So-net無料ブログ作成
検索選択

どうするのがスマート?! [お金のこと]

昨日の夕方、仕事中の相棒殿のところへ生産のIさんから定期連絡が入りました。
いつもなら仕事を終えて帰宅してから「今日電話があったよ~[わーい(嬉しい顔)]」と聞くのですが、昨日は直後に私の携帯へ電話をかけてきました。
時間的に生産さんから何か言われたのかなと予想はしていましたが、こうして私にもかけてくるということはトラブル発生・・・???

ドキドキしながら電話に出ると、相棒殿はこんな一撃を私にくらわせました(笑)。

相棒殿「なんかねー、もう[ぴかぴか(新しい)]大工さん入ってる[ぴかぴか(新しい)]んだって」

・・・え?
・・・・・・な、なんですと??

マージーでぇぇぇぇ!!! <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

それって、もう基礎が終わって足場組が始まってるってこと?
でも予定では足場は10月5日頃で建方は翌6日頃を予定してるって聞いてたんだけど・・・。

相棒殿「うーん、[ぴかぴか(新しい)]1週間くらい早まってる[ぴかぴか(新しい)]みたい」

1週間て・・・生産Iさん、そんな大切なことは早よ言えーっ[ちっ(怒った顔)](心の声)!!!

まぁ、先週末で基礎がほぼ出来上がり、配水管等の設置も進んでいたのでそろそろ足場かなと思ってはいました。が、まさか今週中に建方まで進むかもしれないというのはかなりの衝撃。
だって・・・まだ上棟の準備とかも今週ゆっくりやろうと思ってたんだもん・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

我が家は俗に言う“上棟式”は行いません。
最近はしないおうちも多いと聞いていますし、私たち自身もあまり知識もないので行わないと決めたのです。
でも、上棟の日にはささやかながら大工さんたちにご祝儀を・・・[るんるん]と考えていたんですよね。これから大切な我が家を建てていただくし、他の住林blogで拝見していたようにたくさんの手伝いの方も来られるのだろうし。

準備は慌しくなるけど、雪の多いこの地域、早くなるのはありがたいことかも!と思い直して、相棒殿にあらためて上棟はいつ頃になるのか生産さんに聞いてもらいました。
すると、これまた衝撃的な返事が返ってきたのです。

相棒殿「上棟、という意味で言えばけっこう先のことになるらしいよ」

ん?どういうこと???
生産さんから聞いた話をまとめると、こういうことでした↓。

“上棟”という言葉が意味するのは(2階建ての場合)2階の屋根部分の、家で最も高い位置の材木が設置されることを言います。
だから先輩建築blogでよく見かける“上棟式”の日には、朝から夕方までかけて多くの大工が集まり一気に屋根部分まで組み上げているんですよね。
私も、我が家の上棟の日にはそんな風景が見られるのだと思いこんでいました。

ところがここで北海道バージョン(?)発令[パンチ]!!
この[ぴかぴか(新しい)]屋根まで一気に作るという方法は、本州のみ[ぴかぴか(新しい)]なのだそうです。
北海道の住林は地道に1階部分から造っていくそうで、だから2階の一番上に材木を置くのは結構先の話になりますよ、ということだったんですね。

じゃあ北海道の住林で家を建てる人で、上棟式をしたい人はどうしてるんだろう・・・と疑問に思いましたが、それについてはまた生産さんと直に会ったときに聞いてみたいと思います。

で、問題なのは上棟方法が違うということではなくて(毎度前置きが長くてゴメンナサイ)、“ご祝儀”の件。
上棟式をしないまでも、上棟の日に現場へ出向き、棟梁や手伝いの大工さんにお礼を渡しましたという話をよく聞きます(各先輩blogでね)。
ところが我が家の場合は明確な上棟の日というのが存在せず、しかも大工さんは常に2人体制で建方も基本的に2人でやるというのです。建方の日の手伝いも、もし来たとしても1人くらい(笑)。

別に多い方がいいって訳じゃないけど・・・ご祝儀、2人(もしくは3人)分だけでいいのかなぁ・・・??
いやらしい話ですが、予定していた予算を大幅に下回るのはありがたいことです。
でも、なんだか「今日から建つぜ!」みたいな区切りが小さいのがどうも落ち着かない・・・(^^;;;。

とりあえず、今週末に『大工さんとの顔合わせ』があります(結納みたい 笑)。
おそらく、棟梁とサブの大工さんの2人を紹介していただき、今後のおうちづくりはそのお2人が地道に進めてくださるのでしょう。

そこでこのblogを読んでくださっているおうちづくり経験者の皆様、考えをお聞かせくださいっ!!
★ご祝儀を渡すのはこの顔合わせの日がいいのでしょうか?
★それともあくまでも上棟を待って渡した方がいいのでしょうか??
★もしくは「今日から材木立ちあがります」みたいな日を狙った方が良いのでしょうか???

特に、北海道で住林で建てた方、今日ばかりはぜひとも経験談を教えてください(泣←切実)!!
今現在建てている方も、どうぞよろしくお願いしますm(_)m!
もちろん住林以外・道外の諸先輩方もご意見お待ちしていますぅぅぅ[ふらふら]!!!
nice!(5)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工26日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月26日(土)

シルバーウィークの間中は、ちょうど基礎の立ちあがりにコンクリートが入り養生していたので、この日は1週間ぶりの現地見学。週末なので相棒殿と一緒に行きました。[わーい(嬉しい顔)]

前もって生産のIさんに「土曜は配管の作業をしているかも・・・??」と聞いていたのですが、確かに現場入り口にはこんなものが鎮座ましまし↓

IMG_2585.jpg

写真なので大きく見えますが、実際は小さめのユンボです。
でも思いっきり土を掘ってる[目]!!まるで外構やってるみたいだなぁ(笑)。
ちなみに掘った先はこうなってました↓

IMG_2589.jpg

誰がどう見ても配水管工事です。
そうですよね??って確認したいのに、私たちが到着したのはちょうど12時過ぎのお昼休憩中。
業者さんたちは現場を離れて食事に行ってしまったようで、残念ながら会えずじまいでした[もうやだ~(悲しい顔)]
仕方がないのでいろいろ施主チェック

先週入れていた立ちあがりのコンクリートは無事固まり、型枠も外されて基礎ができていました[黒ハート]

IMG_2592.jpg

ほぉぉぉう!キレイに出来てるな~[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
相変わらず小さなおうちにしか見えませんが(実際小さいけど 笑)、なんだか第一段階完了という感じでとてもうれしいです。
でも念のため、立ちあがりがきちんと平らかどうかチェック。

IMG_2604.jpg

いつも遊びに来てくださるYuさんが施主チェックの際にこの“水平器”を使っていらっしゃるのを拝見して、探してみたら近所の100均で発見!しかもメジャー一体型という便利仕様(笑)!!
即購入してこの日初めて使ってみました。
写真を見てもわかるとおり、真ん中の2本の線の間に気泡がきているので、きちんと水平に造られているのがわかります[手(チョキ)]

他にも次の工程の材料が到着していたようでした。

   IMG_2600.jpg  IMG_2590.jpg

左の写真は基礎と外壁の間に挟む基礎パッキン。
ダンボールやらビニールやらに包まれていますが、どうやら全て同じ物のようです。
右は配水管のフタ。こんなにたくさん必要なんですか?というくらい数を揃えていましたが、おそらく使うのは半分くらいなのかなと予想。
住林の名前がしっかり入っている代物でした。

気が付けば9月ももうすぐ終わり。
10月に入ったら、足場設置や大工さんの登場が予定されているので、そろそろ次の段階に進みそうです。
上棟式は特に予定していませんが、棟梁を始め大工さんへはお礼を用意したいので、そろそろ準備を始めなくては!
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

♪おっかいっもの~ [NEW雑貨・NEW家電]

基礎工事が終盤になったばかりなので、さすがにまだ引越しについては何も準備していません。
でも、北海道に住む者として今しかできないことがあります。
それは・・・

[ぴかぴか(新しい)]カーテンの洗濯[ぴかぴか(新しい)]

です。
って、まぁ全国各地この天気の良い時期に洗う方が多いと思いますが(笑)、北海道では本当に夏しかできません。

実家では、母が時期を気にせず年末に洗ったりしていたんですよね。さすが晴れの国岡山[晴れ]と言われるだけあって、真冬でも晴れていれば1日で充分に乾くので。
でも北海道の冬は窓なんて開けられないし、第一ムリヤリ外に干そうものなら一発でこんな状態に↓

NEC_0006.JPG

わかりづらいですが、これ、タオルがバッリバリに凍ってます。
北海道へ引越してきた最初の冬、相棒殿の実家(旭川)で相棒殿と外で濡れたタオルを振り回したらこんなふうになっちゃったんですよね~。たーのしーい[ハートたち(複数ハート)](笑)

話が反れましたが、そんなわけで今年は年末に引越しもあるし、今のうちにカーテンを洗ってしまおうと思い立ちました。
ところが今住んでいるマンションのカーテンレールは、なぜかどれも位置が高い。
カーテンを外す時は気になりませんが、干すために掛けなおす時がもうツライのなんの!
身長が低い(157cm)私が、カカトを上げて手を伸ばしてようやくフックにかかるかどうかという状態なのです。
1枚かけ、2枚かけ・・・限界到達(笑)。

会社に出勤する用意をしていた相棒殿に、半ば逆ギレしながら
「脚立買うからっ[ちっ(怒った顔)]!!!」
と宣言したのでした(^^;;;。

そして買ったのがコチラ↓

IMG_2556.jpg

ドイツのLEIFHEIT社製の3段ステップです。
最初は2段でも充分かなと思っていたのですが、住林の標準天井高は2m45cm。
しかも我が家にはダウンライトが多数採用されているので、私が電球交換をする時のために3段を選びました。

それを聞いた親友のCちゃんに「くっしーがやるの?」と言われて初めて相棒殿に任せれば良いということに気付きましたが[がく~(落胆した顔)]、いいのです。買った以上は私もやりますから(笑)。

ちなみにこのステップ、通販dinosで購入しました。約9,300円(送料込み)
昔から通販大好きっ子な私なので、各通販メーカーのカタログやサイトでいろいろ比較検討しましたが、これが一番価格と質が見合っているなと思ったんですよね。
ステップとしては決して安くないんですけど・・・まぁこういうものは何度も買わないので、相棒殿もOK。

ネットのクチコミで「重い」と聞いていましたが、特別重いとは思いません。むしろ3段でこれくらいなら、標準的か少し軽いくらいかも。
色もマットホワイトで、テカテカ光った感じがないのがいいな~[わーい(嬉しい顔)]。踏み台1つ1つに“LEIFHEIT”の文字が入っているのもセンスが良くて、すごく気に入っています[黒ハート]。あ、もちろん作りもしっかりしていて安定感がありますよ。

