときのこと。
持ってきてくれた作業員の人の態度があまりいただけませんでした・・・(--;;。
我が家は今エレベーターのないマンションの4階に住んでいるのですが、そりゃ確かに大変だと思うんですよ。階段幅もそんなに広くないし(むしろ狭い)、大きな平たいダンボールの束を持って上がるのは大変です。

でも途中で大音響をたてて箱を階段に置いたり(階下の人は驚いたに違いない)、束を玄関に立てかけてそのまま帰ってしまったのにはちょっと不安を覚えました・・・[がく~(落胆した顔)]
そこで部屋に持って入ってほしかったと思うのは私のワガママ??
規定か何かで室内に入ってはダメとか決まっているのかなぁ???
「運んでください」と言わなかった私が悪いのかもしれませんが、一人で玄関から室内に運びこむのは大変でした・・・。

相棒殿にもその夜報告しましたが、価格で決めただけにちょっと不安です(笑)。

でも、とにもかくにも引越しまであと1ヶ月!!
こちらもピッチを上げなくてがんばらなくては!!!
nice!(6)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工72日目 [内部仕上工事~竣工]

なんだか妙に久々の更新な気がする・・・(笑)。
実際はたった中3日空いただけなのにな~。
今週前半は、以前ちょこっと書いた家族との意思疎通の難しさにまだ凹んでいたのですが[もうやだ~(悲しい顔)]、後半は親友のCちゃんがお泊まりに来てくれたりして気分がかなり復活しました!!Cちゃんの存在に大感謝[ぴかぴか(新しい)]

そしてそれに輪をかけて私を元気付けてくれたのは、“B’zのLIVEチケット抽選結果発表”

2009年1月22日旭川市民文化会館 取れたぁぁぁああ[exclamation×2]

FCの先行抽選の発表があったのですが、ドームやアリーナではない久々の地方ホールだったので、席が取れるかどうか不安だったんですよね。
本当はSS席を希望していましたが、結果はS席。でも不満はなし!!!行けるだけで本当に感謝感激です[ハートたち(複数ハート)][ハートたち(複数ハート)]
北海道に引越してよかった・・・(笑)。

そんなわけで、NEW ALBUM[CD]もヘヴィロテ中の私。元気復活で引越し作業もがんばってます!
一応宣伝(笑)。

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

MAGIC(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: VERMILLION RECORDS
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD


------いつものおうちづくりblog------

11月11日(水)

ぞろ目でなんとなく縁起の良さそうなこの日、日付とは裏腹に、猛烈な風とみぞれの中で現場見学をしました(笑)。
でもおうちの中はそんなに寒くなくてビックリ[目]。気密性の高い家(でもまだ完全ではないけど)の力を体感しつつ見学開始です。

まず一番に目を引いたのは【玄関土間のパイピング暖房】の設置↓

IMG_3215.jpg

ちょうど現場に着いた時に業者さんがやって来て、作業を間近で見ることができました。
このパイピング暖房というのは、要するに土間用の床下暖房のようなもの。
本来ならば、玄関ホール内の壁の一角にパネルヒーターを設置するのが普通なのですが、以前記事にもUPしたように(それはコチラ)見た目でNGを出した私たちに設計士のAさんが提案してくれた設備です。

Aさんからもパネルヒーター並の暖かさは期待できないと聞いていたので覚悟はしていますが、一応業者さんにも聞いてみました。

くっしー 「やっぱりこの手の暖房はあんまりあったかくならないんですか
      ねぇ?」
業者さん「パネルヒーターみたいにはならないねぇ。でもこのホールにもパネ
      ルヒーター付くんだよね?・・・え?付かない??・・・あー、いや、
      だからってホールでコート着なきゃ耐えられないとかはないよ(汗)」

と、ちょっと業者さんに気を使わせてしまいました(笑)。
やはり外気が一番入ってくる空間だし、室内ほどの温もりは期待できないみたいです。
ただ、私が一番心惹かれた[ぴかぴか(新しい)]濡れた靴が一晩でバッチリ乾く[ぴかぴか(新しい)]というのは間違いないそうで、雪国暮らしとしてはとってもシアワセ[黒ハート]

そんな玄関ホールですが、コチラ↓も設置されていました。

IMG_3214.jpg

わーい、エントランスキャビネットがきた~[わーい(嬉しい顔)]
住林の標準仕様ですが、収納力バツグンの大きさです。
本当はカウンタータイプがいいなぁと思っていたのですが(私の身長だと上が届かないから)、長い目で見たら靴も増えるだろうし靴以外も入れられるし、何より高い位置の棚は相棒殿専用にできるので採用となりました。

室内へ入ると、業者さんは不在でしたが【クロス張り】がスタートしていました↓

IMG_3181.jpg

先輩ブロガーさんたちのblogでよく見かけた、ビス埋め後のまだら壁。
正直、UPしてくださっている写真を見かけるたびに「虫とか蛇の模様みたいでちょっと・・・[がく~(落胆した顔)]」と思っていたのですが、ナマで見るとやっぱり凹みました(笑)。
でもそれだけキッチリ埋めてくださっているということ。ありがたいです(^^)。

どこもまだビス埋め中かな~?と思っていたら、一ヶ所完全に張り終わった空間がありました!!
それがコチラ↓

IMG_3191.jpg

写真の撮り方がイマイチなのですが、トイレ内部です。
ここは壁全面張り終えていて、あとはトイレそのものと小物が設置されるのを待つばかりという状態。
クロスに関しては、トイレが私の一番気合を入れた空間です。1面だけ遊びで色を入れたのですが、写真を見る限りなんか薄い・・・(笑)。

左端にチラリと白い壁が写っていますが、それが他3面と天井の白いノーマルなクロス。
カウンター+手洗いの背面が色クロスなのですが、この色を引き立ててくれるカウンターたちが養生中なので、ただ単に薄く見えてしまいました。
まぁ、竣工のときには養生もはずれて、また雰囲気が変わると思う・・・んだけどね(笑)。

設備で言えば、玄関のキャビネット以外にキッチンも様変わりしていました。
まずは私が生産のIさんと喧々囂々話合った【背面の棚2段】がついに完成!

IMG_3206.jpg

クロスがまだなので雰囲気がイマイチですが(^^;;、思っていたとおりの出来に大満足[ハートたち(複数ハート)]
板はどちらも奥行30cm、材木はメイプルです。

下の段は奥行を浅くしてもよかったかなぁと思いましたが、鍋も置きたいという私の言葉を聞いたIさんが熱心に同じ奥行を勧めてくれたので(笑)、採用。
見せる収納でいくと決めた以上、ここは私の腕の見せどころなので、今後はしっかり棚活用の勉強をしたいと思います!

