So-net無料ブログ作成
検索選択

南向き第1弾《打合せ③-2》 [間取りについて]

前回、今回とプラン提示を受けているわけですが、私の中ですっかり忘れ去られていたことがあります。
それは“おうちの向き”
東西南北という方向があって、家の玄関がどこを向いているのかというのはかなり重要なはず。それなのに、相棒殿はさておき私は全然考えていなかったのです[ふらふら]

なぜなら、家は“南向きに建てるのが当たり前”だと思っていたから。私の住んでいた実家周辺ではそれが当然だったんですよね。

おそらく設計のAさんは、プランを出すたびに「○○向きの家ですが~」と説明してくれていたのでしょうが、なぜか私はまったく耳をかしておらず(笑)。
だから、2回目のプラン提示で2つ目のプランを出された時に驚きました。

Aさん「南向きのプランも作ってきました[わーい(嬉しい顔)]
私『・・・!!!ってことは今までのは何向き[がく~(落胆した顔)]?!(←恥ずかしくて聞けない心の声 笑)』

そこで、さりげなーく前回今回と提示されたのが東向きだったことを今更確認。
南向きにしか家を建てないと思っていた、私のローカル思考をちょっと反省したのでした。
そして提示された初の南向き外観がコチラ↓

IMG_1976.jpg  IMG_1975.jpg

これまた、おおおおおおーーーー[目]!!!と大興奮!
私たちが「これだ!」と思った展示場に似た雰囲気をバシバシ醸し出している外観です。
南向きになると、正面から見たおうちの全景がとても大きく感じるんだなぁ・・・。
全体的な形はとても気に入りましたが、ただ一つ、窓がダサイ(笑)。なんでだろう??今まで丸窓を見ていたからか、このノーマルな窓が無性にダサく感じます。やっぱり丸窓かしら・・・。

【1階】
IMG_1979.jpg

南向きの初間取り。
外観もそうでしたが、中も私たちの大好きなモデルハウスを踏襲してくれています。
特に玄関からまっすぐ伸びた先にあるインナーテラス[ぴかぴか(新しい)]!!窓の外が見えることで空間が広く感じられるし、表でも裏でも緑を楽しめる(植裁すればの話)のがうれしい限り。

LDKの形もすっきりしていてすごく好きな形です[黒ハート]
実は、前回東向きのプランを出してもらった時、リビングの向きが気に入らなかったんですよね。特に今回の再提示で回遊性をもたせたので、TVを見ている人の前を他の人が横切る可能性が高まったことがすごく不満だったのです。
落ち着いてテレビを見たいし、通る時もいちいち遠慮したくないし・・・。

その点、この南向きのプランは格段に横切る可能性が減って、細かいストレスがなくなりました!
やっぱりこうでなくちゃダメだな~とご満悦(笑)。
でも、もちろんこのプランでも気になる点が他にもたくさん出てきました。

★和室が独立しているので、使わない部屋になりそう。
今までLDKに隣接していた和室が、玄関ホールを挟んで対面してしまったので、普段使いがしにくくなりました。例えばごはんを食べた後「くるし~!」と言いつつ倒れこむとか(笑)、洗濯物を畳む時に広げておくとか。

ただ、基本的に私たちが和室を作るのは“来客の宿泊用”なので、普段使いはしないと割り切ってしまえばいいんですけどね・・・。でもせっかくなら普段使いと来客用と両方兼ね備えた和室にしたいというのが希望。
そこで、ものは試しと和室を2階に上げてもらうようにお願いしてみました。冬場は2階で洗濯物[ブティック]を干すことも多いだろうし、本を読む時に寝転がって読めるのはかなり魅力。
次回のプランに期待です。

★ファミリークローゼットを通り抜けられるようにしたい。
これは前回の東向きのときにも話をして、今回再提示でクリアしてもらった問題だったのですが、なぜか南向きになると再び元に戻っていました。不可能ならまだしも、可能なのになんでお願いしたことをここにも応用してくれないんだろう・・・。応用力のなさに不満ぶーぶー[ちっ(怒った顔)](←もちろん心の中で 笑)。

★トイレを生活空間と離してほしい。
図面を見てみると、LDKと玄関ホールから続く廊下の間にドアがありません。壁はあるけど所々開いていて、空間を広く見せています。
その広がりは魅力的ですが、そうするとトイレの位置が近いのが気になる・・・。人の気配を近くに感じると落ち着かないし、音が響くのもイヤです。
できるだけ離してもらうようにお願いしました。

【2階】
IMG_1980.jpg

なんだかどの部屋もゆったり広めにとってあって、とてもいいです。納戸まで確保できるということは、和室を入れ込む空間を作ることも可能だろうし。

★主寝室はもう少し狭くてもいい。
和室を2階に上げるには、納戸をなくすだけではとうてい足りません。ホールの無駄な空間を使って、なおかつもう少しどこからかもってこなくてはならないんですよね。
そうなると、基本的に夜寝るだけにしか使わない主寝室を減らすのが一番!今でも寝る以外に使っていないので、狭くても何の不満もありません。