おうちづくりに関係した雑貨を買うのはこれが初めて。
このステップのおかげで、引越し時の冷蔵庫や食器棚の上の拭き掃除、施主支給するシーリングライトの取付がスムーズにすすむことでしょう[るんるん]
これからも、必要な物を少しづつお買い物していきたいな[ぴかぴか(新しい)]
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工19日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月19日(土)

着工してから半月が過ぎましたが、半月とは思えない工事の早さに戸惑っているくっしーです(笑)。
なんだかちょっとずつ早まってる気がするけど・・・まぁいいか(^^;;;。

この日は“生コンが入るかも~??”ということを生産のIさんに聞いていたので、朝早く相棒殿と出かけました。
そして現場に到着してみると・・・

IMG_2566.jpg

ガッツリ型枠が組んである~[目][ぴかぴか(新しい)]
ようやくいろんな建築blog等で拝見する基礎の形になってきたなぁ。
しかも、シルバーウィークと呼ばれるこの大型連休初日の朝だというのに・・・

IMG_2573.jpg

めっちゃめちゃ[るんるん]大音響[るんるん]でコンクリート注入!!!
うわぁ、私が近所の人だったら泣いちゃうかも(笑)。
こんな大掛かりな作業が見られてうれしい反面、複雑な心境です・・・[ふらふら]

この日はタンクローリーとコンクリート注入用の巨大トラックの計2台がやってきて、作業の方は4名。
うち2人はタンクローリーの運転手さんとトラックの作業員さんだったのですが、残りの2人がいつものEXILE職人さんではありませんでした。
確かに前回お会いした時、「そろそろ担当部分が終わり」的なことをおっしゃっていたのですが、もう1回くらいは会えると思っていたんですよねぇ・・・。やっと慣れてきて話しやすくなっていただけに、かなりショック[もうやだ~(悲しい顔)]

今回からの職人さんは、やっぱり先輩&後輩の2人組なのですが、“職人気質”な雰囲気はグレードアップ[グッド(上向き矢印)]
質問には答えてくれますが、必要なこと以外は言わないタイプらしく、人見知りな私としてはかなりハードルが高い感じです。
でも基礎の工程自体がもうすぐ終わりなので、お会いする回数はすごく少ないかな・・・というのが正直な気持ち。

そんな職人さんたちが少しづつ丁寧に入れてくれたコンクリートがコチラ↓

IMG_2567.jpg

均しにくい幅なので表面はそんなにきれいではありませんが、配筋が中間地点でまっすぐ並んでいるのが目で見てわかるようになったので、満足です[黒ハート]
いやー、これだけ見てもやっぱり我が家は小さいなぁ(笑)。

ひとまず生コン入れが完了し、職人さんが休憩に入ったところを見計らっていつもの質問コーナー。
《Q1》この白いのは何ですか?

IMG_2510.jpg

この写真は着工12日目にUPしたものですが、この配筋の下にびっしり敷かれている白い物が何かわからなかったんですよね。いつも拝見している“おきらくごくらく きのすみか”のりりどりさんから質問されて、私も不思議に思ったので聞いてみました。

《A1》断熱材です。
ちなみにベタコンのさらに下の枠全面に緑の断熱材で囲っていますが、あれは[ぴかぴか(新しい)]北海道のみ[ぴかぴか(新しい)]。やっぱり寒い地域なので・・・。
今回造った型枠の中で、風呂場や玄関土間の部分を同じく断熱材で囲うのは全国同じだと思います。

とのこと。
やっぱり白いのは断熱材だったのか~!!
私はてっきり防湿シートだと思っていて、コメントレスにもそのように書いてしまいました。訂正してお詫びします(笑)。
これだけ断熱材ぐるぐるだと、床からの寒さはかなり防げるかなぁ。無垢の床は寒いと聞いているけど、期待できます。
ベタコンの下の部分の断熱材囲いというのはコレ↓

IMG_2490.jpg

着工9日目でUPした写真ですが、この緑の囲いは北海道のみの工程だそうです。
うーん勉強になるわ~。

《Q2》庭に火山灰をまくのは良いことなのですか?
実はこの質問は、職人さんでは答えられず(前回のEXILE職人さんではなかったので・・・)、日をあらためて生産さんに確認しました。

《A2》特に良いということはありません。
メリットを上げれば①水はけが良い②安価という2点。同時にデメリットを挙げれば①軽いので風で飛びやすい②崩れやすいということが言えます。
基本的に住林ではメリットを重視して火山灰を採用していますが、庭にまくかどうかに関しては施主の希望になるべく添うようにしています。
家庭菜園や花壇を考えている場合は、それ用の土としては向かないので、その部分以外にまくことをオススメします。

とのことでした。
いやー・・・聞いてみないとわからないものですねー・・・。
最初に職人さんに言われたままで納得していたら、きっとずーっと「火山灰は庭に良い土」と思い込んでいたと思います。

少なくとも、家の土台には良い土なんですよね。
やはりこれだけの雪が積もる地域の場合、地上と家の接地部分が一番傷みやすい[バッド(下向き矢印)]のだそうです。そこに火山灰があれば、水はけが良いので痛みにくくなり家が長持ちします。
ところが一般的に家庭菜園や花壇に向いていると言われる“黒土”等に比べると、火山灰の効力は皆無に等しい。だから庭にまくとしてもその部分を除いた場所にまいたほうがもったいなくないですよ、というのが説明でした。

庭の水はけ自体は良い状態であってほしいんですよね。だから火山灰はまいてもらいたい。
でも相棒殿は将来的に家庭菜園をやりたがっているし、私も花を育ててみたいので、その部分には火山灰をまきたくない。
というわけで、すぐに2人で相談してまく場所を指定しておきました。
まだ庭をどうするかなんて全然考えていなかっただけに、ちょっとしたケンカまでしちゃったり(笑)。でも生産さんからはせっつかれていたので、とりあえずザックリと菜園等の場所を決めて、それ以外の場所に満遍なくまいてくださいと伝えたのでした。

以上が火山灰に関する報告ですっ(笑)!!
興味のない方にはつまらない話でゴメンナサイ~(><)。

最後に和みの写真を1枚。

IMG_2571.jpg

どこが和み?と言われそうですが、超巨大ゴミ箱です・・・(笑)。
見た瞬間、思わず「でかっ[がく~(落胆した顔)]!」と言って吹きだしてしまったので、思わず写真に残してしまいました。
比較対照するものが写っていないのでわかりづらいですが、間違いなく私一人がすっぽり入れるサイズ。まるでサンタさんの袋のようだなぁ・・・。癒されるわぁ[ハートたち(複数ハート)](←癒しポイントが普通と違う?笑)

《メモ》500mlのペットボトルのポカリと缶コーヒー各2本づつ差し入れ
nice!(2)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工16日目 [地鎮祭~基礎工事]

今日の記事長いです(><)!毎度のことながら読みづらくてごめんなさい~!!

9月16日(水)

1人で現場見学に行くようになって2回目。
天気もすごくよくて、朝からやる気全開[手(グー)]で出かけました。

本当は前日に行く予定にしていたのですが、「あと5分で出かける!」という時になって生産のIさんから「今日は雨が降るかもしれないので現場はお休みです~[あせあせ(飛び散る汗)]という電話が・・・。
それでなくても1人で行くことにブルーになっていたのに、出鼻をくじかれて余計凹む私(--;;;。
でも考えてみれば、家を出てから“休み”の電話がかかってきたらキレてたかもしれないし(笑)、タイミングとしては5分前にわかってよかったのかも!!と思い直しました。

それにその日のblogで「職人さんと話すのが難しい」的なことを書いたところ、読んでくださっている皆さんから「大丈夫[わーい(嬉しい顔)]!」と励ましていただけたのが本当に大きかったです。
何だかすごく背中を押してもらえた気がして、一晩寝て起きたら「今日は職人さんといっぱい話す!」と朝から心に誓っている自分がいました(笑)。

そんなわけで足取りも軽く現場へ向かうと、な、なんと!!

IMG_2546.jpg

ベタコンが入ってる~[ぴかぴか(新しい)]!!
と建築用語(?)で知ったかぶってしまいましたが(笑)、要するに基礎のコンクリートです。
この日はかなり朝早く現場に着いたつもりだったのですが、すっかり入れ終わって職人さんは休憩中[喫茶店]
私が歩いてやってくるのに気がついた先輩職人さんが、すぐに車から降りてきて相手をしてくれました。

職人さん曰く、流し込んでからすでに1時間ほど経過していて、もうそろそろ表面を均そうと思ってます、とのこと。素人目で見ると充分平らでキレイにできているのに、これをさらに均すのか~と驚きました。
しかもいくら時間が経過してコンクリートが固まってきているとはいえ、表面はまだ均せる程度に柔らかいということですよね??一体どうやって足跡をつけないように上を歩くんだろう・・・。

と思っていたら、こうして歩いてました↓

IMG_2542.jpg

うわー、まるでカンジキを履いて水の上を歩くハットリくんのよう!!!(←そんな世代 笑)
先輩職人さんが照れたように「これが(コンクリートに乗る時に)すごくいいんスよ~(*^^*)」と言って取り出したのは、数日前まで見えていた基礎を囲んでいる断熱材の残り。
長方形のそれを2つに切り分け、固まりかけたコンクリートに乗せます。
1つには自分が乗り、もう一つは移動する時の足場として使うんですよね~。賢いっ!!

上の写真の手前から後ろへ向けて均して行きます。
均す前でも充分きれいだと思っていたコンクリートが、やっぱり均すと全然違う[目]
写真に写る職人さんの手前は均し済みで背後はこれからの部分。この画像だけでもその違いがはっきりわかると思います。
うーん、職人さんってスゲー・・・。

ところで、この作業に入る前にいくつか質問したのでここでまとめてUP。
《Q1》これ↓って何ですか??

IMG_2530.jpg

ベタコンのところどころに埋め込まれている断熱材の切れ端です。

《A1》排水用の溝
ベタコンが入ったのでこれから基礎の立ち上がりを造っていくわけですが、立ち上がりができた後にもし雨が降ったら基礎の中に水溜りができてしまいます。その水を外へ排出するために、あえて溝を作成。基礎が傾斜しているわけではないので、実際に溜まったらホウキなどでこの溝へ水を流せばOKとのこと。
もちろん基礎が完成したあかつきにはこの溝は埋め直します。

ほぉぉぉぉ~!もう口から出てくるのは「賢いですねぇ[ぴかぴか(新しい)]」の言葉ばかり(笑)。

《Q2》これ↓ってもしかして土の中から出てきたんですか?