もう1つ設置されていた設備は【キッチン前カウンター下の調味料入れ】

IMG_3198.jpg

キッチンも全部設置されていましたが、養生でほとんど見えず(^^;。
その代わりこの調味料入れの部分がすごく目を惹きました[目]

これは、設備決めの最終段階で急に欲しくなったものの1つ。最初はキッチンに合わせてEIDAIさんのステンレスタイプを勧められましたが、キッチンパネルが一面に張られた中にステンレスは妙に浮くかも・・・と思って同じキッチンパネルで造作してもらいました。

まだ完成ではありませんが、やっぱり造作にしてよかったです!この自然な統一感とか雰囲気がたまらなく私好みに仕上がっていて、ウキウキ(笑)。ここに調味料を並べるのが楽しみです[るんるん]

最後は外観部分。
細かい設備が設置されていました。

 IMG_3217.jpg IMG_3218.jpg

写真左は【電気メーター等のBOX】です。
まだ中のメーターはついていませんが、色が家の外観と同色なのでホッ[ダッシュ(走り出すさま)]
写真右はまだ住林と契約する前にお邪魔したオーナーさんのお宅で見かけた【雨垂れ防止】。そのお宅のオーナーさんに「これは絶対つけたほうがいいよ!」と言われていたので、かなり早い段階からお願いしていました。
最近はほとんどのおうちに付いているみたいです。

前回UPした問題点勢ぞろいでかなりプリプリ[むかっ(怒り)]していた私たちですが(笑)、少しづつ完成が見えてくるとやっぱりうれしいものです。

レンジフードの排気口については営業さんにもちょっと話をしてみますが、今更手直しもできないので、納得できる説明を受けられたらそれで終わりにしようと思います。
たくさんのアドバイスありがとうございました(^^)。でも納得できなかったら記事にするかもしれませんけどね(笑)。

※一部訂正しています【同日内】
らぴまっくさん、ごめんなさい(><)
nice!(5)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

要検討!! [木工事]

基本的に“木工事”と呼ばれる工程が完了した我が家。
でもその工程の中で、いくつか問題が浮上[グッド(上向き矢印)]しました。すでに解決したことばかりですが、せっかくなので今日はまとめてUPしたいと思います。

まずはコチラ↓

IMG_3156.jpg

キッチン背面のコンセント】の位置が問題。
すでに2ヶ所穴が開いているのですが、どちらも指定した場所と違~う[ふらふら]!!
実はこの場所、最終間取り図に載っているのとは違う位置に変更したのを、以前生産のIさんと一緒に確認していたのです。
なのに前のままになってるってどういうこと~[むかっ(怒り)]?!

写真左下の方にある穴はカウンター用のもの。
お菓子を作ったりするとき、この背面カウンターで作業をしたいなぁと思ってつけてもらいました。
一応リビングからも見える場所なので、できるだけ冷蔵庫寄り(写真右端に冷蔵庫がくる予定)にしたかったのに、妙に左寄りで目立つことこの上ナッスィング!

写真右上の方の穴はその冷蔵庫用。
これも冷蔵庫の高さが180cmなので、合わせて190cmでお願いしていたのに何だか低い・・・。
違和感を感じて図ってみると、なぜか180cm弱くらいで設置されていました。

どちらの件も慌てて生産のIさんに電話で確認。
Iさん曰く、位置を変更したことは業者さんに伝えてあるそうなのですが、その業者さんから職人さんへ伝わる前に穴が開けられてしまったのではないか・・・ということでした。
うーん、それって伝達に時間がかかりすぎてるような気がするけど(汗)??

結局、その後生産さんがあらためて業者さんに連絡をとってくれて、ピンクで書いた正しい位置に訂正してもらいました。
建築先輩ブロガーさんたちが、「現場へ図面とメジャーを持って行くとよいですよ」アドバイスしてくださったおかげで、早々に発見[ぴかぴか(新しい)]できました!本当によかった~[黒ハート]

次がコチラ↓

utdoa.jpg

スイッチの高さ】が問題点。
あんまりいい写真がなくてわかりづらいのですが、右端にチラッと移っている穴はキッチン周辺用のスイッチが設置される場所です。
すぐ右のキッチン前カウンターより低い位置についてるんですよね・・・。どう考えても低過ぎじゃないの??と思ってコチラも生産さんに電話で確認しました。

これは後日Iさんが確認したところ、「確かに低過ぎです[ふらふら]」とのことでした(笑)。

この位置にはスイッチ以外に“インターホン”と“MR”が並ぶことになっています。
しかも私が前もって「上をそろえて並べてください」と指定していたので、それを踏まえてIさんが業者さんにお願いしたのがトラブルの発端。
インターホンとMRを使い勝手の良い高さに並べて設置すると、どうしてもスイッチが下に下がってしまい、こんな位置に穴があいたのだそうです。

「気がついてくださってよかったです[あせあせ(飛び散る汗)]」と平身低頭で謝ってくれたIさんと、あらためて位置確認↓

IMG_3238.jpg

わかりづらいですが、左上:MR、右上:インターホン、左下:スイッチという並び。スイッチを標準位置(130cm辺り)に設置して、あとの2つはさらに上に上げることにしました。
身長の低い私でもきちんとインターホンが見えるので問題なし。やれやれです。

まだあります(笑)。次はコチラ↓

IMG_3148.jpg

先日設置されたくっしー念願の120cm幅洗面台!
でもその横に開けられた【UT照明のスイッチ】穴が大問題。スイッチとタオルが多少干渉するのは前から聞いていましたが、このままだとタオル掛けをつける場所がないのです。

まだ設計士のAさんとプラン決めをしているとき、ここは三面鏡になっている洗面台が入るので「三面鏡の開き戸とスイッチ、タオル掛けが干渉し合わないようにしてください」とお願いしたことがありました。
Aさんも心得たもので、壁の長さやタオル掛け等の位置をきちんと設定すれば干渉し合うことはないと言ってくれたんですよね。そのかわりスイッチとタオルは多少干渉するかもしれないけど・・・と。

わかってはいましたが、実際こうして穴の位置を見ると、とても「多少干渉する」程度ではない気がします。
タオル掛けと開き戸が干渉しないように設置すると、おそらく今度はかけたタオルがスイッチを覆い隠してしまうに違いない・・・[がく~(落胆した顔)]
これまた生産のIさんと位置の再確認を行いました。

Aさんの言葉を信じていただけに、こうして問題点として浮上するのは納得がいかない私と相棒殿。
でも3人であーでもない、こーでもないと話しあった結果、タオル掛けは一般的より気持ち低い位置に設置し、スイッチはその上に取り付けることにしました。
スイッチの位置がかなり高くなりますが(といっても私の肩よりちょっと上くらい?)、こうすればタオル掛けと開き扉の干渉もタオルそのものとスイッチの干渉も起こりません。

こればかりは実際に竣工立会い時にタオル掛けをつけてみなくては、感覚がわからないんですよね~。
使い難さがないことだけを切に願っています(><)。

現場をこまめに確認するって大切だなぁとしみじみした私なのでした。


ここからはホントに不満ブーブー(笑)


nice!(3)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越しの見積り② [引渡し~引越し]

引渡し日が決まったことにより、引越し日も決めなくては!!と思った私と相棒殿。
ネットでいくつか業者を選び出し、それぞれ個別にコンタクトをとりました。
選んだ業者は以下のとおり。

《第1候補》見積りをするとお米をくれるパンダマークの引越し屋さん
《第2候補》某リフォームTV番組で毎回登場するアー〇引越し屋さん
《第3候補》ハートマークの引越し屋さん

ちなみに私は正式な引越しはこれが初めて。
結婚して北海道に引越してきた時は“クロネ〇ヤマト”さんを使ったのですが、あくまでも宅急便扱いだったんですよね。そんなに荷物もないし(とかいいつつダンボール12箱くらい 笑)、単身パックだとお金がかかるので宅急便にしました。

逆に相棒殿は今回で7回目。ある意味引越しには慣れっこです[手(チョキ)]
でも今までの引越しは独身時代だったこともあり、使った業者はどれも地元の小さな引越し屋さんばかり。大手と呼ばれる業者さんから見積りを取るのは初めてのようでした。

ネットで見積り依頼をした翌日、早速電話[電話]が!!かけてきたのは素早さで噂のパンダマークさん。

担当と思われる営業マンさんの電話での対応はとっても感じが良くて、ちょっと意外(笑)。ただ、見積り希望日を翌日(ネットで依頼した日の2日後)でお願いしていたのですが、すでに満杯なので今日はダメですか?とのこと。
思わず「え?今日ですか[がく~(落胆した顔)]??」と言ってしまったものの、こういうのは早い方が面倒くさくなくていいかな~と思いOKしちゃいました[るんるん]