★バルコニーの幅を増やしてほしい。
値段についてはこの段階ではいっさい考えずに依頼(笑)。東向きのプランでもお願いしましたが、できることなら一度にたくさんの布団を干したいので、もう少し広げてもらいたいです。

予想外の2プランの提示に驚きながらも、向きによってこんなに中が変わってくるんだとわかって勉強になりました。
まだ土地も見つかっていないのでどっちがいいとは言えませんが、これから見つかる土地にあわせていろいろ考えておくのも一つの手ですよね。悩むことが増えるけど(笑)。

そして余談。
私と相棒殿が自作して、今も毎回の打合せでメモを取るのに愛用しているノートを公開[ハートたち(複数ハート)]

IMG_1969.jpg

住林からもらったたくさんのパンフレットから、いいなぁ~[ぴかぴか(新しい)]と思う憧れの写真をピックアップしています。
ちなみに表紙はこんな感じ↓

IMG_1994.jpg  IMG_1995.jpg

茶色の地味なリングノートですが、これまたお手製で住林キャラクターの“きこりん”においでいただいています[黒ハート][黒ハート][黒ハート]
偶然にもノートのポイントが樹木なので、ばっちりハマってますよね~(自画自賛 笑)!!
展示場の事務の方にも褒めていただいたのがよい思い出です(ウフフ)。

予想外の2プラン《打合せ③-1》 [間取りについて]

10月も末に迫り、早くも冬の気配が近づき始めた頃、3回目の打合せ兼2回目のプラン提示がありました。
1回目の後にふたりでいろいろ反省会もしましたし、すでに行ったことのある住宅展示場を再訪して、改めて住林の家を確認したりもしました。
前回お願いしたダメ出し(笑)がどれくらい反映されているのか、はたまたどんな新しい提案があるのかとってもワクワク[ハートたち(複数ハート)][exclamation×2]

外観はこんなふうになってました↓

IMG_1971.jpg  IMG_1970.jpg

おおおおーーーー[目]!!!
フラットだった屋根が片流れになっててかっこいぃぃ[黒ハート][黒ハート]
しかも壁の色が前回は茶色の部分が多かったのに対して、今度は白の部分が多くて明るい感じ。丸窓もそのまま残っていて、前回に比べれば段違いにレベルUP[グッド(上向き矢印)]しています。
裏から見た図も、屋根の突起部分がなくなりスッキリ。個人的には結構好きかも。

そして間取りはこうなりました↓
【1階】
IMG_1977.jpg

所々私のメモ書きが残っていますが気にしないでください(笑)。
まずファミリークローゼットが通り抜けできるようになったことにより、円動線が出来ている点はOK。
キッチンのIH前の壁も取り払われて、なるほどこういう感じなのね、と納得。
U.T内の設備も、一応向かいあって置かれてスッキリしたのでOK。
トイレカウンター式手洗いもしっかり組み込まれています。

お願いしたことは最低限全てクリアされたように見えますが・・・それによりまた新たな問題点が目についちゃいました(泣)。

★家の形に凹凸が増えたのが気になる。
トイレとU.Tが広がったため、長方形だった家の形が妙に出たり引っ込んだりしています。これって、壁が増える分痛みやすいし、外壁に屋根が必要になるので価格的にも影響がありそう・・・。

★ファミリークローゼット内にコート掛けが欲しい。
いまの図面だと中段に棚があるだけなので、服をかけるためのポールを設置してほしいんですよね。平置きの服ばっかりじゃないですから。来客用のコート掛けも兼ねたいし。

シューズクロークの位置が気になる。
シューズクロークに靴を置いていたら、それを履こうとすると玄関の土間を歩かなければならないんですよね。ちょっと歩く用の履物などを置いておけばいいのでしょうが、なぜあえて裸足で取りにいけない造りになっているのかが納得できません。
でも、相棒殿はその私の意見に納得はしつつも、シューズクロークってそういうものだし・・・とどう説得するか迷っている様子(笑)。

【2階】
IMG_1978.jpg

おっと、2階もけっこう変わってますね!!しかも書庫の部分が大幅に!
階段の位置が変わったことにより、壁が大きく取れてそこに書棚が並んでいます。前回は1つも書棚が組み込まれていなかったので、とってもうれしいっ[黒ハート]。しかも本を取りに行くためにはわざわざぐるっと回らなければならないので、独立性が高まった感じがありますね。

そして前回「身分不相応な感じ」と思った(笑)インナーテラスが姿を消して、ベランダが真ん中にきています。うん、これなら子ども部屋と主寝室が程よく離れていていいなぁ[わーい(嬉しい顔)]