IMG_2531.jpg

手前の大きな石はそうかもしれませんが、積み上げられたミニ土管のようなものもそうだとしたら、この土地に産廃でも埋まっているのかと戦々恐々と聞いてみました[がく~(落胆した顔)]

《A2》手前の石は掘り出したもの。
   ミニ土管に見えるのは、地盤改良時に杭打ちした杭の余り部分。
杭打ち用の杭はそれ相応の長さのものを用意します。
それを順に打っていくとどうしても地中の固い部分に当たる地点が違うので、地上に杭の余った部分が飛び出ます。その余った部分を1本1本切り取っていったものがこの山。これらは今度は本当の産廃として処分されるとのこと。

石についてはやっぱりね、と納得。しかしデカイなぁ(^^;;;。
ミニ土管のようなものは、心底ビックリしました!我が家は時間の関係で杭打ちを見ることができなかったのですが、よもやこんな太いのが杭だなんて!!
なんとなく言葉のイメージで、鉄の柱みたいなものを想像していたんですよね~。でも鉄なら錆びる可能性もあるし、コンクリ製とわかってこれまた納得です。まぁ何トンという重さの家を支えるのですから、これくらい太くないとね[パンチ]

ちなみに相棒殿はこの画像を見て「ドラえもんに出てくる公園に置いてあるやつみたい」と言っていました。
それを言うなら[ぴかぴか(新しい)]鈴木義司先生の住まい[ぴかぴか(新しい)]だと思うけど(←わかる人いる?これまたそんな世代 笑)。

《Q3》これだけしっかりした基礎って、職人さんの会社だからですか?
《A3》いいえ、住友林業だからです。

この質問は結構軽い気持ちで聞いたのですが、答えを聞いてすごく感激しちゃいました[黒ハート]
職人さん曰く、基礎の厚みも配筋の数も住友林業は他の業者と段違いなのだそうです。
特に基礎のしっかりさというか丈夫さというか、とにかく住友林業側から指定される造りが良いとのこと。
しかもこっそり(?)教えてくれたのですが、「もしこれから家を造り始めている現場を見る機会があったら、基礎をよく見てみてください。配筋の数とか全然違うってすぐわかりますよ」とのことでした。

前回見に来たときに感動した芸術品のような配筋[ぴかぴか(新しい)]
確かにあれを見れば納得です。住林ってすごいわ。

いろいろ教えてくれた職人さんが仕事を始めたので、私もお暇しました。
帰る直前フェンスに見慣れないものを発見。それがコチラ↓

IMG_2554.jpg

おおっ!きこりん第2弾です!!
衛生週間が終わったらはがされるのかもしれませんが、今だけでもきこりん増殖うれし~[ハートたち(複数ハート)]
ゴメン、それだけ(笑)。

《メモ》280mlのペットボトルのお茶と缶コーヒー各2本づつ差し入れ

------ ♪ ここからはリアルタイム ♪ ------

と、いうわけで。
ずっとこの『ふたりのおうちづくり』を読んでくださっているみなさん、大変お待たせいたしました。
この記事をもちまして、ついに

現実の進捗状況に追いつきましたーーー!!!
       ♪\(*T▽T*)/ワーイ♪

思い起こせば昨年の10月から書き始めたこのblog。
約1年が経過し記事数も100を越え、最初は訪問者やコメントも少なかったのに、今では毎日たくさんの方が遊びに来てくださるようになりました。

住林でおうちづくりをする・した人も他の会社でつくる・つくった人も、一生に一度の気持ちは同じ。
いろんな方からいつもアドバイスや励ましをもらえて、相棒殿とケンカはしましたが(笑)このblogを始めてよかったと心底感謝しています。

でもまだおうちづくりは道半ば。
これから形が見えてきて、竣工、引越し、新生活・・・と終わりは見えません。
今までのように毎日絶対更新!(土日祝を除く)ができるほどネタがあるかわかりませんが(笑)、書きそびれていることもたくさんあるし、変わることなくUP[グッド(上向き矢印)]していけたらいいなと思っています。
プライベートblogを放置しているのでそっちも更新したいし(^^;;。

どうぞこれからもよろしくお願いします!!
nice!(5)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

しつこいけどもう一回《設備打合せ⑪》 [設備について]

午前中に現場を見に行った帰り、札幌駅すぐ近くのショールームへ寄りました。
理由は、

“もう一回見直したい部分があったから”

いやもうホント、自分で言うのもなんだけどしつこい(笑)。
すでに着工までしてるのに、まだ見直したいところや確認したいところがあるなんてね~(^^;;;。一生に一度のおうちづくりで妥協できないとは言え、つきあってくれる設計士のAさんには大感謝です[あせあせ(飛び散る汗)]

そんなわけで今回チェックしたかったのは和室とトイレ壁紙&床。
どちらも四方の壁紙のうち1枚だけ遊びで色を入れているのですが、その色が決めたものでよかったのかどうか迷いが生じてしまいました。
和室担当は相棒殿でトイレ担当は私。

まずは和室から。
ここは和モダンな雰囲気を醸し出すべく、床には一部檜の板張りを入れ、襖と押入は白木の枠に和風の壁紙、そして窓のプリーツスクリーンは白×エンジでまとめました。
壁に至っては、四方の壁のうち三面はノーマルな白い壁紙、残り一面をスクリーンと合わせてエンジにしています。

で、相棒殿が気にしているのがこのエンジの壁。
着工合意後の書類に印刷されている見本は、やはりプリントというだけあって実物とは色の出方が違うんですよね。「この色とは違う」とわかっていても、それをずっと見ていたら「じゃあ本当の色はどんなのだっけ??」と思うのも無理はありません。
Aさんもそれを承知の上で、もう一度壁紙見本を見せてくれました。

エンジといっても赤が強いわけではなく、赤紫のような感じ。
標準のクロスばかりなので選択肢もそう多くないのですが、私個人は結構気に入っています。
ちなみに畳は標準の緑なので、相棒殿は緑系の壁紙も気になっているようでした。

そして迷いに迷った結果、相棒殿が下した決断は「変更なし」[ぴかぴか(新しい)]!!!
以前私が家の外壁で迷って見直した時のように、やはり自分の目でもう一度確認したら、最初に決めた時の感覚が間違っていないとわかったのだと思います。
展示場に2回キッチンを見に行った時も思ったけど、2回見て納得したならもう後悔しないはず(笑)。

次はトイレ
ここも和室と同じで四面のうち三面はノーマルな白で一面だけ遊びで色を入れています。
その色というのはモカのような淡い茶色。淡いと言っても白とは明らかに差が出るような色を選んだつもりです。
で、ここを担当している私が何を迷っているのかと言うと、前々からこのblogでも書いているようにナチュラルを目指すおうちに反してここだけやたらモダンじゃないのか??”という点。

トイレの壁はほとんど白で建具(手摺やカウンター)はダークブラウンです。
手洗いは標準の白ですがデザインは結構シャープ、タオル掛けはKAWAJUN製なのでシャープさは折り紙付。
唯一ナチュラル感があるとすれば床のサニタリーフロアの柄がメイプルというくらいでしょうか。
モカっぽい色より小豆みたいな色にしたいんだけどな~・・・。

と見本帳を見るも、自分が選んだ壁紙の次に濃い色はかなりの濃さです。
んも~、このちょうど中間の色が欲しいのに~[ちっ(怒った顔)]!!!
仕方がないので、選んでいた白い壁紙とこのモカの壁紙見本をくっつけて、その中間部分にダークブラウンの巾木(建具の代用 笑)を置いて、もう一度色合いを見てみました。

実はこんなふうに使う予定の色を並べてみたのは初めて。
おや?おやおやおや[目]??
ダークブラウンが間に入ることによって、淡すぎると思っていたモカ系の壁紙が、意外に濃く見えます。
しかもモカの感じが床のメイプルと相まって、ダークブラウンの建具を柔らかい感じに見せている気がする・・・。

場合によっては床もモダンな感じの大理石風に変えようかと思っていたけど、このままでもいっか。

と、意外にアッサリ変更するのをやめました(笑)。
設計のAさんも、私たちのおうちの方向性が“優しい色使い”であることをよくわかってくれていたので、変更しない方がその方向とずれておらず良いと思うとアドバイスしてくれました。
散々迷っておいて、私も相棒殿も変更なし。Aさん、ごめんね~(^^;;;。

これだけトイレの壁紙の色にこだわっていたのには理由があります。
それはコチラ↓


将来的にはトイレにこういうファブリックパネルを飾りたいんですよね~[ハートたち(複数ハート)]
北欧風に憧れる私としては、こういうパネルを積極的におうちに取り入れたいのです[わーい(嬉しい顔)]
そのためには真白の壁よりパネルが浮き出る色入りにしたかった、というわけ。

実際に設置するまで時間がかかると思いますが(笑)、憧れのインテリアを目指して妥協せず決められてよかったです[黒ハート]

これでようやく設備関係の打合せも終了。
おそらくショールームでAさんと会うのもこれが最後です。
前回のときにきちんとお礼を言えなかったので、しっかりご挨拶。ついでに引渡しの時にはおうちを見に来てくれるのか尋ねると、「よほどのことがない限りうかがいます[わーい(嬉しい顔)]」と約束してくれました[ぴかぴか(新しい)]
わーい、そのときは一緒に写真撮ってくださいね~(笑)
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工12日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月12日(土)

着工してから12日目、相棒殿と一緒の現場見学は2回目です。
この日は午後から設計士のAさんと打合せが入っていたので(この期に及んでまだ迷い中 笑)、早めに家を出て現場へ向かいました。

現場に到着すると・・・

IMG_2506.jpg

おおおーーーーー!!
鉄筋が入っています!!!しかも超キレイ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
なんかもうちょっとした芸術品という感じで(笑)、私も相棒殿も職人さんへの挨拶もそこそこに写真を撮りまくってしまいました(^^;;;。
急に作業が進んだような気がします。

というか実際に進んでました(笑)。
よく見ると、前回までは見えていた捨てコン及び基礎の外周に掘られていた溝(雨で水溜りができていました)が、きれいに埋め立てられています。
そして真ん中に積み上げてあった土が見えなくなってる[目]!!ということはやっぱりあそこにあった土を埋め戻しに使ったのかなぁ?それにしては土の色が妙に白いけど・・・と不思議に思っていると、先輩職人さんが説明してくれました。

外周を埋め戻す際に、確かに真ん中にあった土をいくらかは使ったとのこと。
でも、実際はその土にコレ↓を大量に混ぜて入れてます、と彼が指差した先にあったのはコチラ!

IMG_2507.jpg

これ、何かわかりますか??
答えは“火山灰”です。
思わず私も相棒殿も「えーっ[がく~(落胆した顔)]!!」と声を上げてしまうほどビックリ。まさか火山灰を使うなんて!