そうなると、他の2社も今日見にきてくれたら何度も掃除をしなくてすむんだけどな・・・(笑)。

と思った私は、早速他の2社にも電話。
アー〇さんは前もって電話でなくメールをくれていたので、それを確認してから電話しました。
最初は戸惑っていたような営業所のお姉さんも、理由を話すと営業マンの都合を確認して折り返します、とのこと。
30分ほどした後、改めて「今日伺います[わーい(嬉しい顔)]」と連絡してきてくれました。

最後に電話をかけたのはハートマークさん。
ハートマークさんもアー〇さんと同じで先にメールをくれていたのですが、唯一メールで仮見積り額を出してくれていました。その額は驚くほど安いけど、なぜか実際に見積り日については電話してください、と書いてあります。

こっちの希望日は伝えてあるのに・・・??と思いつつ電話すると、営業所のお姉さん曰く「今日はもう予約でいっぱいなので、早くても明後日です」とのこと。
残念ながら、この時点で候補脱落[バッド(下向き矢印)]となりました。

《ここからは多少辛口なことも書いています[あせあせ(飛び散る汗)]

この日は平日ということもあり、各社の営業マンさんの相手をするのは私一人。
心配そうに仕事へ出かけた相棒殿に良い報告をするべく、価格内容ともに良い条件を引き出すぞ~!!と気合入れまくり(笑)。
そんな中、まずやってきたのはパンダマークさん。

きちんとスーツを着た礼儀正しい、若そうな営業マンさんで、「まずはこちらを・・・」と見積り依頼特典のお米をプレゼント[プレゼント]してくれました。
そしてそのまま荷物量の確認開始。

相棒殿曰く「クローゼットの中までは見ないと思うよ~」と聞いていたので気を抜いていたのに、いきなり「じゃあクローゼットの中から見せていただけますか?」の一言。
笑顔で「整理できてないんですけどどうぞ~」と答えつつ、内心「相棒殿覚えてろよ[むかっ(怒り)]」と思う私(笑)。
ただ、確かにじっくりというよりは片っ端からささーっと中を見ただけ、という感じでチェックは完了しました。

あとは処分したい品の有無や運びたい大型家具を確認して、見積り書の作成開始。
ここからが長かった・・・(^^;;;。
パンダマークさんはノートパソコンで見積書を作成するのが決まりで、なおかつそれが売りの1つなのだそうですが、とにかく作成に時間がかかるのなんの。
しかもこの時間で猛烈な自社アピール&他社非難の嵐!!

冗談抜きで覚悟はしていたんですよ。
実際に見積りをした方々から自社アピールや他社非難が多いよと聞いていたのです。
自社アピールはいいんです。自分たちを選んでもらいたくて、良いところを売り込むのが営業の仕事ですから。
でも他社非難のためにわざわざ資料を作ったり、それを見せながら「こんなの見たことありますか?」と聞くのはちょっと・・・ねぇ?(見たことあるわけないのに 怒)

散々待たされて提示された見積り額は、正直ちょっと高め[グッド(上向き矢印)]
「いかがですか?」と聞かれて素直に高いと思いますと答えると、上司に電話をかけて何かを確認。その後いくつか条件をつけると安くできますが、本来の内容ではこれ以上値引きできませんとのこと。とりあえず他社と相見積りをとったうえでお返事しますと答えました。

この時点で最初にメールで見積り依頼をしたときの重要条件

①他社と相見積りを取っています。
②見積り時間は30分程度でお願いします。
③その日その場で即決は決していたしません。

の②を軽くオーバー。むしろその希望がまったく耳に入っていないんじゃないかと思えるほど。
さらには③についてもお願いできませんか?と言い出す始末だったので、「相棒殿と相談してからお返事します」とお断りして丁寧にお見送りさせていただきました。

やれやれ・・・[ふらふら]と一息つくまもなく、すぐにアー〇さんが到着。
こちらの営業さんは、どこかで業務をこなしてきたんですか??と思えるような作業着姿で登場。
最初こそ驚きましたが、あとで聞いた「僕自身、現場で作業もしてますので」という一言に納得。

アー〇さんもパンダさん同様すぐに荷物量の確認を開始。クローゼットの中も当然チェックして、それから見積書の作成に入りました。
こちらも作成中は自社アピール&若干の他社非難。ただし、見積書が手書きなのでその時間はかなり短くて済みました(笑)。

見積り額を提示する前に、他にどこの会社と相見積りをとっているのか聞かれました。
それについてはパンダさんの時同様、「公平に比較検討したいので内緒[黒ハート]」と返答すると、やはりアー〇さんも上司へ電話をかけて何かしらのOKをもらったようでした。

結果提示された金額は・・・パンダさんの2分の1!!!

思わず声を上げそうになりましたが(笑)、公平を・・・と言った手前、表情を変えることなく見積書を受け取りました。
アー〇の営業マンさん曰く、「他にどこと競合しているのかわからないので、一発勝負[パンチ]に出させていただきました」とのこと。
その腹をくくった感じがなんとも好感度UP[グッド(上向き矢印)]です(笑)。

ひとまずこの価格もふまえて相棒殿と比較検討してお返事します、と伝えてお帰りいただきました。
約1時間弱ねばったパンダさんに比べて、30分強で引き上げたアー〇さん。
大台とも言える価格を提示してこれ以上下げられないと言ったパンダさんと、ズバリ一発勝負でその半額を提示してきたアー〇さん。
作業員が全て自社の社員であるパンダさんと、必ずしも作業員全員が社員であるとは限らないアー〇さん。

んー・・・どうしよう[ふらふら]
相棒殿としっくり相談して決めようと思います。
nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工64日目 [木工事]

今週は更新ピッチが落ちてます・・・[バッド(下向き矢印)]
体調とかメンタル面で浮き沈みがあって、ちょっとスローペース。

んー・・・。
おうちを建てるのってすっごく楽しくてシアワセなことなのに、それで家族がバラバラになってしまうなんて、あまりにも悲しいですよね。
ここにぶちまけたいけど、そうもいかずに相棒殿となぐさめあいました。

自分の中の常識は世間一般の常識と近い(語弊がなければ同じ、と言ってもいい)と思っているだけに、その常識を一番身近な家族に受け入れてもらえないのは、本当につらいことです。

私ってこんなに号泣できるのね、と冷静に自分を見つめ直しているのでした(笑)。

------いつものおうちづくりblog------

11月3日(火)

TV購入やら引越し、住博の件でおうちの進行報告がちょっと遅れてます(^^;;。
なので久々に現場見学のはなし。

毎週水曜日は私1人で、週末の土曜日は相棒殿と2人で現場へ出かけています。
でも、この日は珍しく火曜日。もちろん祝日で出かけやすかったということもありますが、それ以上に「現場に行かなくてはいけない」大きな理由があって、いそいそと向かいました。

その理由とは
“棟梁&大工さんと会えるのは今日が最後”
だから。

前回生産のIさんと立会い検査で会ったとき、「来週の木曜で木工事が終わる予定です」と聞いていたんですよね。なんだかすごく急に感じて、思わず「もう終わりですか[がく~(落胆した顔)]?!」と言ってしまったのですが、元々腕の良い大工さんたちが進めてくれたこともあり、木工事そのものが早く完了したようなのです。
それならもう1回きちんと会ってお礼を言わなくては・・・と2人で話し合い、木工事追い込み中の現場見学となりました。

初雪(平野部では)がチラつく中現場に到着すると、なんと足場の解体中!!
しかもすでに2階部分は解体し終わり、1階部分に着手していました。
ほぼ7割が見えるようになった我が家の外観・・・。
自画自賛と笑われても結構!

理想どおりで[ぴかぴか(新しい)]大満足[ぴかぴか(新しい)]です!!!