でもやっぱり新たに希望することがポツポツと。

★カウンターは階段側に付けて欲しい。
階段の腰壁部分をカウンターと一体化させてまったほうが階下の様子も伝わるだろうし、目の前にフロアが広がっていて圧迫感がなさそう。本当ならばカウンター前に格子なんかがあったらステキなんだけど・・・(笑)。

★ベランダの狭さが気になる。
ベランダの必要な理由はやっぱり布団干し。今のマンションとほぼ同じサイズなので、それでは1組しか干せないので不満。やっぱり良い天気の日[晴れ]はずらーっと干したいもんなぁ。可能であれば大きくしてほしいな。価格はとりあえず考えないで(笑)。

まぁこんな感じかなーとプランのダメ出しがまとまったと思われた時、設計士のAさんがもう一つプランを出してくれました。
それはまさに、今まで自分が考えていなかったプランだったのです。

理想の書庫発見 [展示場巡り]

2回目のプラン提示までの間に、約3週間ほど何もない時期がありました。
それまで毎週のように見学や打合せをしていたので、ちょっとホッとしたような、でも何だかそわそわしてしまうような、変な感じ[あせあせ(飛び散る汗)]

そんなある日、営業のSさんから新しいモデルハウスオープンの案内をいただきました。
住宅展示場は全て回りましたが、今回はオープンハウスというか、いずれは販売するんだろうな~という1点物の展示場[家]
ちょっと自宅からは距離がありますが、元気を出して行ってみることにしました。

外観は白を基調としてしていてスッキリまとまっています。
フラットな屋根はイマイチ好きになれないと思っていましたが、こうやって見てみると意外にオシャレな気がするから不思議(笑)。

では早速中を見せてもらおう!!とオジャマすると、やっぱり住宅展示場のモデルハウスとは違ってかなり現実的なサイズ&規模。
むしろこっちのほうが今の私たちにはかなり参考になりそうです[わーい(嬉しい顔)]

中でもキッチンに付随しているカウンターには思わず興味津々[目]!!
今住んでいるマンションのキッチンにも、手元を隠すタイプのカウンターがついているんですよね。でも、ちょっと高さが高すぎるし、幅も狭いのも難点。
ただその分水が飛んでもブロックしてくれるし、多少シンクに洗い物が残っていても(笑)見えないのがメリット。
だからできれば新居のキッチンにもカウンターをつけたいんですよね。

その点で、このモデルハウスのキッチンカウンターは限りなく理想に近い[るんるん]
高さも幅も悪くありません。念のため、相棒殿に立ってもらって高さを把握(笑)。うんうん、いいかも。

《参考点》キッチンカウンターの高さと幅はこの展示場くらいで!!

ここの造りは基本的に子どものいる家族向けです。
だから子どものための設備がいたるところに設置されているのですが、そんな中私の心をずきゅーーん[失恋]と打ち抜きまくったのが[ぴかぴか(新しい)]書庫[ぴかぴか(新しい)]!!
しかも大判の書棚が3つもあって、めちゃめちゃ魅力的ーーーーーーー[ハートたち(複数ハート)]!!!!
何がイイって、狭い空間に無理やりっぽく書棚を入れ込んでいるギューギュー感がたまらなくイイのです[黒ハート]

小さい時から自宅にも当然のように書棚がありました。
廊下の突き当たりが左に折れていたのですが、その正面の壁と右の壁にロングタイプの本棚が1つづつ。その分廊下の突き当たりの部分がとても狭くなるのですが、その狭い場所にあえて座りこんで、ぎっしり詰まった本を見上げているのが私にとって至福の時間。まさに私の定位置でした。

あの狭さが私の気持ちが落ち着く要素だったんだな~と、今おうちづくりを考えていると強く思い出されるんですよね。できることならばあの感じを再現してみたい、という想いが沸々と沸いてくるのです!

《参考点》書庫は狭くかつ書棚をぎっしりと!!

なかなかこれだけの書庫のあるモデルハウスはないので、とても参考になりました。
他にも玄関の造りや洗面所のサイズを確認して見学終了。
途中で偶然他のお客様を案内してきた営業のSさんと鉢合わせして、挨拶だけして帰りました。
ただ、できることなら私たちも車で連れてきて欲しかったです・・・(←ホントに乗り換え多くて遠い 笑)。

で、この記事を書くためにあらためて写真を見返していたら、以前UPした記事の構造とそっくりなことを発見!!あのとき、施主さんの撮影OKが良く取れたなぁと不思議に思っていましたが、施主さんのいないオープンハウスだったとわかって納得です。

ますます次回のプラン提示が楽しみになってきました[手(チョキ)]

*このモデルハウスが販売されたので、一部写真削除・記事訂正しました。【2009.6.12】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。