先輩職人さん曰く、本州では基本的には砕石を混ぜて土台や外周を造ることが多いのだとか。でも北海道の場合は冬に土が凍りついてしまうので、それに耐えられる土を造るため主に火山灰を使うのだそうです。

自宅に帰ってネットで調べて見ると、火山灰は水を含むと粘土質に変わるので、土をより強固なものに締め固めてくれるという記載を発見。
なるほどねー、火山灰が入っている方が雪に埋もれる北海道の土にはピッタリなんだ~[ぴかぴか(新しい)]
写真を見る限りでは、外周がまるで砂浜のように見えます(笑)。

しかもこの火山灰、外周を埋めてもまだ写真のように結構大きな山が残っています。
これはどうするんだろうと思っていると、先輩職人さんが「この山の分は、庭の草を取り除いてその部分の土に混ぜようと思って多めに持ってきてもらいました[わーい(嬉しい顔)]とのこと。
え?それって庭土が火山灰入りになるってことだよね??
しかも草も取り除いてくれるってマジ?!

あ、ありがとう~~~(感涙)!!!

本当に心底うれしいです[ハートたち(複数ハート)]
私も相棒殿も、例え竣工が12月とはいえ、この庭の草がこのまま伸び続けたらどうなるのか不安でいっぱいだったんですよね(笑)。
本格的に雪が降り積もってしまう前にはこの土も庭の土に混ぜてくれるみたい。
楽しみです[るんるん]

それから、見に来られなかった数日間のうちに配管工事も行われていました↓

IMG_2510.jpg

間取り図どおり、水回りのあたりからニョキニョキと配管が顔を出しています。
その上に写真のように場所の名前が書いてあって、ちょっと笑えました(笑)。

しかしいろんな先輩blogにも書いてありましたが、地縄や基礎工事の段階では本当に狭く見える~[ふらふら]!!
むしろこうして工事が進むにつれて、どんどん小ささが強調されているような気がします(^^;;;。まぁもともと本当に小さい家なので、上棟して建ち上がっていったら気にならなくなるかな??
たとえ小さくても楽しい我が家にしたいものです[黒ハート]

《メモ》280mlのペットボトルのお茶と缶コーヒー各2本づつ差し入れ
nice!(4)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工9日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月9日(水)

着工後、2度目の現場訪問です。
この日は平日ということで私一人。初めて一人で行く上に作業されている職人さんと会うのも初めてで、かなり緊張しました[ふらふら]
正直な話、前の日までちょっとブルーになっていたくらい(笑)。

私はどちらかというと人見知りタイプなんですよね~。
その辺を歩いている人に声をかけるのは何とも思わないのですが、一生懸命仕事をしている人に声をかけて、作業を中断してまで相手をしてもらうのはとても気が引けます。
そう思うと一人で行くのは結構ツライかも・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、おそらく私より何倍も見たいと思っている相棒殿がガマンしているのだから、相棒殿の代わりに私がきちんと見て報告しなくては!!
と勇気を振り絞って(笑)出かけてきました。

前回の訪問から4日後、現場はこうなっていました↓

IMG_2490.jpg

おっ!ブルーシートで覆われていた部分が見えるようになり、さらに外枠が造られ始めていますね~[ぴかぴか(新しい)]
でも相変わらず真ん中に土が盛られていて、そこは特に変化なし。

初めてお目にかかった基礎工事担当の職人さんは2人。
どう見てもどちらも私より若い・・・[がく~(落胆した顔)]。しかも雰囲気は“ガテン系イケメン”という感じで、私にはEXILEのメンバーにしか見えません(笑)。
そんな頼りがいのありそうな先輩職人と寡黙な後輩職人さんは、私が挨拶すると元気に挨拶を返してくれて、ちょっとホッとしました。

作業を中断させたくなかったので、写真のOKだけもらってから一人で撮影[カメラ]
すると、1ヶ所気になる点を発見。
それがコチラ↓

IMG_2483.jpg

前回訪問時に養生していた捨てコンです。
表面はすごくきれいに出来ているように見えるのですが、サイドの黄色い円の部分がよく見ると凹んでいるんですよね。

んー・・・これは職人さんに聞いてみるべきなのか・・・。
人見知りな性格が発揮されて(泣)モジモジしていると、先輩職人さんがズバリのタイミングで「きれいにできてると思いますよ![わーい(嬉しい顔)]」と笑顔で声をかけてくれました。
う・・・っ!!そう先手を打たれてしまっては「あそこ歪んでますよね?」とは聞けない・・・。
仕方がないので写真だけ撮って持ち帰り、相棒殿に相談することにしました。

この日の夜、相棒殿と話したときは「そんなに問題視することはない」という結論に達したのですが、やっぱり気になる私。
数日後に設計のAさんに会った時に思い切って聞いてみると、“捨てコンは表面を正確に平らに造るのが目的なので、サイドは多少歪んでいても大丈夫です”とのこと。ネットで調べてみてももっとひどい状態の画像などもUPされていて(それでも問題なし)、すごく安心しました。

『捨てコンはあくまでも表面の平らさが重要』

ハイ、勉強になりました(^^;;;。
それがわかると、先輩職人さんが「きれいにできている」と言ったのは表面のことだったんですね。
あの場ですぐに聞いていたら悩むこともなかったな~(笑)。でもそれが私の性格なので仕方ありません。テヘ[黒ハート]

ちなみに上の写真で捨てコンの横に思いっきり水が溜まっていますが、前日にこの地域にかなり雨が降った模様です。
職人さん曰く、「今日の最後にポンプで全て水を汲み上げてしまうので安心してください」とのことでした。
捨てコンの歪みにばかり気を取られて、水のことは全然気にしていませんでしたが(←オイオイ)、言われてみれば結構な量。お願いしますと答えて現場を後にしました。

昨日まで「一人で行くのヤダな~」と思っていたのがウソのように楽しかった現場見学[ハートたち(複数ハート)]
来週一人で行くときもやっぱり同じようにブルーになるかもしれないけど、がんばらなくては!

《メモ》280mlのペットボトルのお茶2本差し入れ
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工5日目 [地鎮祭~基礎工事]

9月5日(土)

地鎮祭の記事をようやくUPできた~[わーい(嬉しい顔)]と思ったのもつかの間、次はもう5日目です(笑)。
本当なら事前着工(杭打ち)初日や本体着工初日もカメラに収めたいと思ってはいたのですが、時間が合わずに断念。

いかんせん現場が遠いんですよねぇ・・・[ふらふら]
今私が住んでいるところから現場までは、最低限の交通手段で行き、30分見学して一切寄り道をせずに帰ってきても“4時間”かかります。
しかも背中リュックには、何人いるかわからない作業員さんたちのドリンクを背負っているわけで(笑)、今ほど「車がないってツライ[もうやだ~(悲しい顔)]」と思ったことはありません(^^;;;。

先輩blogをいろいろ拝見していると、“毎日見に行ってます”とか“朝夕寄っています”と書かれている方も多くて、うらやましい限り。
今しか見られない作業の様子を細かくチェックできるに越したことはないけど・・・でも私たちは私たちのできる範囲でやればいいんだもんね!ねっ、相棒殿(笑)!!

事前着工は9月1日で、本着工は9月4日でした。
それぞれ生産のIさんから相棒殿へ報告[携帯電話]は入っていましたが、具体的にどんなことをしたのかはよくわからなかったんですよね。
すごくドキドキして向かった現場は、予想以上に進行中!
というわけで、5日目の現場です↓

IMG_2465.jpg

この日はあいにく作業はお休み。
左右と前面はフェンスで囲まれていて(背面は更地なのでフェンスなし)、ひと気はありませんでした。
フェンスにはしっかり鍵もかけられていたので、安心な反面せっかく来たけど入れずじまい・・・。
それでもいっぱい写真を撮りました[カメラ]

5日目までの工程としては、杭打ちをして基礎の捨てコンを入れ、それが落ち着くまで養生するという流れ。
上の写真のようにブルーシートの真ん中に土がたくさん残っていたので、一見作業がどうなっているのかわかりませんでした。
でもよくよく見てみると・・・

IMG_2476.jpg

チラッとではありますが、確かにブルーシートの下にコンクリートを発見[ぴかぴか(新しい)]!!
おうちづくりが進んでいることを実感できたのでした。

ただ、この真ん中の土がどうも気になる・・・。
あんまり他の建築blogでこんな様子を見たことがなかったので、相棒殿が生産のIさんにその場で電話して確認。
Iさん曰く、これらの土は基礎の埋め戻しに使い、あとは掘り出してしまうとのこと。これだけ大量の土が果たして本当にベタ基礎のときにはなくなるのかな~??と疑問に思いつつ、ひとまず進展を見守ることにしたのでした。

現場の中には入れないので、外をウロウロする私と相棒殿。
フェンスにはこんな看板が!

IMG_2458.jpg

おおおー!!
建築blogでよく拝見する[ぴかぴか(新しい)]『○○様邸新築工事』[ぴかぴか(新しい)]の看板です。

実は私たちは、事前にこの看板について住林側にあるお願いをしていました。
それは“名前掲載を伏せて欲しい”ということ。
以前私の実家がリフォームをしたとき、どうやって調べたのか家関係のダイレクトメールやセールスの電話がすごく増えたんですよね。
この看板がその原因だとは言いませんが、そういうわずらわしいものはなるべく避けたくてお願いしたのです。

結論からいうと、今回は苗字だけ載せてもらってます。
住林曰く、昔は不掲載でも良かったのですが、今は建築基準法の関係で完全な伏字はアウトとのこと。どっちにしても下の方にはフルネームを入れなくてはいけないという規則なので、苗字だけにしても意味はないかもしれませんが(笑)、納得しています。
実際着工したとたんに地元のお店からダイレクトメールが・・・(笑)。

他にはこんな看板も。

IMG_2461.jpg IMG_2462.jpg

現場の安全・管理の徹底を図る掲示板(?)です。
うんうん、守って当然なこともしっかり書いてあって安心!
しかも我が家に初きこりん登場~[るんるん]以前、“わんこと一緒にきこりんハウス”のらぴまっくさんから「フェンスのきこりんはシールというトリビア(←古っ)を教えていただいていたので触ってみると、本当にシールでしたーーー(笑)!!!

きこりん、我が家がこれから無事におうちが建つまで守ってね[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

あっという間に地鎮祭! [地鎮祭~基礎工事]

8月30日(日) 大安

どうしよう、どうしよう!!ついにこの日が来ちゃいましたよ~!!!

[ぴかぴか(新しい)]地・鎮・祭[ぴかぴか(新しい)] ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ

着工合意からほぼ1ヶ月。
本当にあっという間な感じです。この期に及んで全然実感わかないんですけど大丈夫(笑)??
と一抹の不安を抱きつつ、この日は朝から地鎮祭ということで、少し早めに現地に向かいました。

今日の参加者は施主である私たちと相棒殿のご両親、住友林業からは営業のSさんと我がチーム住林のニューフェイス生産担当のIさん”です。
生産というのは工事管理をする担当のことで、これから先我が家が完成するまでのことを取り仕切ってくれる人。営業のSさんに代わり進捗状況の報告や疑問質問の窓口となるので、どんな人が担当になるのかずっと気になっていました。

「よろしくお願いします」
と現れたIさんは、ほんわか~[かわいい]とした感じの人。
でも説明や物腰はとても丁寧できちんとしていて、頼りがいはとってもありそう!
前もって設計のAさんから話は聞いていたのですが、思っていた以上に憎めない感じで(笑)、私も相棒殿も一目で気に入ってしまいました[黒ハート]
うん、この人が管理してくれるならきっと良いおうちができるに違いない!!