写真は、また内覧会のときにでも、内外一緒にご報告したいと思います(ジラしちゃってゴメン 笑)。

そして中へ入ると、いろいろな設備品が設置されていました。
まずはコチラ↓

IMG_3150.jpg

ちょっと写真が歪んでいる上に近すぎてわかりづらいですが、UTに造作してもらった稼動棚です。
大工さんたちの私物とおぼしきものが乗っかっていますが(笑)、思ったよりしっかりした造りでうれしい[黒ハート]

実はこの棚、以前ちょこっとだけ記事にUPしたことがあるのですが(その記事とはコチラ)、プランの検討や減額作業をしているときはまだ見積りに反映されていませんでした。
途中何度か「設計士さんや営業さんに聞いたほうがいいかな・・・[ふらふら]」と思ったのですが、黙ったままで見積りを忘れてくれていたらちょっとうれしいかも!という悪魔のささやき(笑)に負けて、ずっと確認せずにいたのです。

でも減額作業が終わりを迎える頃、良心の呵責にさいなまれた(←大げさ)私と相棒殿は思いきって聞いてみました。
相棒殿「このUTの造作棚なんですけど、プランには入っているのに見積りに
     入ってませんよね・・・?」
言われて初めて気付いたかのような設計士Aさんは、パラパラと資料を見た後、
設計A「あー・・・そう、ですね。でもまぁここは・・・それでいいんじゃないでしょ
     うかね(にっこり)」

な、なんとサービスとな・・・?!
神さま仏さま設計士Aさま、ありがとうございますぅぅーーーーー(感涙)!!!

正直に言ったことが功を奏したのか、あっさりと費用不問となりました(笑)。
とにかく減額に血眼になっている時期でしたので、とてもうれしかったのを覚えています[わーい(嬉しい顔)]
でも、実は不問になったことで、簡単な棚になるのかな~と勝手に思っていたんですよね。ところが今回出来上がった棚をみて、そう思った自分を恥じました。
とってもステキな棚をありがとう、Aさん!

それから細かい設備も入っていました↓

 IMG_3154.jpg IMG_3163.jpg

写真左がUTに設置されたポール2本。
お風呂上りに使ったバスタオルなどを干したり、洗いたての洗濯物を仮掛けしておくのに使えます。今のマンションに同じものがあって便利に使っているので採用しました。もちろん取り外しもOKです(取り外すことはないと思うけど)。
ただ、予想はしていたけど今のマンションのものよりさらに位置が高い・・・[がく~(落胆した顔)]。私は手が届きません。まぁ、相棒殿専用にしちゃうからいいもんね!

写真右は巾木です。
悩んだ末、1、2階全ヶ所ホワイトの巾木を採用しましたが、それが設置されていました。
まだクロスが張られていないので何ともいえませんが、これで少しは小さいおうちが広く見えるかな~??汚れが目立つという声をよく聞くので、ズボラな私としてはドキドキものです(笑)。

次はコチラ↓

 IMG_3164.jpg IMG_3160.jpg

写真左は2階の寝室に設置されたホスクリーンです。
この画像ではわかりにくいと思いますが、一般的なホスクリーンより長い[ぴかぴか(新しい)]ロングサイズ”[ぴかぴか(新しい)]を採用。一番短い状態にしていても私の手が届きます。
このときちょうど近くで作業していた大工さん曰く、「この長いバージョンのホスクリーン、初めて見ました」とのこと。やっぱり採用する人は少ないのねん・・・。

確かに、このロングバージョンは最短状態でも私の手が届く分、伸ばすと場合によっては洗濯物がかなり低い位置に掛かるようになります。
でも私が掛けたいのは、洗濯物だけでなく布団!!布団をかけようと思うと、多少物干し竿が低い位置にないと私の身長ではかけられないのです。
冬には一切窓が開けられなくなるこの地域で、季節を問わず布団を干したり洗濯物を干そうと思うと、ロングバージョンはかかせないのでありました[ハートたち(複数ハート)]

写真右は見てわかるとおりWICの内部の棚ができていました。
今更ながらPSを手前ではなく(写真右端にチラっと写っている壁がPS)、棚が交錯する右奥に設定すればよかった~(><)。そうしたら無駄なスペースが生まれなかったのに・・・。以前、いつもコメントをくれるなおさんに収納はよく考えるように言われていたのになぁ(笑)。できてから気付くこともあります・・・トホホ[もうやだ~(悲しい顔)]

それからコチラ↓

IMG_3158.jpg

わかりにくいのですが、通路突き当たりの天井です。
ちょうど左手にトイレ、右手に階段下収納があるのですが、天井部分がカーブを描いて下がってきています。
階段中段に無理を言って踊り場を設けてもらった結果、こうなりました。プランを作っているときから言われていたので納得済み。

でも実際どういう形かイメージできていなかったのですが、見てビックリ[目]
すっごくいいんじゃない?!
ええ、親バカならぬ家バカです(笑)。
まっすぐ伸びた(といっても短いですが)廊下の突き当たりにワンポイントのように下がってくる天井が、なんだかとってもかわいく見えて、大満足[るんるん]

最後に、北海道ならではの当たり前の風景を1つ↓

IMG_3168.jpg

おっと、チラリと我が家の外観が見えていますが(笑)、その外観部分に設置された“タラップ”です。
私はこの手のタラップは北海道へ来てから知りました。
当たり前ですが岡山にある実家には存在しませんし、ご近所でも見たことはありません。
でも北海道のおうちには、ほぼ9割くらい設置されていると言っても過言ではないでしょう。

利用方法としては第一に《雪下ろし》
でもこれは我が家の場合は当てはまりません。だって無落雪の屋根だもん。

第二に《屋根のメンテナンス》
これは該当します。年に2回はこのタラップを昇って屋根に上がり、排水溝の掃除をしなくてはいけません。

第三に《TVアンテナ等の設置及び直付け場所》
これも該当しますね。TVアンテナを屋根に取り付ける際、上り下りに利用します。さらに場合によってはこのタラップそのものにTVアンテナを直付けします。
ちなみに我が家は直付けになりそうな感じ。いろいろ最終チェックのときに確認したような気がするのですが、他のことにかまけて何も考えずOKしたような・・・。でも家の正面にアンテナがくるのはいやだなぁ(泣)。今更変えられないよね、だってアンテナ線が出てるもん・・・しくしく[もうやだ~(悲しい顔)]

そんなわけで、雪国では必需品とも言えるタラップが完成。
本当はもっと裏の方(我が家の場合南の庭に面した場所)に設置したほうが目立たなくてオススメなのですが、そうすると1階から昇れるような長~いタラップをつけなくてはなりません。
垂直に3階建て並の長さを上り下り・・・。考えただけでゾッとします!!高いところが好きな相棒殿でさえ顔面蒼白(笑)。

たとえ見た目に微妙でも、安心感を優先して家の正面に設置となりました。



今日のblogも長々と書いてしまっていますが、もしよければもう少しお付き合いを。

最初に書いたとおり、この日で棟梁と大工さんに会うのは最後でした。
念のため棟梁に確認すると「(木工事は)木曜で終わるよ」とのこと。木曜までにはもう見学の予定がなかったので、やっぱり会えるのはこの日が最後のようです。

木工事が始まって約1ヶ月強。
挨拶はきちんとしてくれるし、聞けばきちんと答えてくれる棟梁と大工さんでしたが、どうしても見えない壁のようなものを感じてうまくコミュニケーションがとれませんでした。
それはきっと私の人見知りという性格もあったし、棟梁たちの職人然とした態度もあったし、週2回という回数にも原因があったと思います。

blogにも書きましたが、差し入れのことでもずいぶん悩みました(^^;;。
でもこれは、つい先日私が持参した“岡山銘菓:元祖きびだんご”を棟梁が食べてくれているのを見て、それだけで今までのことが吹っ飛びました(笑)。
施主側の都合で勝手に用意する差し入れ。本当に思い込みと言われればそれまでですが、食べたり飲んだりしてくれることで気持ちが通じたように思えました。

一度は「早く木工事が終わればいい」とさえ思ったこの工程。
不満や不安をかかえていた私たちでしたが、できあがった家を見ると本当にこの棟梁と大工さんでよかったと思っています。
仕事は手早く腕は一流。私たちのおうちを担当してくれたことに、深く深く感謝せずにはいられません。

少し耳の遠い棟梁に、大きな声でお礼を言いました。
照れたように笑って「いやいやこちらこそ」と言ってくれた棟梁の顔が忘れられません。
大工さんにももちろんお礼を言いました。こちらも笑顔で答えてくれました[わーい(嬉しい顔)]
お2人は我が家が終わった後、さらに札幌から離れた地へ住込みで住林ハウスを建てに行くのだそうです。
真冬に家族と離れて住込み生活・・・。大変ですけど、我が家に負けず劣らずなすばらしい住林ハウスを建ててくださいね、と言ってお別れしました。

終わり良ければ全て良し。
見事な木工事をしてくれた棟梁と大工さん、ありがとうございました!