挨拶もそこそこに、いよいよ地鎮祭。
今回私たちは全てを住林にお願いしていたのですが、実際は神主さんが全てを用意してくれたみたいです。
組み上げられた祭壇には立派な品々がこんなにたくさん!!↓

IMG_1353.jpg

新鮮な野菜に丸ごと一匹の鯛、つきたての鏡餅にてんこ盛りの果物。お酒やスルメ、米もあります。
さながら結納品のよう・・・(笑)。
本来ならばこういうものは施主側が用意して神主さんに持って帰ってもらうそうなのですが、今回は全て私たちがいただいて帰りました(しばらく買い物に行かなくてもよくなったので助かりました・・・エヘ[るんるん])。

私たち2人が祭壇の正面に立ち、後ろに相棒殿のご両親、さらに後ろにチーム住林が並びます。
祝詞やお清め等の儀式のあと、先輩blogでよく拝見していた“鍬入れの儀”を行いました。
どんな儀式かというとこんなの↓

IMG_2447.jpg

TVとかでもたまに見ますよね?「エイエイエーーイ」と言いながら3回鍬を土山に差し込むというものです。
これについては、私はてっきり施主代表(今回でいえば相棒殿)だけが行うのだと思って写真撮影に勤しんでいたのですが、すぐに名前を呼ばれて大慌て[がく~(落胆した顔)]。結局、私も相棒殿のご両親も行いました。
でも、この時ようやく「本当に地鎮祭をやってるんだ~[ハートたち(複数ハート)]」と実感できた気がします。

その後もいくつか儀式を行い、だいたい30分くらいで無事終了。
地鎮祭というのは、その土地の神様に「この土地を使わせてください」とお願いするというもの。私も相棒殿も、これから先、願わくば一生この地で生きていくつもりでいるのでどうぞよろしくお願いします、としっかり神様にご挨拶しました。

地鎮祭が終わったら次は配置確認です。
配置確認というのは、実際の土地の上でどこに家を配置するかをチェックするという工程。
すでに設計のAさんと何度も話し合って決めていますが、それで本当に良いのかどうかを確認するんですよね。

基本的には設計図通りで問題なし。
ただし、すでに建っている左右の家と比較して、土台の高さは少し上げてもらいました。
10年ほど前に区画整理されたこの地域は、ほんの少しだけ階段状に土地が整地されているんですよね。我が家も南側より数センチ下がっています。
万が一雨水がたまるようなことがあっても嫌なので、対応してもらいました。

ちなみに以前心配していた建築中のお隣さんとの位置関係についても、確かにお隣はずいぶん南に家を寄せて建てていますが、ありがたいことに我が家側に面して窓が一切ありません!
日照についても、朝方は東の窓が日陰になるかも知れませんが、リビングの大型窓は西側に寄っているのできちんと日が入りそう。
むしろ我が家の庭が独立した感じになって満足です[わーい(嬉しい顔)]

次は“ご近所への挨拶まわり”
ある意味これが一番緊張しますが、日曜の朝ということもあり在宅率はほぼ7割。周辺の6軒を回って挨拶させていただきました。
雰囲気的に私たちが一番若手・・・かな(笑)??
でも優しそうな方が多くてホッと一安心です[わーい(嬉しい顔)]

トータルでだいたい1時間半ほどの地鎮祭&挨拶回りとなりました。
これでようやく実際形になるおうちづくりがスタートです!!!

あ、最後に一つ。
今回の地鎮祭は全て住林にお願いしましたが、その際神主さんへのお礼として3万5千円[有料]を用意するよう言われていました。
要するにこれが地鎮祭の費用ということです。

IMG_2433.jpg

営業のSさんからは「金封は百均のものでいいですよ~」と言われていましたが、近所の百均では売ってませんでした(笑)。
仕方がないのでたまたま見かけた印鑑・贈答関係のお店で尋ねてみると、「赤白の(水引の)玉串料っていう金封は取り寄せなの~」とのこと。
なので、お店の方が書いてくれました!!

私たちの名前ももちろん入れてくれて、筆耕料は無料[ぴかぴか(新しい)]。金封代の120円だけお支払。本当によかった~!助かりました[黒ハート]
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

最後の打合せ??その2《インテリア打合せ④》 [インテリアについて]

設計のAさんが席を外したのち、やってきたのはICのT女史。
インテリアについては、「まだ決まっていないことがある[ふらふら]」と思っていた私たちと「全て決定済み[わーい(嬉しい顔)]」と思っていた住林の間に認識の違いがあって、着工合意の直前に急遽今回の打合せを行うことが決まりました。
原因は“1階のレースのカーテンです。

インテリアの見積りに入っていたレースは、一番最初に提案されたもので一目見て私が「質は良いけどこの柄ヤダなぁ」と思った一品。自分としては「気に入らないから他の物を見たい」と伝えたつもりだったのですが、どこをどう間違ったのかT女史は「これでOK[黒ハート]」と思ったみたいなんですよね(笑)。

一向に他の柄のレースを見せてもらえないので、痺れを切らして営業のSさんに尋ねたところ、お互いの思い違いが発覚!!
この日の再打合せとなったわけです。

まずは【階段の照明】から。
最初に提案されていたものは私たちの好みに合わず×。
いろいろ見比べていたものの、たまたま立ち寄ったPanasonicのショールームでステキな照明[ぴかぴか(新しい)]を発見!何度かネットでは見ていましたが、初めて実物を見てその明かりの漏れ方が気に入って変更となりました。

選んだのはコチラ↓

kaidansumi.jpg

写真だと大きく見えますが、結構小ぶりで和洋問わない感じのブラケットライト。
これを上下に2つ並んで設置予定です。
で、ここで新たに問題となったのは、この照明が2つ付くことによって階段&2階ホールに設置したダウンライトの数が過剰になるんじゃないか、ということ。

もともと階段天井と2階ホールを合わせて三角形になるように、3つのダウンライトを設置していました。
階段隅にもブラケットが付いていましたが(私たちがデザインで却下したもの)、数は1つで明るさにやや不安があったので、3つのダウンライトがあってもちょうど良いくらいだったのです。
しかし隅のブラケットが2個になると、階段部分の明るさはそれだけで充分カバーできます。

ん~・・・と悩む私たち[ふらふら]
基本的に階段やホールの照明というのは、2階の部屋から1階へ降りる時やその逆の場合にしかつけませんよね。ずーっとホールにいることはまずないと思うので(書斎部分には別に照明があるので)、少なくしても問題ないと判断。
結局、1つ減らしてホール部分にのみ2つダウンライトを設置することに決めました。1つやめることでコストも下げられます(エヘ)。

次は【和室の照明】について。
着工合意したこの期に及んで、どうにかして減額したいと思っていた私たち。
でもなかなか減額できるところが見つからずに困っていた時、相棒殿が「和室の照明を変更してもいいよ」と言ってくれました。

もともと相棒殿が選んでいたのは、デザインに凝った比較的薄型なタイプのシーリングライト。
和モダンでオシャレなんだけど値段は全然かわいくない一品です(笑)。
でも、先日行った展示場の和室を見た時、思いのほか天井が高く感じられたんですよね。和室はどうしても床に近い部分で生活するので、当たり前と言えば当たり前ですが、相棒殿には結構意外だった様子。
その時薄型でなくても普通の照明でもいいかな・・・と思ってくれたみたいです。

そこで、再び3人でカタログチェック
どうせ変更するならコストも抑えたい・・・と考え決めたのはコチラ↓

wasitu.jpg

とってもノーマルな照明。
でもリモコンも付いてるし、虫が入りにくい構造になってるし、変更前の照明よりコストダウンできたし、何よりシンプルで良いです[るんるん]
相棒殿、変更してくれてありがとう~!

最後に決めたのは問題となっていた【レースのカーテン】
2階の窓のレースは施主支給(現在使っているものをそのまま使用)するのでいいのですが、1階は全て住林でお願いしています。
必要なレースは2ヶ所で、リビングの大型窓と東面の窓だけ。でもとにかくサイズが大きくなるのでコストもUP・・・[グッド(上向き矢印)]。今回あらためて検討するに辺り、和室の照明のようにコストDOWN[バッド(下向き矢印)]を狙いたいと思います!!

最初にT女史が勧めてくれたのはオーガンジー風な1枚。
柄は一切入っていなくてシンプルだけど、その分ひだがキレイに見えますよ、とのこと。しかも柄がないのでコストもしっかり抑えられます。
うん、悪くはないんだけど・・・逆にシンプルすぎ??
厚地扱いのロールスクリーンには一切柄なしのシンプルなものを選んだので、レースには柄が入ってて欲しいんですよねぇ・・・。

今度は自分でショールームにある見本をざくざくチェックしていきました。
すると、その数ある中に1枚とってもステキなカーテンを発見[目]!!
T女史に値段を確認しようとした瞬間、

T女史「今見積りに入っているレースと同額です。むしろサイズが少し大きくなるのでさらにUPです![ふらふら]

とバッサリ(笑)。
ええええええーーーーーーー(TT)と凹む私。
でも、正直他にはもう納得できるレースがない・・・。
散々迷った末、私はたとえコストがUPしようともこのレースしかない!と決めてしまいました(笑)。

相棒殿も「それがいいと思うよ」と賛成してくれたので無事決定[黒ハート]
しかも、T女史が減額を願う私たちを慮って、「このレースのカーテンについては、UPしてしまう部分を何とかします!」と言ってくれました[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]
ということは、わずかではありますがダウンライトを1つと和室の照明を安価なものに変更したことにより、減額という運びに!!!よかった~!T女史ありがとう~!!

前回の打合せでエアコンの取付費がプラスになりましたが、これでインテリアの合計が取付費分全額UPではなく、少し減額[バッド(下向き矢印)]となりました。
寝室のカーテンレールもノーマルなものに変えたので、これで減額できる場所は全てしたことになります。
T女史も「これ以上は難しいでしょう」と言ってくれたので、私たちも納得です。

その後正式な再見積りが出ましたが、結果的に1万円ほどの減額。
それでも今の私たちにはとても大きな差となりました。
T女史とはこれが最後の打合せという感じがしたので、しっかりお礼を伝えて終了。

ふー、ついにここまできたなぁ。
1週間後には地鎮祭が待ってるぞー[パンチ]
nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

最後の打合せ??その1《設備打合せ⑩》 [設備について]

8月22日

前回の打合せから約3週間。
着工合意と土地の金消契約を挟んだので、打合せとしてはとっても久しぶりな感じです。
あと1週間ちょっとで地鎮祭だというのに、いまだに何やかやと検討中の我が家(笑)。思わず「着工しちゃって大丈夫[ふらふら]?」と思ってしまう自分がいます(^^;;。

この日は、そんな検討中の事柄や前回までで保留になっている問題点を確認。
着工合意から今日まで何度か電話で打合せはしてきましたが、もう一度口頭で確認をして着工までに決められるところは決めてしまいたいと思います[わーい(嬉しい顔)]

【Q&A】
☆ダイニングに設置するホスクリーンの位置をもう少し窓の範囲内に納まるよう
 にずらして欲しい。
★OK

☆2階ホールの階段から続く腰壁部分の高さを10cmほど上げることはできる
 か?できるとしたらいくらぐらいかかるか?
★90cmから1mへ変更。差額なし。
   ※設計士のAさんに再度確認すると、一般的な腰壁では90cmが普通で
    すが、シースルー階段などの場合は1mで設計したりするそうです!!
    決して珍しい注文という感じでもなさそうで、特に相棒殿の身長を考え
    ると変更してもいいのではないでしょうか、とのことでした。
    差額についても、営業のSさんからは「かかると思います」と聞いていま
    したが、雰囲気的にサービス[ぴかぴか(新しい)]してくれたのかな~??という感じ(笑)。
    ありがたいです[ハートたち(複数ハート)]

☆2階洋室の仕切り壁の幅が短すぎるのでは?
★扉を閉めた状態だとただの壁の出っ張りになってしまうので、極力短い方が
 良いです⇒今のままで変更なし
   ※将来家具で2部屋に仕切れるように設計してもらっていることで発生した
    問題。
    結局仕切用の家具がどんなものかもう一度説明を受けました。それを設
    置するためにはあらためて工事が必要ですが、いつか工事するその時に
    壁幅が足りなければ埋めてもらえばよい、ということで、今は一番短い壁
    幅のままでいくことにしました。

☆和室のドアや押入の扉の取っ手はどんなものか気になる。
★現物を確認。問題なし。
   ※実はコレ、前回相談したあと家まで見本を送っていただきました(笑)。
    白木の質感がとてもよかったし、取っ手の形も丸ではなく四角だったので
    すんなりOK。

ここまでは前回の打合せで保留になっていた問題点。
次からはこの日までに新たに出てきた問題点。

☆玄関にコンセントが1つもないので、どこかに追加したい。
玄関収納カウンターの上に1つ追加。
   ※コンセント配置図をずっと見ていた時、玄関に1つもないことに気付いて
    妙に不安になった私(笑)。相棒殿には「いらないの?って聞いたら“い
    らないよ”って却下したじゃん[がく~(落胆した顔)]」と言われてしまいました(←記憶にない)。
    あって困るものではないので、念のために1つ追加です。

☆和室の襖と押入を展示場と同じものにしたい。
★OK
   ※先日見に行ったAさん設計の展示場。かなり純和風な和室もあったので
    すが、そこでは襖と押入が同じ壁紙(?)を使っていたんですよね。
    我が家は漠然と「別々でないといけない」と思い込んで決めていたので
    目からウロコ[目]!揃えたほうがカッコイイじゃん、ということで揃える&展示
    場と同じ壁紙に変更しました。

☆お風呂の棚は色が変更できないのか?
★無理です。
   ※以前にも記事で書いたとおり、我が家のお風呂は住林標準の日立のもの
    です。で、このお風呂についている小さな棚の色が個人的にすごくイヤな
    んですよ~[ちっ(怒った顔)]!!こんなの↓

buth2.JPG

    緑です、緑。
    壁の1面はピンクだというのに、それに緑ってどうよ?!と私は常々不満
    に思っていたんですよね。でもAさん曰く「そこは変更できないんです~」
    とのこと。うぬぬ・・・日立さん、もうちょっとデザインを考えて欲しかったで
    す・・・。

あとはちょこちょこと門柱について聞いたり(←まだ粘ってる 笑)、カーポートを設置した場合の電源を確認しました。
そしてその後、ある意味今日のメインイベントとも言える“くっしー&相棒殿ハウスの3D”を見せてもらいました[exclamation×2]

住林では以前から3Dを使って家のイメージを伝えてくれていました。
折に触れて見せてもらっていたのですが、外壁や室内の色が決まった段階で「私たちが選んだ色や建具を反映した3Dを見せて欲しい」とお願いしていたんですよね。
少し時間がかかりますと言われていた上に本当に何も言ってこないので、もしかして忘れられてる??と思った今頃になって、ようやく見せてもらうことができました(笑)。

あいにく写真で撮っていないのでお見せすることは出来ませんが、思わず「おおおーーー!!」とつぶやく私と相棒殿。思った以上にリアルで雰囲気がよく伝わってきました[るんるん]
1階部分の建具も散々色を迷ってほぼ8割を白にしましたが、うん、その選択は間違ってないようです(笑)。

これで設計士Aさんとの打合せは終了。
Aさんは次の予定が迫っていたので、バタバタと挨拶をして打合せを終えましたが、よくよく考えてみたらもうショールームでAさんと会うことはないのでは??と気付く私たち。
ガーン[がく~(落胆した顔)]、あんなにお世話になったのにちゃんとお礼言ってない・・・。
でも、なんだかもう1度か2度は打合せをお願いするような気がするから、まぁいっか(笑)。

さぁ次はインテリアの打合せだっ!!
nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

キッチンを再確認 [展示場巡り]

8月中旬。
そろそろ新しいきこりんグッズをもらいに行きたいなぁ[黒ハート]と思い始めていた私と相棒殿。
着工合意も土地の決済も終わり、久々におうち関係の打合せのない休日ということで、展示場をゆっくり見るために出かけました。

行ったのはコチラ↓

IMG_2387.jpg

我がチーム住林の設計士Aさんが手がけた展示場です。
今年の春にオープンしたばかりで、とにかく新築ピッカピカ[ぴかぴか(新しい)]!!オープン当初に1度訪問していましたが、どうしてももう一度見たい設備が入っているので再訪することにしたのです。
ちなみに以前の展示場はコチラ。ここのテーマは“重厚感”というか、少し年配の方向けの家というコンセプトが続いているようです。

どうしても見たかった設備というのは、コチラ!

IMG_2389.jpg

うっかりフラッシュをたいてしまったのでかなり明るい感じになっていますが、本当はもっと濃い(暗い?)赤茶系の色のキッチン
EIDAIの浮造りsenchaです。
我が家のキッチンはこのsenchaに決めているのですが、EIDAIのショールームに行っても見本がないんですよね~(^^;;;。色違いはあるのですが、違う色では意味がありません。

ここのキッチンは特注ということで、L字型の天板は人大。
我が家は当然普通のセミオープンのI型で天板はステンレスです。
床の色との兼合いも気になっていたけど、ウチは比較的どんな色とも合いやすい薄い色なので問題ないかな。
2度も確認したから・・・もうこれで後悔しないはず(笑)。

偶然にも、この展示場には我が家に設置されるものと同じものがもう1つあります。
それがコチラ↓

IMG_2395.jpg

狭い空間なのでうまく写真が撮れなかったのですが、FIX+片開きの大型窓。
相棒殿がこだわって採用した、リビングのイチオシ[手(チョキ)]ポイントです。
展示場内では廊下の窓として採用されていましたが、間近で見ると確かになかなかの大きさ。これなら冬場に雪が積もっても、室内に明かりが充分取れそうです[ぴかぴか(新しい)]

ただ、思ってたより窓枠がガッシリしてるのよね~ん(^^;;;。
色もウチと一緒で白なんだけど、片開き窓の枠が思いのほか太く感じます。
これだけのサイズのガラスを支えるのだから仕方がないといえばそうなのですが、もう少し華奢な感じだともっと外が広く見渡せる気がするんだけどな。
部屋の中にあればまた感じ方も変わるかもしれないので、そこに期待です[わーい(嬉しい顔)]

あとは他の部屋やインテリアをじっくり見て回りました。

   IMG_2403.jpg  IMG_2413.jpg

写真左は設計Aさん渾身の(?)書斎。
ここは明らかに他の部屋と力の入れようが違う・・・[がく~(落胆した顔)]!!と思ってしまうほど、男性の憧れが網羅された書斎になっています。相棒殿も、初めて足を踏み入れた時に「こんな部屋欲しい~[ハートたち(複数ハート)]」と言ったくらい(笑)。
暖炉に天井までの書棚(我が家と同じヤツ)、住林自慢の格子スクリーンもこの部屋にあります。

写真右はリビングの一角にあるTVとTVボード。
一目見て「ステキ」と惚れこんでメーカーを確認したのですが、あの高級家具のCONDE HOUSEでした。
もうその名前を聞いただけで「ウチには無理・・・[バッド(下向き矢印)]」と撃沈(笑)。
似たようなのを探そうっと。

途中で、相棒殿が前回の打合せで話をしていた“腰壁の高さ”を確認することができました。
この展示場の階段部分がウチの造りにちょっと似ていたので、横に立ってその恐怖感を実体験。
相棒殿自身は思ったほど怖いと思わなかったようですが、傍から見ていると確かに乗り出した時の感じが危なかっしい気がします。

案内をしてくれていたスタッフさん曰く、「展示場は階段幅が通常より少し広く取ってありますが、一般的にはもう少し幅狭なのでそれほど気にならないかもしれません」とのこと。
その言葉に、相棒殿も「そっか、もう少し狭ければ気にならないかもな~」と納得の様子。
結局、この場では決めきることができず、次回Aさんと打合せをするときに相談してみることにしました。

着工合意しても悩みは尽きません・・・。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

土地の本契約 [土地について]

8月10日

着工合意が終わってしまえば、基本的にはあとは着工を待つのみです。
でも私たちの場合はまだ土地が自分のものになっていなかったし、打合せ事項も残っていたので、ちょこちょこおうち関係で出かけていました。

この日は待ちに待った[ぴかぴか(新しい)]“土地の本契約”[ぴかぴか(新しい)]の日!!
土地を探し初めて1年強。もう見つからないんじゃないか・・・[もうやだ~(悲しい顔)]と諦めかけたこともあるだけに、とっても感慨深い気持ちでいっぱいです。
しかも買付証明の段階で何度かフラれてしまったので(笑)、着工合意同様ここまでの道のりも長く感じました。

とりあえず、銀行の前で営業のSさんと合流。
奥の会議室へ通され、ちょっと緊張してしまう私と相棒殿。
しばらく待っていると、以前の仮契約の際に会った住林側の仲介不動産屋さんが到着。その後司法書士さんがやって来て、最後に売主さんと売主さん側の仲介不動産屋さんが来て、全員がそろいました。

今日は書類作成よりは実際の売買[有料]がメイン。
銀行から土地代としてローンで借りるお金がおりてきて、それをそのまま売主さんへお支払するという流れです。もちろん提携ローンなので間に住林が入りますが、それでも私たちの通帳には一度大きな金額の現金が振り込まれて、一瞬だけ大金持ち[グッド(上向き矢印)]!!でも次の瞬間にはもう引き落とされて超極貧[バッド(下向き矢印)]です(笑)。