《メモ》HOTの缶コーヒー各1本づつとおせんべいの差し入れ
nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

住まい博&インテリアフェア [インテリアについて]

最後まで書いた記事が全部消えちゃって凹んでいるくっしーです・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
でもがんばってまた書きます・・・とほほ。


先週の土日、待ちに待った“住まい博2009in札幌”が開催されました!
住友林業が全国で行っているイベントで、札幌は昨年に引き続きの開催です。
その昨年は、相棒殿が長期出張東京へ行っていたため、私一人で参加。おもしろくはありましたが、やっぱり一人で見て周るのは味気ないしスタッフと話すのも緊張するしで、あんまり記憶に残ってません(^^;。

でも今年は相棒殿も一緒!!
初めて見に行くくらいのワクワク[るんるん]した気持ちで出かけました。

会場はホテルクラビーサッポロの脇にあるファクトリーホール。
ちなみにこのホテルは、私と相棒殿が結婚式を挙げたホテルでもあります(ウフフ[ハートたち(複数ハート)])。
懐かしいホテルを横目に会場に入ると、いましたっ!!!

IMG_3173.jpg

巨大看板の下にちょこんと鎮座しているきこりん!!
あまりのかわいさに、思わず写真を撮りまくる私たち(笑)。
これだけでもう来た甲斐がありました[ハートたち(複数ハート)]

住博そのものは、どちらかというとこれから建てる人やリフォームする人向けという感じの構成。
昨年はいろいろ目新しくてチェックは入れましたが、今年はすでに着工中ということで、一通りさらっと流して満足しました。
というわけで、すぐさま次の会場へ移動[ダッシュ(走り出すさま)]

今回の本命はズバリこちらの[ぴかぴか(新しい)]インテリアフェア[ぴかぴか(新しい)]です。
住博のインテリアフェアというのは、有名家具店のカリモク家具やCONDE HOUSE他数社がそれぞれ住林のお客様用にフェアを開催してくれる、というもの。
私たちは引越しをあと1ヶ月先に控え、このインテリアフェアで何かよい家具と出会いたいとずっと楽しみにしていたのです。

新築に合わせて買いたいと思っている家具は【ダイニングテーブル・ダイニングチェア・TVボード】の3点。
いずれも私たちのおうちのイメージと照らし合わせると、白木のような明るい色のものが希望です。

柔らかい色合いのものが欲しいなぁ~と思いつつ最初にたずねたカリモク家具さんは、好みの色合いが見つからずアウト[もうやだ~(悲しい顔)]
カリモクの担当者さん曰く、私たちが望むような色合いの家具そのものを取り扱っていないとのこと。確かに、ウォルナット系が多かったですね。

続いて、住林が用意してくれたタクシーに乗って(リッチだなぁ)CONDE HOUSEへ。
実は、ずっと前からいいなぁと思っていたのがこのCONDE HOUSEの家具の数々。本社が旭川市ということで、旭川家具の流れを汲みなおかつデザインもモダンでとってもステキなのです[黒ハート]

そしてついに、ここで出会ってしまいました・・・。
一体何に出会ったかと言うと、思わず一目惚れせずにはいられないほど魅力的な“ダイニングチェア”です。
ゆったり座れる座面の感じや圧迫感のない背もたれの感じ、色やデザインもとってもキュート!!これが4脚(ないしは5脚)あのおうちのダイニングに並んだら、それはもう理想的に違いない!

ただし、値段がね・・・(遠い目)。
それでなくてもCONDE HOUSEさんの家具はなかなか手が出ない価格のものが多くて、私たちには高嶺の花だと最初からわかっていたのです。
でも実際にお店で商品を見ると、それだけの価値はあるかもと思える品がたくさんありました。

そうすると、一生に一度の買い物といっても過言ではないし(特にダイニングテーブルやチェアは買い替えることはない・・・よね??)、せっかくの新築なのだから気に入った物を買ってもいいかも・・・と思ってしまう私と相棒殿。
うう、どうしよう[ふらふら]!!

ひとまず、欲しい3点全てに見積りを出してもらい、後日ICのT女史と相談することにしました。
T女史も他に見積りを取りたいオススメの家具があるって言ってたし。
少なくともTVボードは価格を抑えたものにしたいしね(そうしないとダイニングセットは厳しい 笑)。

住まい博そのものはあっさりした感じでスルーしてしまいましたが、インテリアフェアにいたってはかなり熱心に品定めしたと思います。
実際に見積もったものを買うかどうかわかりませんが、結果的にはとても有意義なイベントになりました[わーい(嬉しい顔)]
nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

引越しの見積り① [引渡し~引越し]

いきなりですが、我が家の引渡し日が正式に決定しました!!
工事そのものは予定より1~2週間ほど早く進んでいるものの、引渡し日は着工前の打合せどおり

[ぴかぴか(新しい)]“2009年12月13日”[ぴかぴか(新しい)]

となりました。
本格的な根雪のシーズンがやってくる前に・・・という住林側の思いやりで決定された日です[黒ハート]
ちなみにこの日付けを確認したのが、臨時立会いをした10月31日でした。

そして先日、この引渡し日を聞いた直後に薄型TVを購入した私たち。
配送日についてお店の人と話している時、引渡し日以外はあらゆることが“未定”であり、そのことで今後決めなければならない日付が全て“未定”になる、ということに改めて気付きました。

ひとまずTV等の配送は“未定&後日連絡待ち”で決着。
問題点だった給気口も一段落して、気になっていたTVも無事購入できて、本当ならばちょっと息抜きをしたい気分ではありましたが、そんな気分以上に痛感したのは『早く引越し日を決めなくては!![がく~(落胆した顔)]ということ。
引越し日が決まらないことには、全てが決まらないと言っても過言ではありません。

正式に引渡し日が決まったことを受け、TVを買った日の夜、私と相棒殿は引越し日&引越し業者を決めるために見積り依頼を行いました。

引越し業者については、今はネットのクチコミ[キスマーク]が本当に役立ちます。
もちろんネットに書かれていること全てが事実とは思いませんが、少なくともいつも拝見させていただいている先輩blogから得られる情報は、とっても重要で貴重[ぴかぴか(新しい)]
それらを吟味した結果、見積りを頼む業者を3社に絞りました。

《第1候補》見積りをするとお米をくれるパンダマークの引越し屋さん
  住林blogに限らず、多くの先輩blogで名前が挙がっていた会社。多少強引
  な感じの営業手法とのことですが、実際の作業は高評価されているように
  思います。札幌市内でもトラックが走っているのをよく見かけるので第一候
  補に。

《第2候補》超メジャーリフォームTV番組で毎回登場する引越し屋さん
  今回は新築に引越すということで、作業に安心が持てる大手の業者を条件
  にしている私たち。そうなると自然に名前が挙がってきました。
  以前は国民的キャラクターがCM等に登場していましたが、いつの間にか変
  わっていたんですね。全然知らなかった~(笑)。