司法書士さんの説明と指示で、相棒殿はいくつか署名&捺印。
私は横で固定資産税の準備をしてお支払い
年度中途での譲渡になるので、今年度分は売主さんと分けて支払います。確か月割りだったかな??年度の最初で売主さんが全額納めてくれているので、私たちのものになった以降の月数分を支払ったんですよね~[わーい(嬉しい顔)]
来年からは自分たちで全額か・・・(遠い目)。

銀行と住林がしっかり準備をしてくれていたので、売買契約は思った以上にあっさり短時間で終了。
この後は、司法書士さんがその足で法務局へ手続きに行ってくれて、数日後には登記が完了する予定です。

うーん、着工合意の時もそう思ったけど、全然自分の土地になったっていう実感がないな~(笑)。

それでも、相棒殿は“地主”になったという喜びを強く感じているようでした。
たくさん借金は抱えたけど(^^;;;、まさにこれで一国一城の主[家]になったわけです。

その表情を見ていると、1年半前に分譲マンションを仮契約した日の相棒殿を思い出しました。興奮と不安と喜びにあふれた彼。対して不安だけが胸に広がり、うまく笑えなかった私。
でも今日は違います。
相棒殿の明るい表情の下には、抱えた責任の重さをしっかりと理解し、これから長い時間をかけてあの場所で生きていく覚悟のようなものが感じられました。

正直、マンションを買う買わないでモメていたときの私たちは、いろんなことを軽く考えていたように思います。もちろんあの時はあの時で一生懸命だったけど、今の私たちには遠く及びません。
ローンも月々の支払額がありえないような内容で組もうとしていたし(笑)、人生設計も60才、70歳・・・なんて先のことは深く想像していなかった気がします。

マンションから一戸建てにシフトして以降、相棒殿は一回りも二回りも人として成長したのかなと、母親のような気持ちで見ている私がいました(笑)。
私もそんな相棒殿に恥じないように、しっかりサポートしていける相方になりたいと思います。
土地の本契約を終えて、身の引き締まる気持ちになったのでした。
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ついに着工合意!! [設備について]

【2009年8月2日(日)】

午前中に銀行に出向いて土地の金消契約を済ませてから、午後は住林のショールームへ向かいました。
ついについに“着工合意”です[exclamation×2]
昨年の年明けにマンションを探し始めて、いろいろあった末に新築一戸建てにシフトして、とうとうここまできました。
ん~長かったなぁ(笑)。

まだ決まっていないことはいくつかありましたが、それに関しては覚書を交わすということで、着工合意することにOKを出しました。
イメージとして“着工合意してしまったらもう何も変更できない[ふらふら]と思っていたんですよね。

でもいろんな先輩blogを拝見していると、構造部分に関しては基本的にもう変更がきかないけど、インテリアや発注が遅い設備品等に関しては着工合意後でも大丈夫とわかって一安心。営業のSさんからも同じように説明を受けたので、この日の契約となりました!

書類にサインする前に、今決まっている中での変更希望やわからないこと念のため確認。

【Q&A】
☆ダイニングに設置するホスクリーンの位置をもう少し窓の範囲内に納まるよう
 にずらして欲しい。
★確認します。
   ※大きいFIX+片開き窓に平行になるようにホスクリーンを設置してもらうの
    ですが、リビング側の折り上げ天井やダウンライトの位置関係で少しキッ
    チン側に寄っていました。なるべく長く日に当てたいので、窓の範囲内に
    すっぽりホスクリーンがはまるように依頼。

☆ダイニングの(将来)設置予定の壁掛けTVスペースに下地補強を入れた方が
 いいのか?
★入れた方がいいと思うので、対応します。
   ※そんなセレブな生活をする日が来るのはいつになるかわからないけ
    ど(笑)、後から入れるわけにはいかないので入れてもらうことにしました。

☆2階ホールの階段から続く腰壁部分の高さを10cmほど上げることはできる
 か?できるとしたらいくらぐらいかかるか?
★腰壁の標準的な高さは90cmで、一般家庭でさらに高くしたという話はあまり
 聞きませんが確認します。
   ※これについては相棒殿の気持ちに配慮したものです。ある日図面を見て
    いた相棒殿が、腰壁の高さが90cmと知って「階下を見下ろした時怖い
    かも[がく~(落胆した顔)]と言い出したんですよね。相棒殿の身長は約180cmなので、
    確かに身を乗り出したら体の半分は空中に出るような感覚です。
    この部分↓

IMG_1240.jpg

    私は約160cmなので全然気にならず、そんなことは思いもしなかったので
    ビックリ[目]。正直「必要ないんじゃないの?」と言ってしまいましたが、本人
    にしてみれば、せっかくのマイホームなのに慣れるまで怖い思いをするの
    は納得がいかないとのこと。ひとまず確認してもらうことにしました。

☆2階洋室の仕切り壁の幅が短すぎるのでは?
★確認します。
   ※この洋室は将来家具で2部屋に仕切れるように設計してもらっています。
    なので1部屋にドアが2つあるのですが、そのドア同士が干渉しないように
    少しだけ室内に向かって垂直に壁を作ってくれているんですよね。いずれ
    は仕切られるとわかっている割には妙に幅が短い・・・と疑問に思ったので
    質問。

☆和室のドアや押入の扉の取っ手はどんなものか気になる。
★確認します。

あとは図面上の記載漏れや、言葉の意味などを聞いて確認終了。
今回は設計のAさんやICのT女史は同席しなかったので、ほとんどの内容が保留になりました。でも着工合意に問題が出るような話ではなかったので、そのまま着工合意書類の確認です。

IMG_2455.jpg

おおおおーーー[ぴかぴか(新しい)]!!
基本的に住林と交わす大きな契約はこれが最後なので、今まで決めたことがほとんど網羅されています(←当たり前 笑)。散々悩んだ外壁や壁紙のサンプル画像もしっかり入ってる~[ハートたち(複数ハート)]

なんか・・・これで本当におうちが建っちゃうんだな。
まだ実感がわかないや(笑)。

ひととおり内容を確認して相棒殿が署名&捺印しました。
カーテンや照明などのまだ決まっていないところについては、この着工合意以降に決定しても基本的には必要経費分以外に金額請求があることはない、ということだけ念押。
先輩blogで時々「着工合意後に変更したらすごく費用がかかった~[ふらふら]!」というのを拝見していたんですよね。我が家の場合は時間的に間に合わなかったという立場なので、最終決定までは今までとなんら変わりません。

ちなみにこの書類の中に住林オーナーズサイト“Clubforest”の仮IDとパスワードが入っていました[わーい(嬉しい顔)]!!
オーナーにならないと入れないので、ずっとどんな内容なのかな~??と見てみたくて仕方がなかったコンテンツ!

建築が始まったら、定期定期に担当の方が写真等をUPしてくれると聞いていたので、これで遠方に住んでいる双方の両親にも進捗状況を見てもらうことができます。
今はまだ何もないけど(笑)、これからが楽しみ[黒ハート][黒ハート][黒ハート]

さぁ、あとは土地の決済とインテリアを詰めて、月末の地鎮祭だ!!


あ、この記事で[ぴかぴか(新しい)]100記事目[ぴかぴか(新しい)]です。
いつも読んでくださってありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

土地の金消契約 [お金のこと]

8月2日

札幌も本格的な暑さ[晴れ]になってきた8月上旬。
この日は土地に関しての金消契約の日だったので、午前中から銀行へ出かけました。
金消契約というのは簡単に書くとズバリローン契約”です。
詳しいことは相棒殿にまかせているので私は私なりにこう解釈していました。

『この日を境に借りられる金額を変更できなくなること』

これ、銀行関係やローンに詳しい方が見たら「アバウト過ぎ[がく~(落胆した顔)]」って怒られちゃうかも(笑)。
でもすでに事前に融資承認が下りていて、借りたい金額は変更できなくなっています。だから私はざっくりとそう覚えることにしたんですよね[わーい(嬉しい顔)]

そんなわけで数日前から相棒殿はそわそわ。
「もう金額変えられなくなっちゃうよ?本当にいいの??」
と冗談まじりに私を煽るので、
「がんばって返してくださ~い[黒ハート]
と一馬力でローン返済する相棒殿にあらためて責任を痛感させる私(笑)。
お互い、こんな大きな金額のローンを組むのは初めてなので、冗談でも言ってないとやってられませんでした(^^;;;。

銀行に到着すると、営業のSさんと合流。
Sさん自身は何の用もないのですが、念のため付き添ってくれました。今回は以前の銀行トラブルの時のように、土地&建物の一括ローンではないし、それにともないつなぎローンも発生しないので、事前にSさんから聞いていた利率等がまた間違ってるんじゃないか??なんていう不安は全然ありませんでした。
今回お世話になるB銀行のCMでも、利率はバンバン放送されていたので。

窓口が開店したと同時に着席。
担当してくれる銀行マンが優しそうな女性で、妙に安心[るんるん]
ひととおりの流れの説明と、あらためて借入金額と年数そして金利の確認、八大疾病特約の内容について聞いてから、相棒殿の印鑑&署名がひたすら続きました。
そんな中、担当の方に

「お支払はいつからにされますか?」

と聞かれました。
私は漠然と来月(9月)から始まるものだと思い込んでいたので、ちょっとビックリ[目]。相棒殿も同じ気持ちだったようで、「自分で決められるんですか??」と逆に質問。

担当の方曰く、本来ならば翌月(9月)の支払スタートになるけど、今月からでもOKとのこと。
しかも今月から支払うと、今月分だけ[ぴかぴか(新しい)]ちょっぴり返済金額が安くなる[ぴかぴか(新しい)]んですよね~[ハートたち(複数ハート)]

「少しでも早く返済されたほうがお得ですよ[わーい(嬉しい顔)]

という言葉に、私も相棒殿も「まったくです」とうなずいたのでした。
あとは細々とした確認をして手続き終了。
ただし、こうして契約書類は書いたものの、まだ土地の決済が済んでいないので現金は動いていません。
1週間後に現地主さんや司法書士さんを交えての決済手続が予定されているので、その時に初めてローンが始動します。

でも・・・今月末から(土地分だけとはいえ)ローンが始まるんだなぁ・・・。
しばらくは今のマンションの家賃にプラスしての出費で少し大変ですが、少しづつでも“返済できている[有料]という感覚がうれしいです[わーい(嬉しい顔)]
長い目で見ると、土地代だけを先に返した方が得だと言われているので、繰上げ返済がんばるぞー[パンチ][exclamation×2]
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

やはり北国仕様《設備打合せ⑨》 [設備について]

7月31日

この日は久々に相棒殿がメインの打合せでした。
平日な上に夜の時間帯だったので私は欠席。前もって聞いておきたいことは2人で話し合っていたので、自宅待機となりました(ただ単に街の中心部へ出るのが面倒だったってのも・・・笑)。
打合せシートと相棒殿の話を頼りに記録しておきます。