《第3候補》ハートマークの引越し屋さん(これはバレバレだなぁ 笑)
  ネットによくある一括見積りのサイトで、“大手業者”として名前が挙がってい
  たので頼むことにした会社。名前は確かに聞いたことがあったし、まず公式
  サイトで詳細な荷物チェックの上で仮見積りを出してくれるのが好印象で依
  頼。でも後日“大手よりはちょっと下”と聞きました(^^;。

この3社へ個別に公式サイトから見積り依頼。
上にも書いたように一括見積りの便利なサイトもありますが、たかだか3社だし、それぞれのサイトもじっくり読んでから申込みたかったので1社づつ申請しました。

申請する際、たいていどの会社でも『通信欄・要望欄』という類の項目があります。
そこに私たちなりの条件を書いて送信。
それがコチラ↓

①他社と相見積りを取っています。
②見積り時間は30分程度でお願いします。
③その日その場で即決は決していたしません。

という3ヶ条。
この3つがどこまで営業マンに伝わるのかということも、業者選択の条件の1つ。
大手だからこそ、客からの要望をきちんと下まで伝える力がないとダメだと思っているので(^^)。
加えて日程の都合上、各営業マンさんの相手を務めるのは私一人!!仕事をしていた頃の自分を思い出して(笑)、厳しくチェックしていきたいと思います[目]

さて、どの業者さんとご縁があるのかな~??
nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

やっとVIERA LINKできます [NEW雑貨・NEW家電]

岡山から帰省した翌日、現場見学の帰りに札幌駅前にある某家電量販店に立ち寄りました。
目的は、今回の引越しを機に買い替え予定の“TVの価格チェック

実は、2年ほど前に岡山にも同じ家電量販店がオープンしていて、帰省の際に軽い気持ちで立ち寄っていたんですよね。
そのとき、入り口近くに展示されていたTVの店頭価格にくぎづけ[目]!!
前から買い替えを検討していたので、欲しい商品の価格チェックはずっとしていたのですが、それが札幌に比べて格段に安いではないですか!その差なんと約5万円[バッド(下向き矢印)]!!!

なんでこんなに安いんだろう・・・[がく~(落胆した顔)]
帰省前に札幌で見た時は、やっぱり年末にならないと下がらないかな~なんて思ってたのに・・・。

私と相棒殿が愛用しているその家電量販店は、東京本店の価格がそのまま全国の標準価格になるとのこと。
ということは、帰省していたたった1週間ほどの間にガクッと下がったのか、もしくは岡山店独自の特別価格ということになります。
我が家のITボーイ(@家電芸人)である相棒殿も、さすがの低価格に衝撃を受けた様子で、真剣に「お義父さんに頼んで送ってもらおうか・・・[ふらふら]と言い出す始末(笑)。

結局、どんなにありえないような価格であっても、さすがに岡山で買っては帰れないということで諦めて帰りました(^^;;;。

でも、相棒殿の中では「これが全国価格ならば、今が買いだ!」という気持ちが非常に強く沸いてきたらしく、私に「お店に見に行こう[パンチ]!」と猛アピール。
帰省直後の現場見学も結構疲れたし、できることなら次回にしたいよ~[もうやだ~(悲しい顔)]と内心思っていた私でしたが(笑)、相棒殿の気合の入れようと価格を比較したいという好奇心に負けて、北海道へ戻ってきた翌日にこうして駅前の家電量販店を訪ねたのでした。

もう何度となく訪れたTVのフロア。
ズラリと並ぶ各メーカー一押しの薄型TVたち。
その壁際に、私たちが狙うTVがどーんと展示してありました。
ドキドキしながら見た店頭価格は、やっぱり岡山へ帰省する前と1円も変化なし。やっぱり岡山価格だったか・・・と思いつつ、近寄ってきた店員さんに実際の販売価格を確認すると・・・

「今なら1××,000円ですね」

・・・え?
そ、それって、岡山で3日前にチェックした価格よりさらに約1万円、や、安いですよ(@@;;;??

「この商品はここにきて一気に下がったんです。でももう下げ止まりだと思いますけど」

よっしゃあ!も、も、も、もらったぁぁぁっ[手(グー)]!!!

ということで、アッサリ(でもちゃんと交渉しましたよ 笑)即決しちゃいました。
今回購入したのはコチラ↓


ずっとずーっと欲しかったPanasonicのプラズマTV“VIERA”です。
もともと、1年ほど前にHDDのDIGAを買っていたんですよね。
BDは見られない(BD対応のDIGAはまだ高くて買えなかった 笑)のですが、まったく不便を感じない愛用機なので、これにふさわしいTVを買いたいと思っていたのです。

これでようやくVIERA LINKをつなげて、リモコン1つで動かせるようになるかと思うとうれしい~[黒ハート]
一瞬、インターホンともつなげようかなと思いましたが(インターホンもパナ製)、よくよく調べると対応機種ではありませんでした・・・残念。
ま、小さいおうちなので、TVで来客を確認するのもインターホン画面を見に行くのもたいしてかわらないのでいいんですけどね(笑)。

満足な価格でTVを買えたのはよかったのですが、引越しに合わせてまだやらなければならないことがあります。
TVアンテナの設置工事見積りの依頼や実際の工事日の確定、さらにはそれらを踏まえての家電の配送日決定・・・。
お店の店員さんが困惑するほどあらゆる日程が「未定」で購入しているもんだから、全てが押し気味です(笑)。

そしてこれらを決めるには、やはり[ぴかぴか(新しい)]正式な引渡し日の確認と引越し日の確定[ぴかぴか(新しい)]をしなければ!! 
nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工61日目 [木工事]

10月31日(土)

前回の現場見学の翌日から約1週間弱、私の実家がある岡山帰省していました。
家族や友人との連日連夜の大宴会[ビール]に加えて、丸一日がかりの稲刈り手伝い(でも完了できず残念)、さらには恩師への挨拶や前職の同僚宅を訪問など、とにかく猛烈にリフレッシュ[ぴかぴか(新しい)]しまくり!!

もう少し時間があれば県外へ足を伸ばしたり、1年近く会っていない友だちを訪ねたりできたかな~。
でもそう予算もないし(笑)、今回は『岡山(特に地元地域)堪能Weekという感じだったので、とっても大満足です[ハートたち(複数ハート)]
あ、あともう1週間早く帰れたら“住まい博in岡山”に行けたかもしれないのは残念!岡山の住林展示場も見に行きたかったけど、これも次回へ持ち越しです。

そんなわけで、行きと同じく新幹線[新幹線]+飛行機[飛行機]で片道11時間という強行軍で帰省した翌日、私と相棒殿は久々に現場へ出向きました。
この日は生産のIさんも立会い、問題点チェックの検査を行います。検査といっても施主側が頼んでいたことの確認なので、臨時立会いという感じ。

元々工事の進み具合が早い我が家ですが、1週間ぶりとなると猛烈に出来あがっていました!!
まずはコチラ↓

IMG_3133.jpg

玄関のニッチの部分に、カウンター材が取り付けられていました。
やっぱり奥行きは浅いですが、実際には壁奥にエコカラットが貼り付けられるので、見た感じがさらに浅くなりそうです(笑)。でも今から何を飾るか考えるだけでワクワク[るんるん]

続いてコチラ↓

   IMG_3123.jpg  IMG_3118.jpg

帰省前に見に来た時ちょうど作っていた階段が、ついに完成!
しっかり養生されているので全然様子がわかりませんが、写真左が1階から見た階段で写真右が2階から見た階段です。

私、階段のカーブが非常にニガテなんですよね~(^^;;。
左回りにしろ右回りにしろ、△に先細りしている階段の形状を上り下りするのがとても下手。なのでできれば上からでも下からでも使える大きな踊り場が欲しかったのですが、予算の関係上、2階に近いカーブの部分に1ヶ所設置となりました。