まずエアコンの見積り等】について。
先日家電量販店へ出向いてだいたいの相場はチェック済み。
施主支給ではなく、購入・取付全て住林でお願いした場合、どれくらい費用がかかるのか見積りをお願いしていました。
ちなみに費用というのはエアコン本体の代金、取付費、エアコンホースの化粧カバー代です。

ここで、「ん?」と思った方もいらっしゃると思います。
私も思わず「えーー!!」と言ってしまったのですが(笑)、エアコンに関しても[ぴかぴか(新しい)]北国仕様[ぴかぴか(新しい)]がしっかり反映されていました(^^;;;。

どういうことかというと、エアコンを検討し始めた頃、私はせっせと先輩blogを廻って情報収集したり、某SNSで熱く議論されていたエアコン談義を読んだりしていました。
エアコンのkw数などについてはほとんどの方が持論を展開されていて、なるほどな~と感心することしきり。でも、そんな様々な意見の中でもほぼ共通していたのは“隠蔽配管をお願いする”ということでした。

隠蔽配管とは、ざっくり書くと“外観を損ねたくないなどの理由で、エアコン等の配管を壁の中に入れ込み隠してしまう”というもの。
他のHMについてはよくわかりませんが、少なくとも住林のオーナーさんたちはかなりの割合でこの隠蔽配管を採用されている様子。
確かに1階ならまだしも、2階からずーっと下まで外壁にパイプがついてるのってヤダもんなぁ・・・と思った私は、前もって相棒殿に「隠蔽配管にしてくださいって頼んでね[わーい(嬉しい顔)]」と伝えておいたのです。

で、相棒殿曰く、打合せの最中にきちんとお願いしてくれたそうです。

相棒殿「あのー、エアコンは隠蔽配管できるって聞いたんですけど」

設計Aさん「はい、本州では(にっこり[ぴかぴか(新しい)]←イメェジ 笑)」

なんと・・・隠蔽配管は本州のみの特権(?)だったのですよーーーー!!!
これを聞いた時はかなり衝撃を受けました[がく~(落胆した顔)]
外観については私も力を入れていたし、できることならエアコンの配管もすっきり見えなくしてしまいたいと思っていたので。
詳細については相棒殿が聞いているのであまりよく覚えてないのですが(^^;、やっぱり北海道の冬を考えた時、壁の中に配管を通すと気密性が維持できない、というようなことだったと思います。

うーむ、まさにしてやられたぜ・・・(笑)。
屋根や門柱などの外に面している部分には、どうしても“北海道”という地域性がからんできます。
それが不満ではないけど、ちょっと残念だなぁ・・・トホホ[あせあせ(飛び散る汗)]
というわけで、我が家のエアコンホースは昔ながらの剥き出しタイプで、化粧カバーを装着することになりました。

そしてそれらを踏まえて出された住林の見積り金額は・・・思わず「高っ!!!」と言ってしまうようなものでした(笑)。
エアコン本体の代金が、化粧カバーも込みで家電量販店の表示価格より約+8万円[グッド(上向き矢印)]
ある意味隠蔽配管が本州のみとわかった時以上にビックリ。
さすがの営業Sさんも「エアコンは施主支給されたほうがいいと思います」とアドバイスしてくれました。

取付費については1階であれば5万円。ちなみに2階だと63,000円。
いずれは2階の寝室にもエアコンが欲しい・・・と私は思っていますが、さすがにこれは相棒殿が「必要ないんじゃないの~??」という感じだったので、今回はパスです[ふらふら]
なので、結局エアコンは施主支給することにして、取付だけ住林にお願いすることで決定しました。

他には防犯ガラスを2ヶ所追加しました(さすがにここは有料 笑)。
場所は1階のキッチン背面のFIXと2階の書斎部分。
実はこれを取り入れることに決めたのは、以前『防犯って考えてなかった!』という記事に対していただいたIslayさんのコメントがきっかけでした。

《コメント抜粋》
面格子や雨戸を付けない窓には、全て防犯ガラスを使用する事をお奨めします。一階だけでなく二階のベランダから侵入というケースも多いので、二階だからといって大丈夫ではありません

このコメントを拝見して、急に心配になっちゃったんですよね~・・・(←小市民 笑)。
1階は上記のキッチン以外は全て防犯ガラスを採用しています。
なぜ背面のFIXだけ入れていなかったかというと、高さがとっても高いから。地上からだとゆうに2mを超えるので、さすがにここからは誰も入ってこないだろ~[わーい(嬉しい顔)]と余裕をかましていたんですよね。

でもでも、タイミング的に後で防犯ガラスに入れ替えるなんてことは絶対しない(できない)だろうし、取り入れるなら今がチャンス[パンチ]、と思い直しました。
2階の書庫部分もそうです。ここは特にすぐ下に庇があるので、侵入しようとすればできなくもないかな??と思って採用することにしました。
相棒殿も「心配なことには対応したほうがいいよ」と言ってくれたので住林に依頼。これまた約+2万円のUP・・・[グッド(上向き矢印)]。安心を買いました(TT)。

あとは新しくローンを借りることになった銀行との手続スケジュールを確認して、終了となりました。

※一部訂正【2009.9.14】
nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

見積りと施主支給 [お金のこと]

今日からリアルタイムでは9月ですねぇ・・・。
あ、そういえばウチ今日から着工だ(←あっさり 笑)。
そのことについて書きたいのは山々ですが、まだblog上は7月下旬。
毎日毎日記事をUPしているのに、どうしても1ヶ月追いつけないのはなんでだろう~(TT)。途中できこりんグッズの紹介なんてしてたから(笑)??いや、でもあれは最重要記事だから(ニヤリ☆)

なので、もしもこの記事を読んで「着工おめでとう」なんて思ってくださる方がいるとしたら、それは実際に着工した記事を書く時までとっといてください(笑)。
とにかく、早く実際の進捗状況に追いつくべくがんばります・・・トホホ。

------- ここからはいつものおうちづくりblog ------

私一人で住林のショールームへ出向いた日、それまでの段階での見積りが提示されました。

土地の費用や諸経費も含まれた資金計画書”“差額変更の見積書”
これらには今まで含まれていなかったインテリア関係が全て合算されていました。
インテリアについては前にも見積りはもらっていて、きっちり予算内に納まることは了解済み。でも、その後いくつか変更・追加した設備もあるし、今回も戦々恐々。

家に持って帰ってじっくり見てみると、単純に家部分だけで考えると5万円程度のUP[グッド(上向き矢印)]です。
本当は11万程UPなのですが、そのうち6万円は長期優良住宅申請費用なので追加でも問題なし(今まで見積りに入れ忘れていたらしい 笑)。
思っていたほど大きなUPになっていなくて、正直ちょっとホッとしました[わーい(嬉しい顔)]

ちなみにこの見積りを出してもらった時点で、以前銀行ローントラブルで住林側から申し出のあったサービスはお願いすることにしました。
気持ちの整理はつき始めていたのですが、“たとえ銀行を変更して私たち(私と相棒殿)に直接被害がなくなったとしても、このサービスはそのまま実行させていただきます”という申し出を、今度は素直にお受けすることにしたのです[ぴかぴか(新しい)]
だからいくつか追加した設備があった割には増額分が少なかったのかな。

諸費用や土地関係の費用も含めた総トータルで見ると、前回の見積りより約25万円のUP[グッド(上向き矢印)]
やっぱり土地の契約がずいぶん進んだので、実際にかかった費用が含まれると少しUPが大きくなっています。特に土地の登記費用だけでも6万くらいUPしてるもんねー。うわーん、痛いなぁ[もうやだ~(悲しい顔)]

夜に2人でこの見積り書を見ながら、「どこか安くならないかな?」と相談。
25万のうち6万は長期優良住宅申請費なので除くとして、あと19万をできることならば下げたいものです。まだ見積り結果は出ていないけどエアコンもお願いしようか迷ってるし、もしそれが追加されたら間違いなくもっとUPするもんね。

そこで、悩んだ末に[ぴかぴか(新しい)]施主支給[ぴかぴか(新しい)]を検討することにしました。
施主支給とは、読んで字のごとく“施主が支給するもの”=“施主が自分で購入して取付・設置等行うもの”です。間に住林が入らないので、好きなお店で商品を買うことができるし自分で取り仕切るので取付費用も発生しません。

実際減額を検討する段階で取り入れる施主さんは多いですよね。
カーテンや照明はまだしも、中にはIHヒーターやエコジョーズ等の水源を施主支給する方もいるくらい。
噂では安いお店を探せば同じ商品を半額くらいで買えるものもあるそうで、期待に胸が膨らみます[るんるん]
でも、施主支給を検討するにあたり、私たちにはいくつか制約がありました。

その1 1階のカーテンは全て住林に頼むと約束している
その2 電気の配線関係は自分たちではできない(ネットは除く)ので、取付
     は住林にお願いしたい
その3 車がないので設備品の持ち運びができないため、ネットで買うにして
     も送料や手数料を考えなくてはいけない

1については住林との信頼関係を重要視する相棒殿のたっての願いです。
2については最初からわかっていたことで、2人ともこの手の仕事は不向き(笑)。
3については結構大きな問題で、【○万円以上ご注文の方は送料無料!】と書いてあっても、北海道沖縄・離島の方を除く】なんていうサイトも多々あるんですよね~。こういうのはちょっと悲しい・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

そこで私たちにできる施主支給は照明のみということがハッキリしたので、候補を挙げてみました。
ポーチ灯・ダイニングのペンダント・和室のシーリングライト・同リモコン・庭の人感センサー・階段角の照明の全部で6ヶ所。
ただしその2にあるとおり、配線はできないので取付は全て住林にお願いしたいと思います。
設計のAさんに相談すると、取付も頼むなら住林に取付費用を払わなくてはならないため、その費用がいくらか見積ってみてから決めたらどうですか、とのこと。

というわけでメールで営業のSさんにお願いしてみました。
で、帰ってきた返事を見て思わず「結構かかるのねん・・・[がく~(落胆した顔)]」とつぶやく私と相棒殿。
1つ1つで見るとそんなに高くはないのですが、トータルするとそこそこの金額[有料]となっていました。
思わず顔を見合わせた私たち。

せっかく施主支給してもこれだけ取付費用を別に払わなければならないのなら、最初から全部住林でもたいして変わらないんじゃないか・・・。
時間もないし、お店に見に行くのもちょっと面倒だし・・・。

で、結局施主支給は取りやめ(笑)

19万円UPは必要な経費と思うことにして、それ以上UPしないことを願って不問としました。
全て住林に頼んだ方が安心感もあるので、火災報知器の時同様に安心を買ったと思うことにします(ちょっと違うけど)。

だいたいの見積りも出たけどまだ検討課題はいくつか残っているので、残り1ヶ月スパートをかけなくては!
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。