一応歩いてみましたが、手摺がついて毎日上り下りしていたらすぐ慣れそう!
もちろん、1ヶ所でも踊り場を作ったこともやっぱり正解[手(チョキ)]でした。滑り落ちてもなんとかなるという安心感が違います(笑)。

それからドアというドアが入っていました~[るんるん](和室を除く)

   IMG_3125.jpg  IMG_3114.jpg

写真左は1階のUTとトイレで採用した、横木目調のホワイトドア《引き戸》です。
以前きこきこさんのblogで久々に実物の写真を拝見しましたが(その節はありがとうございました!)、実際にこうして目の前に設置されると「これを選んでよかった~[わーい(嬉しい顔)]」と思いました。
小さい家なので、なるべくクロスと同じ色にして空間の広がりを演出したかったのです。汚れやすいのは承知の上・・・(><)。

写真右は2階の全室で採用した(和室以外)、横木目調のライトオークドア《開き戸》です。
そう、左のホワイトと色違い。
2階の床材がクリアくりなのでドアはメイプルにしようかと思ったのですが、正直メイプルの開き戸のデザインがいまいち満足できず。
木目調ホワイトドアの2本の溝(写真ではわかりにくいですよね 汗)のデザインがとても好きだったので、色違いがないか聞いたところビンゴ[exclamation×2]即決定となりました。実物、かなりイイです。

そしてついに・・・私の心血を注いだ(←大げさ)書庫が入っていましたーー!!!

IMG_3117.jpg

ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー!

稼動式の書棚3台が壁一面に設置されています。
憧れの・・・憧れの壁一面の書庫・・・感無量~[ハートたち(複数ハート)]!!!
ショールームで実物を見ていましたが、こうして配置されると充分な収納力に大満足です。今回の帰省で実家からハードカバーのハリーポッター5冊を持って帰った甲斐がありました(←飛行機荷物の個人の持込制限量をはるかにオーバーした 笑)。

全体的に本当にとても進んでいて、前回見に来た時に積み上げてあった床材も大半がすでに養生状態でした。
いろんな住林blogで見てきた、紙等を均等に挟みながら床材を並べていく工程が見られなかったのは残念ですが、きれいにできていたようなので満足です。

最後に、今回のメインイベント“立会い検査”です。
最初にも書いた通り、検査と言うより私たちが頼んでいたことの確認。
その頼んでいたことというのは、以前にも記事にした『和室の給気口について』です。

四面ある和室の壁のうち、一面だけクロスで遊びを入れた我が家。
色を入れたクロスを採用したのはいいものの、うっかりしていたのは真っ白い給気口。色壁の中に真っ白って目立ち過ぎる~[目]!!!と気がついてから、生産のIさんにムリを言って対応を考えてもらいました。

対応策としては“給気口を壁と似た色に塗装してしまう”というもの。
実際に見本を作ってもらい、それを見た上で判断すると返事済み。その見本を今日見せてもらう約束になっていたんですよね。
そしてできあがった見本が、コチラ!!↓

IMG_3110.jpg

クロスが張られていないので少し暗い写真ですが、左上の真四角のものが塗装された給気口。そのすぐ左下に張られた縦長の紙が、この面の壁に採用されるクロスのサンプルです。
皆さま、どう思います??
私は正直「思っていた以上にいいかも!!」と一番に思いました。

生産さん曰く、前もって頼んでいた「似たような色がなかったら一段濃い色に」というお願いは、今の段階でまだ可能とのこと。
でも濃くしていないということは、塗装屋さんはこの塗装の色とクロスの色が限りなく近いと判断しているということです。
クロスが完全な1色使いではないので、気持ち給気口の方が明るく感じますが、引いて見たらさほど違和感を感じないんですよね。

しかも、細かい技術に感心したのですが・・・

IMG_3112.jpg

きっちり中も塗装してくれていました(白い部分は外から見えない)。
その塗装技術にひたすら感心する私と相棒殿。
生産さんも「なかなか良い出来[ぴかぴか(新しい)]だと思います」と少し自慢気です(笑)。

何度もクロスのサンプルと比べてみて迷いましたが、結局これでGO!サインを出しました。
もちろん塗装ですから、何年かすればどうしてもどこか引っ掛けたりして剥げてくることも了承済み。それは仕方がないことだし、新築の時に白い給気口が目立つよりは全然マシです。
相棒殿も最初は「うーん、濃くてもいいかな~[ふらふら]」と迷っているふうでしたが、この微妙な色を少しでも濃くするともしかして悪目立ちするかも??と思い直してOKしてくれました。

問題発覚当時はいろいろテンパってしまって(笑)、このblogを読んでくださっている皆さまにはいろいろアドバイス等いただき、ようやく落ち着いて対応することができました。
本当にありがとうございました!!
でも、この塗装代聞かなかったんだよねーん(笑)。高額にはならないと思うけど、請求書見るのがちょっと怖いかも(^^;;;。


《メモ》280mlのペットボトルのお茶(HOT)と缶コーヒー(HOT)、岡山土産のきびだんごを各2つづつ差入れ

実は、この日初めて棟梁が差し入れたお茶を飲んでくれているのを見ました~(感涙)!!
しかもお土産のきびだんごを食べてくれているところも目撃!すごーくうれしかったです。はぁぁ、よかったぁ[るんるん]
差し入れたのはコチラ↓の廣榮堂本店さんの元祖きびだんご。
五味太郎さんのイラストがかわいいので、私は結婚式のプチギフトにも採用しました(笑)。
kibidango.JPG

nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工54日目 [木工事]

10月24日(土)

翌日からの岡山帰省[飛行機]を前に、なるべく最新のおうち状況を実家の両親に知らせたいと思い、相棒殿と2人で現場見学へ出かけました。
前回のときはキレイだった紅葉も、たった3日ですでに終わりかけ・・・。北海道の冬ももうすぐです[雪]

木枯らしが吹く中現場に到着すると、外壁工事が完全に終了!!

IMG_3068.jpg

相変わらずきこりんシートがあるのでよくわからない画像ですが、これぞまさにイメージどおりの出来栄え[ぴかぴか(新しい)]!!!恥ずかしいくらい自画自賛しました(笑)。
でも冗談抜きで、不安に襲われてショールームで何度かチェックし直した時のことを思い出すと感無量。迷った末にこの色合いのものを選んでよかった~[わーい(嬉しい顔)]
またWeb内覧会の時にでも(一応やる予定[黒ハート])、完全な外観をUPしたいと思います。

そして中へお邪魔すると、相変わらず棟梁たちがキビキビとお仕事中。
ふと玄関内の資材置き場を見ると、なんとそこには・・・

IMG_3050.jpg

“メジロカバの無垢床材”キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!

てんこもりに積み上げてある箱に何の記載もないので、最初は中身がまったくわかりませんでした。
でもよく見ると下の方の箱が一つだけ開封されていて、中を見るとそれはもう見紛うことなき床材がズラリ。思わず相棒殿と目を見合わせてニヤリ☆としてしまいました(笑)。

思えば住林との契約を最後に大PUSH[グッド(上向き矢印)]したのは、この床材との出会いだったんだよね~・・・(詳しくはコチラ)。北海道の木を使った家を造りたいと言った相棒殿と、シンプルで明るい、でもベタベタに甘くない家にしたいと思っていた私の気持ちを、これでもかとガッチリ組み合わせてくれたメジロカバ。
年月が進むにつれて黄色っぽく変わっていくとはいえ、最初のこのメイプルともライトオークとも違う色合いに、すっかりメロメロになってしまいました[ハートたち(複数ハート)]

このメジロカバの床材は1階の玄関ホール・LDK・廊下。1階部分のほぼ全部を網羅。
張られるのはもう少し先とのことなので、おそらく私が実家から帰省した暁には完了していることでしょう!
ウフフ、楽しみ~[ぴかぴか(新しい)]

他にも床材が届いていました↓

   IMG_3049.jpg   IMG_3031.jpg

写真左はUTやトイレに使用される床材“サニタリーフロア”です。
これはメジロカバとの色合いを損ねないように、メイプルを選択。印象がどうなるのか興味深々なので、こちらも張られたところを早くみたいものです。

右が2階全室(和室を除く)に張られる予定の無垢床材“クリアくり”です。
これは私たちが2009年2月に住林と契約したことによる契約特典。
最初は別の特典がついていたのでこのサービスは受けられないはずだったのですが、予算のない私たちを不憫に思ってくれたチーム住林が(笑)追加してくれました(←もちろん別の特典もそのままOK)。

クリアくりを選んだ理由としては、2階というプライベート空間を良い意味で《個人主義》という感じでまとめたかったからです。

元々私の中に「くり=クールな印象」というイメージがあったんですよね。
加えてクリアという色合いは、清冽な雰囲気や澄んだ空気感を持っているように感じ、1階のあったかい優しい感じとは少し違う世界観を表現してくれそうだなと思ったわけです。
私の渾身の[パンチ]書庫や(笑)、相棒殿の希望した和室、そして家族それぞれの寝室・・・。
静謐であることを良しとする空間=クリアくりに落ち着きました。

新しい資材に喜んだあと室内へ足を踏み入れると、今度は階段を作成中でした!

 IMG_3048.jpg IMG_3070.jpg

Clubforestでそろそろ階段作成と聞いてはいましたが、タイミングよく本当に作っている真っ最中に遭遇。
まず壁に階段を支える金具を取り付けてから、1段分づつ踏み板とを蹴上がり板をくっつけていきます。黙々と作業をする大工さんを思わずマジマジと見つめる私と相棒殿[目]
これも帰省後には出来上がっているに違いありません。

そして今回相棒殿が一番喜んだのがコチラ↓

IMG_3056.jpg

LDKの天井が全て石膏ボードで覆われ、相棒殿が切望していた“折り上げ天井”が姿を現していました!
彼曰く「思ったより折り上がってない(笑)」ということでしたが、笑っていたので納得しているのでしょう(^^;;;。
私としては、正方形の広さがちょうど良い感じにリビングとダイニングを分けてくれているように見えて、なかなか良い出来だと思います[わーい(嬉しい顔)]
これで照明が入るとまた少し感じ方も変わるかな??

と、こんな感じで大工さんの邪魔をしないよう気を遣いつつもウロウロしていると、住林の作業服を着た方がいらっしゃいました。
生産のIさんではなく初めてお会いする人でしたが、「何か気になることはありませんか」と聞いてくれたので、ここぞとばかりに気になる点を一緒に要チェック↓

IMG_3047.jpg IMG_3063.jpg

まず左の写真は2階の和室にある窓の桟です。
まだカウンター板が乗っていない集成材がむき出しの状態ですが、ビスを強く打ち込んだためにヒビが走ってしまっています。
私たちも集成材の特徴として、一番上の板にこういうヒビが入っても奥まで同じように割れているわけではないとわかっていますが、やっぱりなんとなく気持ちよくありません。

実は内部工事が始まった頃、キッチンの天井部分でも同じことがあったのです。
それについてはカメラに撮っていなかったので(ビデオには収めた)記事にはしませんでしたが、その時も気になったので別板をあてがって補修してもらいました。
今回は、立ちあってくれた住林スタッフさん(結局最後まで何者かわからずじまい 笑)が、てきぱきと大工さんに声をかけて集成材そのものを張替えてくれるよう指示。ホッと一安心です。

右の写真は見てわかるとおり、窓ガラスにヒビが入っています・・・[がく~(落胆した顔)]
しかもこの窓、あの相棒殿がぜひにと採用したリビングダイニングにある大型窓。
防犯ガラスってこんなに簡単にヒビが入るの?!それとももしや夜中に泥棒が侵入しようとしたとか??!!と恐れおののいていたのですが、理由は

「資材を搬入した業者さんが誤ってぶつけ割ってしまった」

とのこと。しかもタイミング悪くまだ防犯ガラスが入ってなかったようです(笑)。
もちろんこれは住林側の不手際ということで、即交換となりました。

まぁ交換というのは当然なのですが・・・正直ちょっと不満が残ります[ふらふら]
私たちが割れたのを知ったのはこの日だったのですが、実際に割れたのは数日前のようなんですよね。こんな大切なことが、こちらから聞かないと知らされない、まったく連絡されてこないというのはどうかと思うのです。

たとえ施主が割れたことに気付いていなくても、「割れてしまったので交換しておきます」と一言連絡をくれれば「そんなことがあったのか~。でも交換してくれるならよかった」と安心しますし、こちらがヘンに不安を抱かずに済みます。
第一、割れたことがいつ生産さんに知らされたのか、はたまた今日の段階で生産さんがこのことを知っているのかさえ、私たちにはわかりませんでした。

建ち始めた最初の頃ほど工事の進捗状況に不安はありませんが、こういう連絡が一切ないのはいろんな意味で怖いことだと思います。

それはさておき、帰省直前ということで見に来ましたが、工事がガンガン進んでいてうれしかったです[わーい(嬉しい顔)]
これで私の両親にもDVDを渡せるので喜んで見てもらえます!!
帰省後に見に来るのが本当に楽しみだな~[るんるん]

最後におまけ。
ある日、いつものように現場見学をしていたときに、ふと開いている玄関ドアの裏側をのぞきこみました[目]
開いているドアのすぐ裏には玄関ポーチの壁が接しています。
なぜそんな狭いところを見たくなったのかは自分でもよくわからないのですが、見た瞬間思わず声を上げました。

IMG_3067.jpg

「ム・・・ムーミンママ!!!」

そうなのです。
玄関ドアの鍵の部分に挿しっぱなしになっていた工事用Keyに、私の大好きなキャラクター“MOOMIN”のムーミンママがくっついていたのです!!
もう運命を感じずにはいられませんでした(笑)。

当たり前ですが「ムーミンが好き[黒ハート]」なんて工事関係者に話したことはありません。
でもまるで選ばれたかのようにぶら下がっているムーミンママ。
このキーホルダーをつけたのは一体誰なのか・・・。怖くて聞けませんが(笑)、我が家にはぴったりなチョイスでうれしくなったのでした。

ちなみにこれは、清涼飲料水のおまけとして以前配布されていたもの。
我が家には相棒殿の協力で、全種類そろってます[ハートたち(複数ハート)]

《メモ》280mlのペットボトルのお茶(HOT)と缶コーヒー(HOT)を各2つづつ差入れ
nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

更新したいんだけど・・・ [もろもろのできごと]

いつもこのつたないへっぽこblog“ふたりのおうちづくり”に遊びに来てくださる皆さま、1週間ぶりに戻ってまいりました~[ぴかぴか(新しい)][わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]!!!
わーいわーい、またblogが書けると思うとうれしいよ~[ハートたち(複数ハート)]
でも、今日は短めです(笑)。

家については、まだ実家のある岡山から戻って3日目だというのに、書きたいネタがたまりにたまっちゃって大変[がく~(落胆した顔)]
帰省直前に現場見学したときのこと書いてないし、帰省直後に立会い検査があったのも書いてないし、新しいTV買っちゃったし、引越しの見積り頼んだし、実際見積りしに来たし。

1週間遊んだ分、おうち関係の行事(?)がどっかりやってきてヨレヨレのくっしーなのでした・・・。

またがっつり更新しますのでもうしばしお待ちくだされ~[パンチ]


《おまけ画像》
私が実家からせしめてきた戦利品その1(笑)

IMG_3100.jpg

nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。